陣痛

出典: meddic

labor pains
dolores partus
分娩時期



周期

G10M.188
  • 子宮の開大度によって異なる
  • 子宮口開大度4-6cmで陣痛周期は3分、子宮口全開大で2分程度。

分娩開始

  • 陣痛の頻度が1時間に6回以上(間隔が10分以内)で、規則的な場合


分類

正常な陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm 40mmHg 3分 70秒
7-8cm 45mmHg 2分30秒 70秒
9-10cm 50mmHg 2分 60秒

微弱陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≦10mmHg ≧6分30秒 ≦40秒
7-8cm ≦10mmHg ≧6分 ≦40秒
9-10cm ≦40mmHg ≧4分(初産婦)
≧3分30秒(経産婦)
≦30秒

過強陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≧70mmHg ≦1分30秒 ≧2分
7-8cm ≧80mmHg ≦1分 ≧2分
9-10cm ≧55mmHg ≦1分 ≧1分30秒

参考

  • 1. 〔産科医としての基礎知識〕子宮収縮の評価(臨床) - 日産婦誌51巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/51/9905-119.pdf



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/07 22:02:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第63回日本産科婦人科学会学術集会長挨拶(第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 星合 昊
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(7), A1, 2011-07-01
  • NAID 110008686969
  • 分娩誘発・陣痛促進時の分娩監視方法(<特集>分娩誘発・陣痛促進)
  • 高橋 恒男
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(7), 1395-1400, 2011-07-01
  • NAID 110008686967

関連リンク

陣痛の痛みや兆候、前駆陣痛、陣痛促進剤などについて。陣痛とは胎児をいよいよ体外 に生み出す為に、子宮が定期的に収縮を繰り返す運動の事で、通常この収縮運動は、 母体に痛みを与える為に〝陣痛〟と呼ばれています。

関連画像

やっと やっと 今日 2005 年 8 月 12 日 から また 入院 陣痛 に 苦しむ ゆき しかし 陣痛陣痛2陣痛陣痛 が 始まる 24 日 の 朝 この 陣痛


★リンクテーブル★
先読み分娩時期
国試過去問105I060」「108G053」「099C022」「103A021」「099F035」「106G043」「095B003」「104E046」「103E049」「105E015」「100G088」「104G010」「091A066
リンク元前期破水」「微弱陣痛」「陣痛持続時間」「陣痛様疼痛」「陣痛周期
拡張検索続発性微弱陣痛」「胎児心拍陣痛図
関連記事

分娩時期」

  [★]


分娩時期

分娩第1期

  • 分娩開始~子宮口全開大

分娩第2期

  • 子宮口全開大~胎児娩出
  • 陣痛:陣痛発作持続時間:1-2分。間欠時間:1分以下。
  • 排臨
  • 発露

分娩第3期

  • 胎児娩出~付属器娩出

105I060」

  [★]

  • 35歳の1回経産婦。妊娠40週に陣痛発来し入院した。5年前に回旋異常のため妊娠38週で2, 700gの女児を帝王切開で分娩した。今回の妊娠経過は良好であった。身長158cm、体重62kg、脈拍84/分、整。血圧120/84mmHg。児は第1頭位腟鏡診外子宮口から少量の羊水流出を認めた。超音波検査では胎児推定体重は3,400g、胎盤子宮底部を中心に存在し異常所見を認めなかった。入院時の内診所見で先進部の下降度 SP-1cm、子宮口3cm開大。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮は3分間隔。胎児心拍数パターンに異常を認めなかった。その後陣痛は増強し頻回となり入院後2時間には2分間隔となった。内診では子宮口は全開大し、児頭下降度はSP+2cmであった。この時点から産婦は陣痛に合わせて努責を開始した。30分経過したころ気分不快を訴えた。呼吸困難はない。意識は清明、呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧80/52mmHg。顔面は蒼白。少量の性器出血を認める。再度の内診では、児頭下降度はSP-3cmである。胎児心拍数陣痛図では陣痛は微弱となり、遷延性徐脈を認める。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I059]←[国試_105]→[105I061

108G053」

  [★]

  • 35歳の初妊婦。妊娠 40週 4日。陣痛発来のため入院した。妊娠 39週時の妊婦健康診査では胎児推定体重は 2,450gで、羊水ポケットは 3 cmと測定された。身長 161cm、体重 61 kg(非妊時 52 kg)。内診所見は、児頭は骨盤入口部にあり、展退度 50%、子宮口は 3 cm開大、頸管の硬度はやや軟、児頭下降度 SP-2 cm。その他に異常所見を認めない。陣痛はほぼ 10分周期である。その後、陣痛は次第に増強し、入院後7時間経過した時点で破水し、羊水混濁を認めた。内診所見は子宮口は 10 cm開大、児頭下降度 SP+1 cmとなった。その時の胎児心拍数陣痛図 (別冊 No.7A)と、さらに 30分後の胎児心拍数陣痛図 (別冊 No.7B)とを別に示す。内診所見は児頭下降度SP+3 cmで、矢状縫合は骨盤前後径に一致し小泉門を恥骨後面に触れる。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G052]←[国試_108]→[108G054

099C022」

  [★]

  • 24歳の初産婦。妊娠39週2日に陣痛が発来し入院した。陣痛開始後10時間の時点で子宮口開大8cm、展退度80%、先進部は児頭でSP+2cm。陣痛周期3分、発作50秒。このころから産婦の呼吸数が1分間に約60となり、手足のしびれと息苦しさとを訴え、指関節の伸展と母指の内転とがみられた。脈拍100/分、整。血圧122/78mmHg。胎児心拍数陣痛図では異常を認めない。
  • 行うべき処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C021]←[国試_099]→[099C023

103A021」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103A020]←[国試_103]→[103A022

099F035」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠38週に陣痛発来で入院した。
  • 身長160cm、体重62kg。脈拍80/分、整。血圧110/80mmHg。子宮底33cm。胎児推定体重は2,400gで羊水量は少ない。6時間後の内診所見は児頭下降度SP±0cm、子宮口開大4cmで、破水を認める。
  • 胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • 対応で適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099F034]←[国試_099]→[099F036

106G043」

  [★]

  • 28歳の1回経妊1回経産婦。妊娠38週。 2時間前に水様帯下があり来院した。第1子は自然経腟分娩であった。来院後、 3分間隔の規則的な陣痛が発来した。内診子宮口は4cm関大、児頭下降度SP±0である。先進部は小泉門で2時の位置に触れ、矢状縫合を2時から8時にかけて認める。
  • 児頭の回旋時期の判断で正しいのはどれか。
  • a 第1回旋の直後
  • b 第2回旋の途上
  • c 第2回旋の直後
  • d 第3回旋の途上
  • e 第3回旋の直後


[正答]


※国試ナビ4※ 106G042]←[国試_106]→[106G044

095B003」

  [★]

  • (1) 陣痛の頻度、持続、強さのうち強さの減弱をいう。
  • (2) 子宮の過伸展は続発性微弱陣痛の原因となる。
  • (3) 回旋異常があれば児の状態にかかわらず帝王切開術を行う。
  • (4) 子宮口開大3cmで胎児に異常がなければ経過観察する。
  • (5) 分娩手段を決定するためには陣痛促進が必要である。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B002]←[国試_095]→[095B004

104E046」

  [★]

  • a 第1回旋前
  • b 第1回旋
  • c 第2回旋
  • d 第3回旋
  • e 第4回旋
[正答]


※国試ナビ4※ 104E045]←[国試_104]→[104E047

103E049」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠39週時に少量の性器出血陣痛とを主訴に来院した。陣痛間欠は3分で、発作は40秒である。
  • 最初に行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E048]←[国試_103]→[103E050

105E015」

  [★]

  • 陣痛が有効と判断できるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E014]←[国試_105]→[105E016

100G088」

  [★]

  • 妊娠末期の妊婦健康診査で重要でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G087]←[国試_100]→[100G089

104G010」

  [★]

  • 体重減少を生じやすいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G009]←[国試_104]→[104G011

091A066」

  [★]

  • a. 胎児心拍数基線は120-140/分である
  • b. 心拍数基線細変動は消失している
  • c. 軽度一過性徐脈がみられる
  • d. 規則的な陣痛がみられる
  • e. 妊娠28-30週の所見と一致する。

前期破水」

  [★]

premature rupture of the membranes, premature rupture of membranes, PROM
premature rupture fetal membrane
破水プレタームPROM preterm PROM

定義

  • 陣痛開始以前卵膜の破綻を起こしたもの ← 陣痛発生以降は分娩第一期。第一期より前なので「前期破水」と覚える
  • 特に、妊娠37週未満の前期破水preterm PROM ← ちなみに、妊娠37週未満での出産は早産と定義される

定義のまとめ

前期破水の妊娠期間による別

preterm PROM 妊娠37週未満の前期破水
term PROM = PROM 妊娠37週以降の前期破水

破水の分娩のステージによる分類

前期破水 陣痛前の破水 分娩第一期未満
早期破水 陣痛開始後、子宮口が全開大に至る以前の破水 分娩第一期以降~分娩第二期未満

疫学

  • 全妊娠の5-10%。このうち約60%は妊娠37週以降に生じる。(参考1)

病因

参考1 NGY.457
  • 1. 卵膜の異常
  • 2. 子宮内圧の上昇
  • 3. 機械的刺激

参考

  • 1. 日産婦誌61巻3号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6103-059.pdf


微弱陣痛」

  [★]

weak pains
陣痛微弱 uterine inertia
過強陣痛陣痛

概念

  • 胎児心拍数陣痛図において、子宮内圧の低下、陣痛周期の延長、持続時間の短縮のうち、1つ以上が認められる場合。(G10M.222)

分類と病因

  • 原発性微弱陣痛:分娩の開始から陣痛が弱く、分娩が進行しない
  • 続発性微弱陣痛:最初は正常に進行していたが、後に陣痛が微弱となり、分娩が遅れているもの。
  • 母体要因
  • 胎児要因

治療

NGY.436
  • 休養しつつ、バイタルサインのチェックを行う。また脱水の補正を行う。
  • 分娩第1期:原因の検索。休息。
  • 分娩第2期:未破水の場合は人工破膜を行い、オキシトシンやプロスタグランジンなどで陣痛促進。無効である場合や母児に危険が認められる場合には吸引分娩、帝王切開など。
  • 分娩第3期:子宮底の輪状マッサージ、氷罨法、子宮収縮剤を用いて子宮収縮を促し、弛緩出血を予防する。



陣痛持続時間」

  [★]

陣痛子宮内圧過強陣痛微弱陣痛

分娩持続時間

NGY.122
子宮口開大度 4-8cm 9cm-分娩第2期
平均 70秒以上 60秒
過強 2分以上 1分30秒
微少 40秒以内 30秒以内
QB.P-287
     
  分娩第1期 分娩第2期
過強 2分以上 1分30秒
微少 40秒以内 30秒以内

陣痛様疼痛」

  [★]

陣痛様下腹痛
陣痛

概念

  • 子宮筋の周期的収縮。異物を排除しようとする収縮。

陣痛様疼痛が見られる病態

参考

  • 1. 第5章 婦人科・妊娠および出産
[display]http://eisei.sempos.or.jp/doc/book3/6hen/6-1-5.html

陣痛周期」

  [★]

cycle of labor pains
陣痛陣痛持続時間過強陣痛微弱陣痛

陣痛周期

QB.P-287
  分娩第1期 分娩第2期
過強 1分30秒以内 1分以内
微少 6分以上 4分以上


続発性微弱陣痛」

  [★]

secondary uterine inertia
微弱陣痛


胎児心拍陣痛図」

  [★] 胎児心拍数陣痛図


痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡