経尿道的前立腺切除術

出典: meddic

経尿道的前立腺摘除術

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/10 20:10:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP-490 経尿道的前立腺切除術におけるTURisの使用経験(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 速水 慎介
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 485, 2011-03-20
  • NAID 110008612863
  • 癌と鑑別を要する病変 (前立腺癌(第2版)--基礎・臨床研究のアップデート) -- (前立腺癌の病理)
  • 都築 豊徳,前田 永子,後藤 啓介
  • 日本臨床 69(-) (1001), 45-49, 2011-06
  • NAID 40018884077
  • 前立腺の手術 経尿道的前立腺切除術(TURP) (見ること・することリストで一目瞭然! 術式別泌尿器科の術前・術後ケア) -- (泌尿器科手術の術前・術後ケア)

関連リンク

経尿道的前立腺切除術. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 経尿道的前立腺切除術(けいにょうどうてきぜんりつせんせつじょじゅつ、 Trans-urethral resection of the prostate: TUR-P, TURP)は前立腺肥大症における 標準的 ...

関連画像

経尿道的前立腺切除術的 に 経 尿道 的 前立腺 切除 経尿道的前立腺切除術の画像-p1 経尿道的前立腺切除術図2 経尿道的前立腺切除術経尿道的前立腺切除術:尿道内


★リンクテーブル★
国試過去問108I068」「102D058」「105D051」「105I056」「106A021」「104I054」「102D057」「098D039」「091A080
リンク元TUR症候群」「経尿道的前立腺摘除術」「TURP」「TUR-P」「transurethral resection of prostate
関連記事前立腺」「尿道」「切除」「切除術」「前立腺切除

108I068」

  [★]

  • 52歳の男性。排尿困難を主訴に来院した。 6か月前から夜間に尿意で目が覚めるようになった。 1か月前から頻尿となり、 2週前から排尿の開始までに時間がかかることを自覚している。身長 172 cm、体重 68 kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 134/82 mmHg。呼吸数 12/分。腹部は平坦、軟。直腸指診で小鶏卵大で弾性硬の前立腺を触知し、圧痛を認めない。尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、沈渣に赤血球 1~4 / 1視野、白血球 1~ 4 / 1視野。血液生化学所見: PSA 2.8 ng/ml(基準 4.0以下 )。国際前立腺症状スコア 18点 (軽症 0. 7点、中等症 8.19点、重症 20.35点 )。腹部超音波像 (別冊 No.28A、B)を別に示す。前立腺体積は 46 ml、残尿量は 80 mlであった。
  • まず行う対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I067]←[国試_108]→[108I069

102D058」

  [★]

  • 64歳の男性。人間ドックでPSA値の異常を指摘され来院した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。身長164cm、体重63kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧138/78mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。下肢に浮腫を認めない。直腸診でクルミ大の前立腺を触知するが、硬結は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈さに赤血球と白血球とを認めない。血液所見:赤血球460万、Hb15.1g/dl、Ht45%、白血球6,300、血小板26万。PSA7.3ng/ml(基準4.0以下)。前立腺生検で中分化型の前立腺癌を認める。腹部造影CTでリンパ節腫大を認めない。骨シンチグラフィで異常集積を認めない。患者は治療を希望している。
  • 治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D057]←[国試_102]→[102D059

105D051」

  [★]

  • 67歳の男性。人間ドックで血中PSA値の異常を指摘され来院した。既往歴家族歴とに特記すべきことはない。身長167cm、体重65kg。体温36.2℃。呼吸数14/分。脈拍72/分、整。血圧148/80mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸指診でクルミ大の前立腺を触知するが、硬結を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球と白血球とを認めない。血液所見:赤血球 480万、Hb 15.0g/dl、Ht 45%、白血球 6,600、血小板 23万。PSA 6.8ng/ml(基準4.0以下)。前立腺生検で高分化型の前立腺癌を認める。腹部造影CTでリンパ節腫大を認めない。骨シンチグラフィで異常集積を認めない。患者は治療を希望している。
  • 治療法として適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D050]←[国試_105]→[105D052

105I056」

  [★]

  • 68歳の男性。排尿困難頻尿とを主訴に来院した。1か月前から尿意切迫感と夜間頻尿とを認めた。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない.身長164cm、体重64kg、脈拍68/分、整。血圧128/82mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸指診で表面平滑で腫大した弾性硬の前立腺を触知し、圧痛を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球と白血球とを認めない。PSA 1.6ng/ml(基準4.0以下)。国際前立腺症状スコア 14点(軽症0-7点、中等症8-19点、重症20-35点)。残尿量 30mg。腹部超音波写真(別冊No.13A)と尿流測定の結果(別冊No.13B)とを別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I055]←[国試_105]→[105I057

106A021」

  [★]

  • 71歳の男性。 6か月前からの排尿困難夜間頻尿とを主訴に来院した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。身長162cm、体重60kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧154/82mmHg。呼吸数14/分。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸指診で超鶏卵大の前立腺を触知するが、硬結を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球と白血球とを認めない。血清PSA3.5ng/ml(基準4.0以下)。国際前立腺症状スコア22点(軽症0-7点、中等症8-19点、重症20-35点)。腹部超音波検査で推定前立腺体積58ml。尿流測定で排尿量120ml、最大尿流率3.8ml/秒、残尿量210ml。
  • 対応として誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A020]←[国試_106]→[106A022

104I054」

  [★]

  • 60歳の男性。 1年前からの頻尿排尿困難とを主訴に来院した。直腸診前立腺鶏卵大で、硬結を認めない。尿所見と血液所見とに異常を認めない。PSA 2.4ng/ml(基準4.0以下)。排尿日誌で1回排尿量 200-250mg、昼間排尿回数 10回、夜間排尿回数 2回。国際前立腺症状スコア15点(軽症0-7、中等症8-19、重症20-35)。QOLスコア 4点(軽症0-1、中等症2-4、重症5-6)。腹部超音波写真(別冊No.12)を別に示す。前立腺の長径は53mm、短径は51mm及び前後径は52mmである。
  • 次に行うのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I053]←[国試_104]→[104I055

102D057」

  [★]

  • 65歳の男性。排尿困難夜間頻尿とを主訴に来院した。直腸診で鶏卵大の前立腺を触知するが、硬結は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈瘡に赤血球0~2/1視野、白血球1~3/1視野。PSA1.2ng/ml(基準4.0以下)。1回排尿量200~250mg。国際前立腺症状スコア(軽症0~7、中等症8~19、重症20~35)とQOLスコアとを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D056]←[国試_102]→[102D058

098D039」

  [★]

  • 71歳の男性。前立腺肥大症の診断で経尿道的前立腺切除術を受けた。病理組織診断で2切片に高分化腺癌が認められた。
  • 今後の方針として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098D038]←[国試_098]→[098D040

091A080」

  [★]

  • 経尿道的前立腺切除術(TUR-P)についてただしいもの、3つ。
  • (1) 術中用いる灌流液は生理食塩液が適している。
  • (2) 術中合併症として外科的皮膜の穿孔がある
  • (3) 術中合併症として低ナトリウム血症がある。
  • (4) 晩期合併症として尿道狭窄がある
  • (5) 切除組織では病理診断はできない。

TUR症候群」

  [★]

TUR反応
低ナトリウム血症
[show details]

概念

  • TUR 症候群は発生頻度が2%程度といわれるが、発症が手術時間の長さと関係し,ひとたび発症すれば生命に危険が及

ぶこともある(文献1)

  • 大量の灌流液が体内に吸収されて起こる。低Na血症による悪心・嘔吐、冷汗、徐脈、低血圧、ショックなど。出現時には、手術を即座に中止してショックに対する治療を行う(文献3)。
  • 経尿道的前立腺切除術 TUR-Pで起きやすい。経尿道的膀胱腫瘍切除術 TUR-Btでは起こりにくい。(SURO.316-317)

病因

  • 等張非電解質液が多量に静脈に流入することによる
  • 外科的被膜の穿孔、静脈洞の開放によって生じやすい

症状

  • 本態は低ナトリウム血症
  • あくび、不穏、冷汗、悪心、嘔吐、徐脈、低血圧、ショック、意識消失など(SURO.316)

治療

  • 手術中止、浸透圧利尿薬、糖質ステロイド、昇圧薬、生理食塩水投与(SURO.316)

予防

  • 1. 灌流液圧を低くする(SURO.316)
  • 2. 穿孔しない(SURO.316)
  • 3. 手術を1時間以内とする(SURO.316)
  • 4. TURisの採用

参考文献

  • 1. TURis(TUR in saline:生理食塩水を灌流液に用いたTUR)技術解説
[display]http://www.me-hon.ne.jp/meb/bin/downloadfile_sample.asp?sku=2000003211869600200P
TURis(TUR in saline)開発の動機は、TUR で問題になる閉鎖神経反射とTUR 症候群を解決すべきと考えたからである。TURではループ先端部に気泡ができて放電を起こすとすぐに切れ始めるが,TURisではループ全体が気泡に包まれないと切れ始まらないという両者の違いを解説した。それに起因するTURis での切れ始めのタイムラグの改良目的で、放電起動性を迅速にすべく出力時波形を間欠波にした。これによりタイムラグも解消し、大きなループも使用できるように改良できた。
  • 2. TURis
[display]http://www.medicaltown.net/urostation/tech_info/pdf/turis.pdf
  • 3.
[display]http://shutoku.fc2web.com/digital_textbook/urology/urology_general.html
-TUR反応


経尿道的前立腺摘除術」

  [★]

transurethral prostatectomy (一体どういう使い分け?)
(国試)経尿道的前立腺切除術(国試的にはこちらの用語), transurethral resection of prostate, TURP
前立腺前立腺肥大症経尿道的前立腺摘除
[show details]


TURP」

  [★] 経尿道的前立腺切除術


TUR-P」

  [★] 経尿道的前立腺切除術


transurethral resection of prostate」

  [★] 経尿道的前立腺切除術


前立腺」

  [★]

prostate (KL,KH,N,Z), prostate gland
prostata
前位腺摂護腺
  • 図:N.367

解剖

  • くるみ大の大きさ。体積は5ml(??)程度が普通で、大きい場合、前立腺肥大症や前立腺癌などが考えられる
  • 膀胱の直下にある栗の実に似た固い器官
  • 内腺と外腺からなる。現在では、central zone CZ,transitional zone TZ,peripheral zone PZという分け方が一般的。

組織

  • 円柱上皮と立方上皮が2相構造を呈している → 多列円柱上皮? : 前立腺肥大症ではこの構造が保たれ、前立腺癌ではこの構造が乱れる。
  • 30-50個からなる複合管状胞状腺の集合体からなる。(HIS.427)
  • 管状胞状腺の内腔に前立腺石(アミロイド小体)を認める。(HIS.428)

機能 (KL.446)

  • 特有の臭気を有する乳白色の液で、クエン酸や、デヒドロゲナーゼ、亜鉛を含み、精液の15-30%を構成する。
  • 分泌はジヒドロテストステロンに制御されている(HIS.428)

発生学的な関係 (KH.258,264 N.362,368)

男性 前立腺 尿道腺
(Littre腺)
球尿道腺
女性 尿道腺 小前庭腺
(スキーン腺)
大前庭腺

臨床関連

  • inner, periurethral glandsに見られる。肥大はinner region(central and transitional region)で著明
  • outer region(peripheral) glandsで起こる → 尿路の閉塞は初期に出づらい。


参考

  • 1. 解剖 写真 シェーマ - 前立腺
[display]http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2d/5d/zr750soyokaze/folder/1188086/img_1188086_27786171_0?1242055767






尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓、男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

切除」

  [★]

横切横切開横断横断面消失切除術切除法切断摘出摘出術摘除摘除術離断アブレーション切り取る焼灼焼灼術


切除術」

  [★]

excision, resection
捻除術 exeresis
切除切除法摘出摘出術摘除摘除術



前立腺切除」

  [★]

prostatectomyprostatectomize
前立腺切除術前立腺摘除術前立腺摘除




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡