アステリキシス

アステリクシス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Links

<アステリキシス>体が羽ばたくようにふるえる。 (連用したとき)<腎障害>尿の量が減る 、体がむくむ、全身がだるい<クル病>筋肉の力が抜ける・衰える、しびれる、手足が ふるえる。 ・他にもからだの異常を感じたら、主治医や薬剤師、看護師に相談して ください。
巨赤芽球性貧血>、<眠気>、<アステリキシス(asterixis)>羽ばたき様の震え、< 眩暈>、<頭痛>、<せん妄>、<昏迷>、<鈍重>、<構音障害>、<知覚異常>、 <運動失調>、<精神機能低下>、<食欲不振>、<低カルシウム血症>、<甲状腺 ...


Related Pictures

9784498128767-and-1.png9784498128767-iph-1.png9784498128767-iph-1.png



★リンクテーブル★
国試過去問110F030」「110H002
リンク元アステリクシス」「固定姿勢保持困難

110F030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 61歳の男性。腹部膨満感と意識障害とを主訴に家族に連れられて来院した。
  • 現病歴:3か月前から全身倦怠感を自覚していた。1か月前から食欲低下と下腿の浮腫とがあり、2週前から腹部膨満感とふらつきも出現して外出ができなくなった。本日朝から発熱を認め、傾眠状態となったため家族に連れられて受診した。
  • 既往歴:47歳時に人間ドックで肝機能異常と耐糖能異常とを指摘されたが医療機関を受診していなかった。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を40年間。脚本家で、若い頃から飲酒をしながら深夜まで仕事をするのが習慣化している。
  • 家族歴:母親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識レベルは JCSⅠ-2。身長 169cm、体重 79kg。体温 37.9℃。脈拍 84/分、整。血圧 134/78mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜は貧血様である。眼球結膜に黄染を認める。呼気にアンモニア臭を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は膨隆しているが軟で、波動を認める。圧痛と筋性防御とを認めない。直腸指診で黒色便の付着を認める。四肢に運動麻痺はなく、下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 328万、Hb 8.8g/dL、Ht 27%、白血球 9,500(桿状核好中球 31%、分葉核好中球 44%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 17%)、血小板 9万、PT 48%(基準 80~120)。血液生化学所見:総蛋白 6.4g/dL、アルブミン 2.5g/dL、総ビリルビン 6.9mg/dL、直接ビリルビン 4.7mg/dL、AST 118IU/L、ALT 96IU/L、LD 377IU/L(基準 176~353)、ALP 683IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 332IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 50IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 52mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 6.9mg/dL、血糖 100mg/dL、HbA1c 7.3%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 156mg/dL、トリグリセリド 90mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.5mEq/L、Cl 96mEq/L。CRP 2.4mg/dL。頭部CTで異常を認めない。腹部造影CT(別冊No. 6)を別に示す。


  • この患者に認められる可能性が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110F029]←[国試_110]→[110F031

110H002」

  [★]

  • 歩行時の姿位を図に示す。



  • この患者の左下肢に予想されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110H001]←[国試_110]→[110H003

アステリクシス」

  [★]

asterixis
固定姿勢保持困難羽ばたき振戦肝性脳症

[show details]

  • 狭義では「羽ばたき振戦」のこと

固定姿勢保持困難」

  [★]

asterixis
アステリキシス陰性ミオクローヌス negative myoclonus
ジスキネジア不随意運動羽ばたき振戦異常運動片側バリズムバリズム
  • 四肢を一定の姿勢に固定することができない病態の総称。