超音波検査

出典: meddic

ultrasonographysonographyultrasound examinationultrasound scanultrasonic examinationechographyultrasonographicsonographicechographicultrasonographically
超音波エコー超音波診断法超音波診断超音波検査法超音波断層法超音波スキャン超音波法超音波検査診断、水浸法

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/18 12:54:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 少年野球肘検診における超音波検査陽性例の縦断的観察
  • 清水 淳也,和田 卓郎,織田 崇 [他]
  • 整形・災害外科 58(4), 469-473, 2015-04
  • NAID 40020418769
  • 乳がんから生命と乳房を守ろう : 『超』早期乳がんの発見と診断・治療(第11回)乳腺超音波検査新時代 : 自動式乳房専用超音波検査装置の登場
  • 尿路感染症 (特集 私の処方2015) -- (腎・泌尿器疾患の処方)
  • 十二指腸粘膜下腫瘍との鑑別が困難であったGroove Pancreatitisの1例
  • 速水 克,牛田 進一郎,中村 徹 [他],清水 進一,大月 寛郎,亀岡 信悟
  • 東京女子医科大学雑誌 85(E1), E43-E48, 2015-03-31
  • … 症例は44歳、男性の大酒家である.3ヶ月前から続く食後の上腹部痛を主訴に前医を受診した.腹部超音波検査で右季肋下の腫瘤を指摘され、同部に圧痛を認めた.上部内視鏡検査で十二指腸内腔に突出する隆起性病変を認め、十二指腸腫瘍を疑い当院紹介となった.当院での上部内視鏡および消化管造影検査でも、十二指腸下行脚の膵側に粘膜下腫瘍を疑わせる多結節状の隆起性病変を認め、内腔狭窄を認めた.CTでは十二指 …
  • NAID 110009888980

関連リンク

超音波検査(ちょうおんぱけんさ、英語: ultrasonography, US echo)は、超音波を対象 物に当ててその反響を映像化する画像検査法。 主に医療分野で広く利用され、近年、 金属材料などを対象として、レーザーを用いて超音波を励起・計測するレーザー超音波 ...
ゼロから始める超音波検査。初心者の方、今更聞けない方にオススメ!超音波、解剖、 疾患、画像などの情報をこれでもか!と公開!

関連画像

超音波検査は、心臓に超音波 超音波検査案内 技術部/超音波/超音波検査腹部超音波検査超音波検査の特徴超音波検査超音波検査超音波検査案内


★リンクテーブル★
先読みechographic」「sonographic」「ultrasonographic」「ultrasonographically」「超音波断層法
国試過去問106E060」「100D048」「097I039」「103E052」「100I002」「096A016」「102I066」「105E049」「106I076」「104E051」「104I059」「095C037」「101G042」「095D042」「104A060」「106H028」「106G041」「103B045」「104H011」「106D016
リンク元sonography」「フラッシュエコーイメージング法」「ultrasound scan」「超音波診断」「ultrasound examination
拡張検索デュプレックス超音波検査法」「乳腺超音波検査」「超音波検査法」「二重ドプラ超音波検査
関連記事検査」「超音波」「音波

echographic」

  [★]

  • adj.
  • 超音波検査の
echographysonographicsonographyultrasonic examinationultrasonographicultrasonographicallyultrasonographyultrasound examinationultrasound scan


sonographic」

  [★]

  • adj.
  • 超音波検査の
echographicechographysonographyultrasonic examinationultrasonographicultrasonographicallyultrasonographyultrasound examinationultrasound scan

ultrasonographic」

  [★]

  • adj.
  • 超音波検査の
echographicechographysonographicsonographyultrasonic examinationultrasonographicallyultrasonographyultrasound examinationultrasound scan


ultrasonographically」

  [★]

  • adv.
  • 超音波検査で
echographicechographysonographicsonographyultrasonic examinationultrasonographicultrasonographyultrasound examinationultrasound scan

超音波断層法」

  [★]

ultra sonotomography
超音波診断法



106E060」

  [★]

  • 次の文を読み、 58-60の問いに答えよ。
  • 23歳の男性。のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前からのどの痛みと発熱とを自覚していた。痛みが次第にひどくなったため23時に救急外来を受診した。痛みが強く唾液を飲み込むことができないため口から吐き出している。
  • 既往歴: 15歳時に虫垂炎の手術を受けた。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。体温38.2℃。脈拍92/分、整。血圧124/80mmHg。呼吸数20/分。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭後壁粘膜はやや発赤しているが、口蓋扁桃の腫脹はみられない。頸部に圧痛を認め、軽度喘鳴を聴取する。心音に異常を認めない。
  • 確定診断に最も有用な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E059]←[国試_106]→[106E061

100D048」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 8か月の乳児。急に激しく泣き、嘔吐したため来院した。
  • 現病歴 : 2時間前から突然激しく泣き始めた。その後泣き止み、ぐったりしていたが、再び泣き始め、このような発作を繰り返している。30分前に1回嘔吐がみられた。排便は6時間前にあり、普段と変わらない固形便であった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。予防接種はDPT2回とBCGとを受けている。
  • 現症 : 体温37.2℃。呼吸数40/分。心拍数140/分、整。顔色不良で、顔貌は無欲様である。聴診で心雑音はなく、呼吸音も正常である。腹部は軽度膨隆し、右季肋部に鶏卵大の腫瘤を触れる
  • 診断の確定に必要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D047]←[国試_100]→[100D049

097I039」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠33週。胎動が少ないとの訴えで来院した。妊娠初期・中期の諸検査に異常はなかった。1週前の妊婦健康診査では血圧は正常であったが、蛋白尿と下肢に軽度の浮腫を認め、子宮内発育遅延を疑われていた。その後、胎動が次第に減少してきたので不安になり早めに受診した。血圧130/70mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)。浮腫の増強はない。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I038]←[国試_097]→[097I040

103E052」

  [★]

  • 60歳の男性。顔面と上肢とのむくみを主訴に来院した。1か月前から、ワイシャツの首のボタンをかけるのが苦しくなり、時計バンドがきつくなった。家族から顔面のむくみを指摘された。喫煙歴は40本/日を40年間。顔面と両上肢とに浮腫を認める。両側頸静脈の怒張と胸部から上腹部にかけての静脈怒張とを認める。下肢に浮腫を認めない。
  • 考えられるのはどれか。
  • a. 肝腫大を認める。
  • b. 胸壁浅在静脈の血流は末梢に向かう。
  • c. 超音波検査下大静脈は拡大している。
  • d. Valsalva試験頸静脈の怒張は軽減する。
  • e. 下肢から輸液をすると頸静脈怒張は増強する。
[正答]
※国試ナビ4※ 103E051]←[国試_103]→[103E053

100I002」

  [★]

  • 生後20日の新生児。甲状腺機能異常を指摘され来院した。在胎41週、出生体重3,320g、Apgarスコア9点(1分)。母親は生来健康である。生後5日の新生児マススクリーニングで異常を指摘され、生後12日に産科で再検査を受けた。TSH 12.0μl(基準0.2~4.0)、FT4 1.5ng/dl(基準0.8~2.2)であったため小児科を紹介された。臍ヘルニアは認めず、便秘もない。四肢の運動は活発である。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I001]←[国試_100]→[100I003

096A016」

  [★]

  • 56歳の男性。住民健診で胸部異常陰影を指摘され精密検査のため来院した。自覚症状はない。身長172cm、体重70kg。胸部の身体所見では異常はない。血液検査に異常を認めない。誘発喀痰の結核菌検査と細胞診とは陰性である。胸部単純CTで孤立性結節を認める。結節内に石灰化を認めない。肺野条件の胸部単純CTを以下に示す。診断確定のために最も適切な検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A015]←[国試_096]→[096A017

102I066」

  [★]

  • 47歳の男性。両眼のかすみを主訴に来院した。42歳の時に人間ドックの胸部エックス線写真で異常所見を指摘されたが、症状はなく精密検査は受けていなかった。矯正視力は右眼0.8、左眼0.9。眼圧は右眼28mmHg、左眼29mmHg、後嚢下の白内障を両眼に認める。左眼の眼底写真と蛍光眼底写真とを以下に示す。血液検査では血清ACEの上昇がみられる。ツベルクリン反応陰性。
  • 眼科検査として有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 102I065]←[国試_102]→[102I067

105E049」

  [★]

  • 28歳の女性。全身倦怠感の増強を主訴に来院した。1週前に自宅近くの診療所で妊娠と診断された。5日前から悪心嘔吐とが出現し、自宅で経過をみていたが改善せず、食事摂取が困難になった。超音波検査で子宮内に胎嚢と心拍動を有する胎芽とを認める。血液所見:赤血球 430万、Hb 14.8g/dl、Ht 46%、白血球 12,100、血小板 32万。輸液を行うこととした。
  • 輸液に加えるべきものはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E048]←[国試_105]→[105E050

106I076」

  [★]

  • 生後0日の新生児。在胎32週3日、 2,060gで出生した。 Apgarスコアは7点(1分)、 8点(5分)であった。出生後4時間で無呼吸が出現した。心拍数136/分。呼吸数20/分。 SpO2 97%(roomair)。体動は弱い。看護師によると、間欠的に手足を突っ張るような発作があるという。
  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I075]←[国試_106]→[106I077

104E051」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104E050]←[国試_104]→[104E052

104I059」

  [★]

  • 68歳の女性。6か月前からの右膝の疼痛腫脹とを主訴に来院した。膝関節痛は夜間と階段昇降時に増強する。右膝のエックス線写真(別冊No.15)を別に示す。
  • 診断に最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I058]←[国試_104]→[104I060

095C037」

  [★]

  • 34歳の女性。右殿部から股関節にかけての疼痛を主訴に来院した。4年前に全身性エリテマトーデスを発症し、現在も副腎皮質ステロイド薬による治療を受けている。両股関節の単純エックス線写真では異常を認めない。股関節病変の診断に最も有用な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095C036]←[国試_095]→[095C038

101G042」

  [★]

  • 14歳の女子。1年前から毎月ほぼ同時期に腹部膨満感と下腹部痛とが出現し、次第に増強するので来院した。初経は発来していない。恥骨上6cmに達する腫瘤を触知する。乳房や陰毛の発育は正常である。
  • この患者に行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G041]←[国試_101]→[101G043

095D042」

  [★]

  • 14歳の女子。4か月前から毎月ほぼ同時期に腹部膨満感と下腹部痛とが出現し、次第に増強するので来院した。初経は発来していない。恥骨上6cmに達する腫瘤を触知るする。乳房や陰毛の発育は正常である。この患者に適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095D041]←[国試_095]→[095D043

104A060」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104A059]←[国試_104]→[104B001

106H028」

  [★]

  • 49歳の女性。頚部のしこりを主訴に来院した。左鎖骨上窩に、径2cmの固く可動性に乏しいリンパ節を触知する。
  • 検査として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H027]←[国試_106]→[106H029

106G041」

  [★]

  • 32歳の初産婦。妊娠33週。胎児超音波検査で異常を指摘されたため来院した。胎児MRIのT2強調像(別冊No. 2)を別に示す。
  • この胎児で異常があると考えられる部位はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G040]←[国試_106]→[106G042

103B045」

  [★]

  • 17歳の男子。複視を主訴に来院した。野球の試合中にボールが右眼に当たった。上方注視時に増強する複視と眼痛とを認める。診断の確定に有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B044]←[国試_103]→[103B046

104H011」

  [★]

  • 母体・胎児評価とその方法の姐合せで正しいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104H010]←[国試_104]→[104H012

106D016」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106D015]←[国試_106]→[106D017

sonography」

  [★]

  • n.
  • 超音波検査
echographicechographysonographicultrasonic examinationultrasonographicultrasonographicallyultrasonographyultrasound examinationultrasound scan

WordNet   license wordnet

「using the reflections of high-frequency sound waves to construct an image of a body organ (a sonogram); commonly used to observe fetal growth or study bodily organs」
ultrasonography, echography, ultrasound


フラッシュエコーイメージング法」

  [★]

flash echo imaging method
超音波検査
  • フラッシュ・エコー・イメージング技術:造影剤からのハーモニック信号の効果を最大限に引き出し、より鮮明な画像を描きだす東芝の独自技術。 弱い超音波でバブルを壊さずに観察し、造影剤が行き渡ったタイミングで強い超音波を間欠的に出し、高感度な超音波画像を得る技術


ultrasound scan」

  [★]

  • n.
echographicechographysonographicsonographyultrasonic examinationultrasonographicultrasonographicallyultrasonographyultrasound examination


超音波診断」

  [★]

ultrasonographydiagnostic ultrasoundultrasonics
超音波検査超音波検査法超音波断層法超音波法超音波学超音波診断学
ultrasonography


ultrasound examination」

  [★]

  • n.
  • 超音波検査
echographicechographysonographicsonographyultrasonic examinationultrasonographicultrasonographicallyultrasonographyultrasound scan


デュプレックス超音波検査法」

  [★]

duplex ultrasonography
デュプレックス超音波検査


乳腺超音波検査」

  [★]

mammary ultrasonography
乳房超音波検査


超音波検査法」

  [★]

ultrasonography
超音波診断法



二重ドプラ超音波検査」

  [★]

duplex Doppler ultrasonography


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


超音波」

  [★]

ultrasound US, high frequency sound
high frequency sound
心エコーピエゾ電気効果



音波」

  [★]

acoustic wavesonic wavesound wave




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡