胎児水腫

出典: meddic

fetal hydrops, hydrops fetal
hydrops fetalis
先天性胎児全身水腫


概念

  • 胎児水腫とは以下の所見を2つ以上そなえるものである;(1)腹水、(2)胸水、(3)心嚢水、(4)浮腫(skin edema)、(5)羊水過多 (参考1)

分類

病態生理

非免疫性胎児水腫

参考1
明らかになっていないが、以下の異常が1つ以上組み合わさって生じている。
  • 1. リンパ管の閉塞 (ex. 先天奇形、悪性腫瘍)
  • 2. 脈管の透過性亢進 (ex. 感染)
  • 3. 心筋の不全(myocardial failure) or 静脈還流路の閉塞
  • 4. 浸透圧の減少 (肝疾患、腎疾患、非免疫的機序を介さない貧血)

疫学

  • 非免疫性胎児水腫がほとんど。免疫性胎児水腫は予防方法が発達してきたため、胎児水腫の90%を非免疫性胎児水腫が占め、有病率は1500-3800出産に1例となっている(参考1)。

診断

  • 経腹壁超音波検査

予後

  • 免疫性胎児水腫に比べて非免疫性胎児水腫の予後はよくない。(QB.P-257)
  • 非免疫性胎児水腫は周産期死亡の50-98%と関連している。予後に影響を与える要素は発症時の胎齢と胸水の存在で、胎齢20週以下での胸水を伴う胎児水腫の発症は予後が悪い。胸水の存在により肺の低形成をきたすためである。(参考1)

参考

  • 1. [charged] Nonimmune hydrops fetalis - uptodate [1]

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/25 01:19:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 7.胎児水腫をきたした先天性肺筋繊維性腫瘍の1例(第39回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会)
  • 中嶋 敏紀,北島 順子,松本 直子,孝橋 賢一,小田 義直
  • 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 47(2), 345, 2010-05-25
  • NAID 110007671835
  • 15.胎児水腫を来した嚢胞型胎便性腹膜炎の1例(一般演題,第43回日本小児外科学会東海地方会)
  • 佐藤 陽子,近藤 知史,鈴木 達也
  • 日本小児外科学会雑誌 46(2), 299, 2010-04-20
  • NAID 110007593943

関連リンク

2010年11月2日 ... 胎児水腫とは何らかの原因で多量の水分が胎児の血管外の部位に蓄積されることにより、 胎児の広範な軟部組織の浮腫や体腔内(胸腔や腹腔)に液体の貯留を引き起こす臨床上の 状態であり、胎児、胎盤あるいは母体の様々な疾患によって ...

関連画像

photo:01胎児水腫分類」Parvo3Parvo4echo1Parvo5


★リンクテーブル★
先読み先天性胎児全身水腫
国試過去問098D001」「100F002」「107E021」「099E003」「095A046」「108E023」「100A001」「101F005」「097H067」「106A002」「103I002」「086B063
リンク元パルボウイルスB19」「伝染性紅斑」「新生児溶血性疾患」「母児間血液型不適合溶血性貧血」「頚部リンパ嚢胞
拡張検索非免疫性胎児水腫」「免疫性胎児水腫
関連記事胎児」「」「水腫

先天性胎児全身水腫」

  [★]

fetal hydrops
hydropus foetalis congenitus


098D001」

  [★]

  • 妊娠24週の初妊婦ハイリスク妊娠のため紹介され来院した。妊娠10週時の超音波検査で一絨毛膜二羊膜性双胎と診断されている。来院時、子宮底は24cm、子宮口は閉鎖している。超音波検査で第一児は推定体重600g、羊水ポケット4cm、第二児は推定体重480gで羊水ポケットは1cmである。両児ともに胎児水腫を認めない。この双胎妊娠で認められるのはどれか。
  • 2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C030]←[国試_098]→[098D002

100F002」

  [★]

  • 在胎28週の胎児。1絨毛膜2羊膜性双胎と診断されている。妊娠初期には2児の大きさにほとんど差を認めなかったが、次第に差を認めるようになり、大きい方の児に羊水過多胎児水腫とを認めるようになった。
  • 異常があると考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F001]←[国試_100]→[100F003

107E021」

  [★]

  • a 異所性妊娠 - 血中エストラジオール定量
  • b 過期妊娠 - 羊水マイクロバブルテスト
  • c 子宮筋腫合併妊娠 - 羊水染色体検査
  • d 胎児水腫 - 子宮頸管長計測
  • e 胎児発育不全 - 胎児臍帯動脈血流計測


[正答]


※国試ナビ4※ 107E020]←[国試_107]→[107E022

099E003」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099E002]←[国試_099]→[099E004

095A046」

  [★]

  • 妊娠20週で自然破水し、羊水流出が持続しながら妊娠36週まで妊娠が継続した。胎児に起こりうる障害はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A045]←[国試_095]→[095A047

108E023」

  [★]

  • 妊娠 29週の胎児の頭部超音波像 (別冊 No. 4)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E022]←[国試_108]→[108E024

100A001」

  [★]

  • 28歳の女性。妊娠30週。子宮底長は22cmで、腹部超音波検査で羊水はほとんど認めない。
  • 胎児で最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I030]←[国試_100]→[100A002

101F005」

  [★]

  • 胎児水腫について正しいのはどれか。
  • a. 児の予後は良好である。
  • b. 児の腎機能低下で起こる。
  • c. 出生前診断は困難である。
  • d. ウイルス感染が原因となる。
  • e. 染色体異常とは無関係である。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F004]←[国試_101]→[101F006

097H067」

  [★]

  • 胎児水腫の発症と関連の深いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H066]←[国試_097]→[097H068

106A002」

  [★]

  • 胎児水腫の原因となるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A001]←[国試_106]→[106A003

103I002」

  [★]

  • 胎児水腫の原因とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I001]←[国試_103]→[103I003

086B063」

  [★]

パルボウイルスB19」

  [★]

parvo
parvovirus B19
human parbovirus B19, B19 virusヒトパルボウイルスB19B19型ヒトパルボウイルス
ヒトに感染するパルボウイルスを特にヒトパルボウイルスと呼ぶが、本wikiではヒト以外のウイルスについては対象外。
ウイルス
  • first aid step1 2006 p.151,152,154,299

ウイルス学

  • -鎖を持つタイプと+鎖を持つタイプが存在
  • エンベロープ無し
  • DNAウイルス最小
  • 赤血球系前駆細胞で増殖。

潜伏期間

  • 16-18日

感染経路

  • 飛沫経気道感染(接触感染・飛沫感染)

疫学

  • 成人の40%が既感染
  • 4-5年ごとに流行
  • 春に多い

感染症

症状

成人の伝染性紅斑では関節痛を伴う2-4週間継続する関節炎を呈する。
免疫複合体の形成が原因
  • 貧血患者への感染
  • 急性肝炎
  • 妊婦・胎児への感染
妊婦の感染→胎児の感染→肝臓での造血能低下→重症の貧血→胎児水腫(非免疫性胎児水腫)、流産、死産
経胎盤感染による感染率33%。胎児死亡の危険率は9%
  • 免疫不全者への感染

合併症

経過

  • 感冒様症状 → 骨髄の赤血球系前駆細胞が消失
骨髄機能は10-14日で回復 → 症状は出ない。
  • 予後はほとんどの場合良好

治療

  • 対症療法

検査

  • PCR法、ELISA法、ペア血清

予防

  • ワクチン無し

参考

  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Parvovirus_B19



HPV-B19



伝染性紅斑」

  [★]

slapped cheek disease, slap cheek, infectious blushing
erythema infectiosum
リンゴ病第五病 fifth disease
B19ウイルス

特徴

  • 発疹。骨髄赤芽球前駆体への親和性
  • 発症前にウイルスが排出されるため感染予防が難しい。
  • 2-7歳の幼児に多く。発熱。
  • 成人では症状は出にくい:赤い紅斑はない。関節痛や関節炎が起きやすい。

疫学

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

症状

  • 小児に多い
  • 顔面に紅斑が出現し、四肢に網状紅斑が広がる
レース状紅斑

合併症

  • (妊婦の場合)胎児水腫

経過

  • 7-10日:発熱、カゼ様症状。鼻汁、血液、咽頭よりウイルス検出
  • 9日:リンパ球減少
  • 10-15日:網状赤血球現象。ヘモグロビン減少。IgM・IgG↑。カゼ様症状消失
  • 18日頃:発疹。関節炎

検査

  • IgM抗体

予防

  • ワクチンなし
  • 妊婦は、流行期には小児の多い場所へは近づかない。

母子感染

参考2
  • 経胎盤感染
  • 妊娠初期(妊娠20週未満):約30%が経胎盤感染し、その1/3が胎児水腫に移行する。すなわち伝染紅斑に罹患した母の10%で胎児水腫(非免疫性胎児水腫)が見られる。
  • 妊娠20週以降:母子感染はないとされる。
  • 病態生理:貧血に対する心臓の代償的な心拍出量増加がおこるが、ついには代償機構が破綻し心不全(左心不全→右心不全)に至る。
  • 胎児に対する検査:(超音波検査)MCA上昇、腹水・胸水・心嚢水の貯留

参考

  • 1. 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/iasr/19/217/tpc217-j.html
  • 2. D.産科疾患の診断・治療・管理 8.合併症妊娠の管理と治療 - 日産婦誌61巻12号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6112-625.pdf




新生児溶血性疾患」

  [★]

hemolytic disease of the newborn HDN
morbus haemolyticus neonatorum MHN
胎児赤芽球症 fetal erythroblastosis erythroblastosis fetalis新生児重症黄疸 icterus gravis neonatorum、胎児溶血性疾患
新生児溶血性貧血胎児水腫 hydrops fetalis
[show details]

参考

  • 1.
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscc1971b/8/3-4/8_277/_pdf



母児間血液型不適合溶血性貧血」

  [★]

血液型不適合妊娠

病態生理

  • 溶血性貧血、EPの上昇による肝脾腫 → 肝臓の代謝異常・旬間以上、低蛋白血症 → 門脈圧亢進 → 循環不全、胎児浮腫の重症化 (QB.P-255)
  • 溶血性貧血 → 末梢酸素欠乏 → 高心拍出量状態 → 心不全 → 浮腫(胎児水腫)

頚部リンパ嚢胞」

  [★]

胎児水腫
  • 前頚三角の前方に存在するので、リンパ流を阻害し胎児水腫を引きおこしうる

国試


非免疫性胎児水腫」

  [★]

nonimmune hydrops fetalis NIHF, nonimmune fetal hydrops
非免疫学的胎児水腫
胎児水腫



免疫性胎児水腫」

  [★]

immune hydrops fetalis IHF, immune fetal hydrops
免疫学的胎児水腫
胎児水腫


胎児」

  [★]

fetus
胎児の発生
  • 産科学:妊娠8週以降の児を指す。
  • 区別すること!!

成長

およそのめやすね。正確ではない。(SPE.68)
25週: 750g
30週:1500g
35週:2000g ←だいたい2200gだけど
40週:3000g
25週から5週間で230週から10週で2

循環器

  • 胎児心拍動は妊娠6週で認められ、妊娠7週目では100%確認できる。(G10M.6 QB.P-209)

感覚系

  • 妊娠10週ごろから刺激に反応して口、指、趾、目を動かす。(NGY.285)

聴覚

  • 妊娠中期には聴覚が発達。(NGY.285)
  • 妊娠28-30週(妊娠後期の始め)には音の刺激により心拍数が増加。(QB.P-190)

胎児の成長

G10M.6改変
妊娠月数
(月)
妊娠週数
(週)
胎児のイベント
1 2 肺胞期着床(受精後6日後)
2 5 中枢神経系、心臓形成開始
6 肺形成開始
7 胚形成、胎盤形成開始
3 9 胎児心拍最速(170-180bpm)
10 躯幹と四肢の運動が超音波で測定可能
11 外陰の性差が決まる(が超音波では分からない)
4 12 排尿が超音波で観察可能、胎便形成開始。
15 胎盤完成。呼吸様運動が不規則に観察可能(10週から始まっているが観察は容易ではない)。
5 16 嚥下が超音波で観察可能。 → 胎盤完成以降に羊水量が(急に)増えるが、嚥下が観察可能になるのはこれと関係ある?
17 外陰の性差が超音波で観察可能
18 胎動を感ずる(18-20週)
6 20 肺サーファクタント産生開始
7 26 肺の構造完成
8 28 肺サーファクタント増加
9 34 胚が成熟、腎の発生完了

国試



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


水腫」

  [★]

edema, hygroma
浮腫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡