Horner症候群

出典: meddic

ホルネル症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Horner症候群のアイオピジン点眼試験について教えてください (眼科の新しい検査法) -- (神経眼科・斜弱)
  • 前久保 知行,中馬 秀樹
  • あたらしい眼科 27(-) (344), 260-263, 2010
  • NAID 40017652854
  • 51.Horner症候群を呈した悪性中皮腫の1例(第47回日本肺癌学会中国・四国支部会,中国・四国支部,支部活動)
  • 福原 和秀,中野 喜久雄,吉田 敬,益田 武,大森 謙一,竹内 幸康,谷山 清己
  • 肺癌 48(4), 360, 2008-08-20
  • NAID 110006985941

関連リンク

ホルネル症候群(ホルネルしょうこうぐん、英: Horner's syndrome)は、上位の交感神経 系が障害されることで生じる一連の諸症状。頚部交感神経麻痺、ホルネル徴候ともいう 。1869年にスイスの眼科医ヨハン・フリードリヒ・ホルネルによって記載されたが、1727 ...
2010年3月9日 ... 足跡. Horner症候群 ... 視床下部から眼球までの交感神経線維の経路の障害による 症候群 ... 血管性: 大動脈瘤; 中耳疾患: 化膿性中耳炎、真珠腫性中耳炎; 頭蓋内疾患 : 内頸動脈瘤、髄膜腫、海綿静脈洞病変; 眼窩病変: 上眼窩裂症候群 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
眼球 内 の 炎症Horners_Syndrome550_ab.jpgWhat is the diagnosis?


★リンクテーブル★
国試過去問099I022」「104E065」「106G056」「112B028」「100F022」「105I062」「101G015」「096H053」「105A009」「077B073」「098G080」「095B012」「103B028」「086A049」「090A066
リンク元大動脈瘤」「瞳孔」「ホルネル症候群」「縮瞳」「交感神経幹
関連記事症候群」「Horne」「Horn」「」「症候

099I022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。会議中に突然めまいと吐き気とが出現したため救急車で搬送された。
  • 現病歴 :半年前から会社の仕事が忙しく睡眠不足が重なり、過労気味であった。今朝、起床した時はいつもと変わらなかったが、14時ころ会社の会議室で立って発言中に突然、周りがぐるぐる回るめまいと吐き気とが出現し、立っていられなくなった。すぐ、同僚にかかえられて横になったが、めまいと吐き気とが持続した。
  • 既往歴・家族歴:40歳ころから高血圧と糖尿病とを指摘され、食事療法を続けている。父親に高血圧と脳梗塞との既往がある。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.0℃。呼吸数20/分。心拍90/分、整。血圧170/nommHg。貧血と黄疸とはない。心雑音はない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。下肢に浮腫を認めない。神経学的診察では、左顔面と頭部から下の右半身とに温痛覚低下、左上下肢の小脳性運動失調、構音障害、嚥下障害および回転性眼振を認める。運動麻痺、難聴、触覚・深部感覚障害、深部(腱)反射の異常、病的反射および膀胱直腸障害は認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球470万、Hb12.8g/dl、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1。。0mg/dl、総コレステロール280 mg/dl、トリグリセライド190 mg/dl、AST28単位、ALT22単位、Na 140mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 104mEq/l。CRP 0.1mg/dl、15時に行った頭部単純CTでは異常を認めない。


[正答]


※国試ナビ4※ 099I021]←[国試_099]→[099I023

104E065」

  [★]

  • 次の文を読み、64-66の問いに答えよ。
  • 56歳の女性。全身けいれん意識障害のため搬入された。
  • 現病歴   本日起床後、急に頭痛を訴え嘔吐した。1時間くらい横になっていたが頭痛がとれないために、夫がかかりつけ医往診を依頼した。医師の診察中に突然全身けいれんを起こし意識がなくなったため、救急車を要請した。
  • 既往歴   高血圧不整脈(心臓ペースメーカー留置).
  • 生活歴   喫煙歴はない。飲酒歴はない。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症   意識レベル: 大声で呼びかけると開眼するが、刺激しないとすぐに開眼する。離握手など蘭単な命令には応じるが、言葉は出ない。体温37.5℃。脈拍72/分、整。血圧180/100mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。項部硬直を認める。瞳孔不同(右5mm、左3mm)があり、対光反射は右で鈍い。四肢の運動は良好である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 409万、Hb 11.4g/dl、Ht 36%、白血球 12,000、血小板 30万。血液生化学所見: 血糖 226mg/dl、HbA1c 5.6%、総蛋白 7.3g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.5mg/dl、総コレステロール 198mg/dl、トリグリセリド 99mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、AST 18IU/l、ALT 9IU/l、LD 222IU/l(基準176-353)、ALP 183IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l、K 3.5mEq/l、Cl 101 mEq/l。頭部単純CT(別冊No.15)を別に示す。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E064]←[国試_104]→[104E066

106G056」

  [★]

  • 20歳の女性。強い頭痛発作を主訴に来院した。最近の10日間は仕事で多忙であったが、 2日前に一段落した。昨日の朝、目覚めたときから右側頭部が痛み始めた。痛みは急速に増悪して拍動性となり、約30分でピークに達して、立っていられなくなった。起き上がったり歩いたりすると痛みが増強した。その後、頭痛は徐々に軽減して数時間で消失した。同様の頭痛発作が3年前から年に2、3回出現するという。
  • この疾患の頭痛発作時に伴いやすいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G055]←[国試_106]→[106G057

112B028」

  [★]

  • 68歳の男性。複視を主訴に来院した。昨日の夕方、自動車を運転中に突然対向車が二重に見えるようになり、今朝になっても改善しないため受診した。7年前から糖尿病の治療を受けている。眼位は、左眼は正中位、右眼は内転位をとっている。複視は正面視で自覚し、右方視で増強するが、左方視では消失する。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112B027]←[国試_112]→[112B029

100F022」

  [★]

  • 65歳の男性。体動時の息切れを主訴に来院した。身長160cm、体重55kg。呼吸数14/分。脈拍76/分、整。血圧138/82mmHg。心音に異常を認めない。左下肺野で呼吸音の減弱を認める。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • この患者に認めるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F021]←[国試_100]→[100F023

105I062」

  [★]

  • 50歳の男性。健康診断で異常を指摘され来院した。精査の結果、肺癌と診断された。初診時の胸部エックス線写真(別冊No.18A)と胸部造影CT(別冊No.18B)とを別に示す。
  • 最も起こりやすいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I061]←[国試_105]→[105I063

101G015」

  [★]

  • 47歳の男性。左上背部痛を主訴に来院した。喫煙20本/日を25年間。CEA15ng/ml(基準5以下)。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを以下に示す。
  • ほかにみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101G014]←[国試_101]→[101G016

096H053」

  [★]

  • a. Horner症候群
  • b. Hoffmann反射
  • c. 上肢のけいれん
  • d. 上肢深部腱反射亢進
  • e. 頭頚部圧迫試験(Spurling試験)陽性
[正答]


※国試ナビ4※ 096H052]←[国試_096]→[096H054

105A009」

  [★]

  • 延髄背外側梗塞で病巣と反対側にみられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A008]←[国試_105]→[105A010

077B073」

  [★]

  • 伝達麻酔について適切な組み合わせはどれ?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

098G080」

  [★]

  • 瞳孔異常をきたさないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G079]←[国試_098]→[098G081

095B012」

  [★]

  • 動眼神経麻痺でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B011]←[国試_095]→[095B013

103B028」

  [★]

  • Horner症候群をきたす病変部位はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B027]←[国試_103]→[103B029

086A049」

  [★]

  • 正しいの3つ

090A066」

  [★]

  • 脊髄の傷害で起こりえないもの。2つ

大動脈瘤」

  [★]

aortic aneurysm, aneurysm of the aorta
動脈瘤大動脈弁輪拡張症 AAE

概念

  • 大動脈に発生する動脈瘤。

分類

部位

病理

疫学

好発部位

  • 腎下部腹部大動脈瘤 60%
  • 上行大動脈瘤    16%
  • 弓部下行大動脈瘤   7%
  • 腎上部腹部大動脈瘤  5%
  • 胸腹部大動脈瘤    2%
  • 動脈硬化性の大動脈瘤の頻度が増加

腹部AAと胸部AAの比較 (YN.C146)

  胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤
aortic aneurysmに占める割合 1/3 2/3
癒着症状 オリバー・カルダレッリ徴候  
圧迫症状 胸痛・背部痛、呼吸困難・喘鳴・咳、嚥下困難、頚静脈怒張嗄声Horner症候群上大静脈症候群、前胸部拍動性腫瘤 腰痛、腹痛、イレウス、腹部拍動性腫瘤
破裂症状 突然の激烈な胸痛、背部痛、ショック 腰背部痛、貧血、ショック
その他   下肢動脈閉塞症状(blue toe症候群)

病因

YN.C-145

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

治療

  • 胸部AA > 5cm、腹部AA > 6cmで破裂のリスクが高まる。

手術療法

動脈瘤


瞳孔」

  [★]

pupil, pupils
pupilla
内眼筋

概念

瞳孔の大きさ

年齢

  • 瞳孔径は20歳代で最大となり、高齢になるにつれて小さくなっていく。

神経支配

     
瞳孔 支配 自律神経障害
散瞳(瞳孔散大筋) 交感神経(頚部) 副交感神経障害:Horner症候群:縮瞳、眼瞼下垂
縮瞳(瞳孔括約筋) 副交感神経(動眼神経) 交感神経障害 :動眼神経麻痺:散瞳、眼瞼下垂

臨床関連

散瞳

縮瞳

瞳孔異常


ホルネル症候群」

  [★]

Horner's syndrome (KL), Horner syndrome
Horner症候群 (M.500)、Horner徴候群
ベルナール-ホルネル症候群 ベルナール・ホルネル症候群 Bernard-Horner syndrome

概念

  • 頚部の自律神経節の障害などにより生じる症状
  • 軽度の眼瞼下垂(瞼裂狭小)、中等度縮瞳(暗室でより明瞭)、顔面の発汗低下と紅潮を3主徴とする眼部交感神経系の障害による症候群。

症状

  • 眼瞼下垂(上瞼板筋への支配(-))、縮瞳(瞳孔散大筋への支配(-))、顔面の発汗低下と紅潮(汗腺に対する支配(-)、血管平滑筋への支配(-))

原因

  • 悪性腫瘍
  • 脳血管疾患
  • 医原性
  • 鎖骨下動脈に対する手術
  • 頚部手術におけるリンパ節郭清時の損傷

国試



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


縮瞳」

  [★]

miosis ← mio(より小さい) + sis
myosis
瞳孔縮小 pupillary constriction
瞳孔
散瞳


病態

臨床関連

薬物中毒

 

疾患

 

参考

  • 1. 縮瞳
余りよく分からない
[display]http://www.flickr.com/photos/bionerd/3238702465
[display]http://webeye.ophth.uiowa.edu/eyeforum/atlas/pages/cornea-corneal-abrasion-with-reflex-spastic-miosis.html



交感神経幹」

  [★]

sympathetic trunk (B)
truncus sympathicus
交感神経節状索交感神経限界索



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

  • Horner症候群 (M.566)
  • 交感神経幹の損傷


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



Horne」

  [★]

WordNet   license wordnet

「United States singer and actress (born in 1917)」
Lena Horne, Lena Calhoun Horne

WordNet   license wordnet

「United States operatic mezzo-soprano (born 1934)」
Marilyn Horne


Horn」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ホーン岬(みさき)(『Cape~』;南米の南端にある)」


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
2SHEEP BLEEDING LINE mail10
3CATTLE BLEEDING LINE mail9
4SHEEP BLEEDING PAN mail9
5OVINE LEG B IN mail5
6CATTLE SKIN DEHIDER mail4
7Norpseudoephedrine mail4
8Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
9MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
10BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
11右室梗塞4
12グリコフォームとは4
13クモ膜嚢胞4
14右PICA後閉塞 s/o4
15ソーセージ様手指とは4
16+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
17子宮底高3
18Medusozoa mail3
19急性出血性白質脳炎3
20Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1リンパ組織過形成2
2破壊性甲状腺炎とは2
3フスタコデイン2
4暁病2
5頚部 静脈怒張2
6piano+key+signとは2
7求心性インパルス2
8asiain biscuit exporters mail2
9ホスカルネット+作用機序2
10ミンガッチィーニ徴候2
11破壊性甲状腺炎+原因2
12ウィリアム・キャンベル症候群2
13ジクロロ-ジフェニル-ジクロロエタン2
14+44 distributors and suppliers horse meat contact us united kingdom mail2
15肺mac症+診断基準2
16えんじょうじ 検査2
17乳腺腫瘍 男2
18piano+key+sign1
19アリルイソプロピルアセチル尿素1
20マジャンディー孔1