095D006

  • 9歳の男児。異常な行動のため来院した。1年3か月前に転校した時からまばたきを頻繁にするようになり、1年前からは、更に頭を振ったり、肩をゆすったりするようになった。10か月前から「あー」、「ほー」などと意味のないことを言い、最近は「くそ」、「ばか」、「死ね」などと独り言を言うようになった。適切な対応はどれか。
  • a. 転校を勧める。
  • b. 友人関係を聞き出す。
  • c. 異常行動を禁止する。
  • d. ジアゼパムを投与する。
  • e. ハロペリドールを投与する。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D005]←[国試_095]→[095D007



★リンクテーブル★
国試過去問095D005」「095D007

095D005」

  [★]

  • 48歳の男性。倦怠感、日中の眠気および不眠を訴えて来院した。6か月前から時々全身倦怠感ふらつきとを自覚していた。最近日中の眠気が強く、夜間頻回に覚醒するようになった。身長166cm、体重80kg。血圧160/94mmHg。血清生化学検査では異常を認めない。
  • 診断のために最も有用なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D004]←[国試_095]→[095D006

095D007」

  [★]

  • 5歳の女児。急性骨髄性白血病で化学療法を受け、完全寛解に導入された。その後、兄からの骨髄移植が実施された。移植2週後、発熱、播種状紅斑および下痢・下血をきたすようになった。最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D006]←[国試_095]→[095D008