膵頭十二指腸切除術

出典: meddic

pancreaticoduodenectomy, pancreatoduodenectomy
膵頭側切除術 cephalic resection of pancreas膵十二指腸切除術
膵十二指腸切除膵頭十二指腸切除
[show details]

  • 膵頭部癌に対する根治術


再建方法

:空腸盲端 → 下流 →
  • チャイルド法 Child法  :膵臓   → 胆管 → 残胃 :大流行
  • ホイップル法 Whipple法 :胆管   → 膵臓 → 残胃 :空腸を引っ張ってきただけ
  • キャッテル法 Cattel法  :残胃   → 膵臓 → 胆管 :解剖学的に自然っぽい?


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/25 15:29:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PPPD)後の残胃の癌発生に関する臨床病理組織学的検討
  • 古川 健司,西川 俊郎,桂川 秀雄,山本 雅一
  • 東京女子医科大学雑誌 81(1), 13-22, 2011-02-25
  • … [目的]:膵頭部領域疾患に対し適応される幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PPPD)症例では、胆汁を含む十二指腸液胃内逆流(duodenuogastric reflux:DGR)により胃に異時性に癌が発生すると考えられてきた。 …
  • NAID 110008426932
  • 膵頭部原発ユーイング肉腫の3歳男児の1例
  • 小野 滋,若尾 純子,津田 知樹 [他]
  • 京都府立医科大学雑誌 120(3), 139-144, 2011-03
  • NAID 40018768998
  • 膵頭十二指腸切除術における周術期感染症と対策 (特集 肝・胆・膵外科における感染症に対する治療戦略)
  • 川井 学,山上 裕機
  • 日本外科感染症学会雑誌 8(1), 75-82, 2011-02
  • NAID 40018766836

関連リンク

2010年3月19日 ... 大津赤十字病院・外科のページです.膵頭十二指腸切除術(PD/PPPD)について解説し ます.
膵頭十二指腸切除術(すいとうじゅうにしちょうせつじょじゅつ、英: pancreaticoduodenectomy; PD)とは、膵頭部(膵臓の右側部分)と十二指腸を一括して 切除する手術術式である。 胆道再建を伴うため、胆嚢および中下部胆管も同時に切除 される。 ...

関連画像

 胃温存膵頭十二指腸切除術をバイパス 術 膵臓 癌 膵癌 の PPPD-IIAの再建図pppd で は 赤星 印 の ところ pd ボキャブラリー リスト画像をクリックすると大きく


★リンクテーブル★
国試過去問106A044」「108D026」「104D022」「107I059
リンク元膵癌」「ウィップル法」「キャッテル法」「PD」「チャイルド
拡張検索幽門輪温存膵頭十二指腸切除術
関連記事十二指腸」「切除」「切除術」「」「腸切除

106A044」

  [★]

  • 86歳の男性。右上腹部痛を主訴に来院した。数日前から食後の右上腹部痛と背部痛とが出現し、次第に増悪してきたため受診した。
  • 意識は清明。体温38.2℃。脈拍104/分、整。血圧108/62mmHg。呼吸数18/分。眼球結膜に黄染を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。心窩部圧痛を認める。肝・脾を触知しない。
  • 血液所見:赤血球458万、 Hb12.9g/dl、 Ht42%、白血球16,100、血小板22万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総コレステロール246mg/dl、総ビリルビン8.9mg/dl、直接ビリルビン6.2mg/dl、 AST 761IU/l、 ALT 405IU/l、 LD 177IU/l(基準176-353)、 ALP563IU/l(基準115-359)、 γ-GTP231 IU/l(基準8-50)、アミラーゼ2,436IU/l(基準37-160)、 Na136mEq/l、 K4.5mEq/l、 Cl98mEq/l。免疫学所見: CRP18mg/dl。 CEA3.2ng/ml(基準5以下)。腹部単純CT(別冊No. 18A)と十二指腸乳頭部内視鏡写真(別冊No. 18B)とを別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A043]←[国試_106]→[106A045

108D026」

  [★]

  • 52歳の男性。右季肋部痛を主訴に来院した。昨夜、夕食後に右季肋部痛が出現し今朝まで持続している。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 124/68 mmHg。眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦で右季肋部に圧痛を認める。反跳痛を認めない。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 456万、 Hb 14.5 g/dl、Ht 44%、白血球11,000(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 60%、好酸球 2%、リンパ球 30% )、血小板 21万。血液生化学所見:総ビリルビン 2.0 mg/dl、AST 158 IU/l、ALT 145 IU/l、 ALP 580 IU/l(基準 115~359)、 γ-GTP 182 IU/l(基準 8~50)、アミラーゼ 125 IU/l(基準 37~160)。 CRP 3.4 mg/dl。腹部超音波検査で異常を認めたため行った ERCP(別冊No. 9)を別に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。
  • a 蛋白分解酵素阻害薬投与
  • b 経口胆石溶解薬投与
  • c 体外衝撃波結石破砕術
  • d 内視鏡的結石除去術
  • e 膵頭十二指腸切除術



[正答]


※国試ナビ4※ 108D025]←[国試_108]→[108D027

104D022」

  [★]

  • 71歳の女性。高血圧症の通院加療中に血液生化学所見の異常を指摘され来院した。腹痛はない。血液所見:赤血球 407万、Hb 13.0gM、Ht 39%、白血球 7,800、血小板 26万。血液生化学所見:アルブミン 3.8g/dl、総ビリルビン 2.2mg/dl、AST 160IU/l、ALT 186IU/l、ALP 1,652IU/l(基準115-359)、アミラーゼ 62IU/l(基準37-160)。免疫学所見: CEA 2.9ng/m/(基準5以下).CA19-9 82U/m/(基準37以下)。上部消化管内視鏡写真(別冊No.4A)と磁気共鳴胆管膵管像(MRCP)(別冊No.4B)とを別に示す。
  • この患者で誤っているのはどれか。
  • a 動揺性の黄疸を呈する。
  • b 膵・胆管合流異常を伴う。
  • c 肝内胆管の拡張がみられる。
  • d 膵頭十二指腸切除術を行う。
  • e 膵体部癌よりも予後は良好である。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D021]←[国試_104]→[104D023

107I059」

  [★]

  • 58歳の女性。褐色尿を主訴に来院した。画像診断で膵頭部癌による閉塞性黄疸と診断されたが、転移巣は描出されなかった。内視鏡的逆行性胆管ドレナージ減黄術を行い、膵頭十二指腸切除術を予定した。手術開腹時に、肝両葉の表面に小結節状の転移巣を5個と、腹膜に同様の結節を十数個認めた。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 非切除
  • b 肝部分切除術
  • c 膵腫瘍摘出術
  • d 肝膵同時切除術
  • e 膵頭十二指腸切除術


[正答]


※国試ナビ4※ 107I058]←[国試_107]→[107I060

膵癌」

  [★]

pancreatic cancer (M), carcinoma of pancreas
膵臓癌
膵腫瘍
[show details]

疫学

危険因子

ガイドラインより

  • 1. 家族歴 :膵癌,遺伝性膵癌症候群     :13倍
  • 2. 合併疾患:糖尿病,慢性膵炎,遺伝性膵炎  :DMでは2.1倍
  • 3. 嗜好  :喫煙              :喫煙では2倍

HIM.587

  • 喫煙、肥満、非遺伝性の慢性膵炎
  • (はっきりしない)環境因子:食事、コーヒー、アルコール飲酒、胃部分切除の既往、胆嚢摘出術、ヘリコバクターピロリ
  • 糖尿病との関連が示されたが、原因か結果かは明らかでない。

QB.B-336

主要な組織型

  • 外分泌腫瘍のなかの浸潤性膵管癌が80%以上を占める。
  • 多い組織型は以下の通り:
腺房細胞
(腺癌)腺房細胞癌
膵管上皮細胞
(腺癌)膵管内腫瘍・・・膵管癌
管状腺癌 → 最も多い
乳頭腺癌
腺扁平上皮癌
粘液癌
膵管上皮細胞由来
(嚢胞腺癌)漿液性嚢胞腺癌
(嚢胞腺癌)粘液性嚢胞腺癌
粘液産生膵癌

発生部位

  • 膵頭部 → 過半数を占める
  • 膵体部
  • 膵尾部

症状

  • 膵癌診断時には無症状のことが多い。
  • 腹痛(40%)、黄疸(15%)、食欲不振、腰背痛、全身倦怠感、体重減少
  • 腹痛は膵体尾部癌で多い (QB.B-342 SSUR.633) → 黄疸を示さず、切除不能の進行癌となってから上腹部痛や背部痛を訴えるからであろう
  • 膵頭部:胆管並びに膵胆管膨大部閉塞→胆汁色素うっ滞、胆嚢拡大、黄疸
  • 膵頚、膵体:門脈、下大静脈の閉塞 (N.295)

検査

  • 血液検査:腫瘍マーカー:CEACA19-9SLXDUPAN-2SPan-1CA-50。経過観察に用いる。早期発見には役立たない。
  • 超音波検査:不均一な低エコー。主膵管拡張、胆管拡張。
  • CT:膵管の狭窄、尾部膵管の拡張。単純で不正な低吸収像、造影で造影効果のない腫瘤影。近接臓器、リンパ節、血管への浸潤が分かる。
[show details]
  • MRI:T1低信号、T2高信号
  • MRCP
  • 超音波内視鏡:
  • ERCP
  • 動脈造影:腫瘍濃染はみられない。診断、手術適応の決定に用いられる。動脈・静脈に浸潤していれば手術適応はなくなる ← 造影CTで代用できるから今はやられないのでは?

治療

治療のmodality:手術療法、化学療法、放射線療法
治療法の選択:切除可能例では手術療法、手術不能例で遠隔転移が無い場合は化学療法±放射線療法、遠隔転移がある場合には化学療法を行う。
  • 手術療法:
膵頭部癌で黄疸症状のある場合にはPTCDで減黄したのちに手術(QB.B-345)
  • 根治手術:
  • 膵体尾部癌の根治術では脾合併膵体尾部切除術が行われる(QB.B-345)、らしいが。
  • 膵尾部切除術
  • 膵全摘術:悪性膵管内乳頭粘液性腫瘍、多発膵島細胞腫瘍などで生存期間の延長が見込める場合。(SSUR.637)
  • 姑息手術
  • 化学療法
  • 放射線療法

病期分類

  • TNM分類
[display]http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~pancreas/pancreas_rule.html
  • 浸潤などを含めた記載方法
[display]http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~pathology/templates/pancreas1.html
[display]http://ncc.ctr-info.com/2%E2%96%A0%E2%96%A0action=common_download_main&upload_id=481
[display]http://www.nsknet.or.jp/~nagasato/pcstage.html

参考

  • 1. 日本癌治療学会 - がん診療ガイドライン - 膵癌
[display]http://www.jsco-cpg.jp/item/11
  • 2. Minds 膵癌 (参考1)と同じ
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0037/1/0037_G0000244_GL.html


国試




ウィップル法」

  [★]

Whipple's operation, Whipple method
ホウィップル法、ホウィップル手術 Whipple procedure
膵頭十二指腸切除術
[show details]


膵頭十二指腸切除術の再建法

SSUR.637
  ウィップル法 チャイルド法 今永法 キャッテル法
Whipple法 Child法   Cattell法
上流 胆管 膵臓
  膵臓 胆管 膵臓 膵臓
下流 胆管 胆管
 
上流 B P G G
  P B P P
下流 G G B B
腸管ループ  


キャッテル法」

  [★]

膵頭十二指腸切除術
[show details]

膵頭十二指腸切除術の再建法

SSUR.637
  ウィップル法 チャイルド法 今永法 キャッテル法
Whipple法 Child法   Cattell法
上流 胆管 膵臓
  膵臓 胆管 膵臓 膵臓
下流 胆管 胆管
 
上流 B P G G
  P B P P
下流 G G B B
腸管ループ  


PD」

  [★]


チャイルド」

  [★]


幽門輪温存膵頭十二指腸切除術」

  [★]

pylorus preserving pancreatoduodenectomy, pylorus-preserving pancreatoduodenectomy, PpPD, PPPD
膵頭十二指腸切除術胃排出遅延
  • 術後合併症として胃内容物排泄遅延があると言われている。


十二指腸」

  [★]

duodenum (Z)
消化器系小腸


解剖

first portion 上部、球部
second portion 下行部
third portion 水平部
fourth portion 上行部

上部

-superior part
KA. 291,311,312
KH. 170

血管

下行部 descending part

KA. 297

血管

水平部

horizontal part
KA. 297
KH. 170

血管

上行部

ascending part
KH. 170

血管

組織

1 2 3 4 5 6
上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織筋層 漿膜/外膜
単層円柱上皮 吸収上皮細胞、杯細胞(ムチンノーゲン分泌)、
内分泌細胞、M細胞
腸腺 吸収上皮細胞、杯細胞、
幹細胞、内分泌細胞、
パネート細胞
内輪層、外縱層 ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、
アルカリ性の粘液、
ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜 外膜
(下行部水平部)



切除」

  [★]

横切横切開横断横断面消失切除術切除法切断摘出摘出術摘除摘除術離断アブレーション切り取る焼灼焼灼術


切除術」

  [★]

excision, resection
捻除術 exeresis
切除切除法摘出摘出術摘除摘除術



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


腸切除」

  [★]

intestinal resectionenterectomy
腸管切除腸切除術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡