硝子体手術

出典: meddic

vitreous surgery
硝子体切除術 vitrectomy
硝子体出血増殖性硝子体網膜症

目的




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 白内障術後外傷性無虹彩症の1例
  • 三田 覚/坂本 拡之/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E220-E225, 2012-01-31
  • … 受傷から7日後、前房洗浄および硝子体手術を要したが、左眼視力は白内障術後レベルまで改善した。 …
  • NAID 110008767980
  • 急性網膜壊死に対する早期硝子体手術
  • 林 殿宣/豊口 光子/園部 愛/島川 眞知子/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E215-E219, 2012-01-31
  • … 目的:網膜剥離を発症していない急性期の急性網膜壊死(ARN)に対し硝子体手術を施行し、良好な結果を得た4例を報告する。 … ,結論:網膜剥離を発症していない急性期のARNであっても抗ウイルス薬の全身投与下で、早期に硝子体手術を行うことにより、続発性網膜剥離の予防に有効である可能性が考えられた。 …
  • NAID 110008767979

関連リンク

1.基本的な事 ○硝子体とは? 目玉の前の方には角膜とか水晶体とか聞いた事がある ような物が並んでます。で、眼球の真ん中中身はゼリー状のものが詰まっていて、それ が硝子体と呼ばれています。
しかし目の中に入り直接網膜に処置をしたり、眼球の形を保持し網膜を内側から支えて いる硝子体を取り除くのですから術前の詳細な検査と術後の安静は必要です。日帰りで の硝子体手術を希望される方や、実際におこなわれている施設もあるようですが、当院 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み硝子体出血」「vitrectomy」「増殖性硝子体網膜症」「硝子体切除術
国試過去問099A010」「108C024」「108D038」「103A052
関連記事手術」「硝子体」「

硝子体出血」

  [★]

vitreous hemorrhage
haemorrhagia corporis vitrei
眼底出血網膜前出血


原因

出典不明


vitrectomy」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a surgical procedure that removes the vitreous humor and replace it with saline solution」

増殖性硝子体網膜症」

  [★]

proliferative vitreoretinopathy, PVR
網膜前後面増殖症 massive periretinal proliferation



硝子体切除術」

  [★]

vitrectomy
硝子体切除


099A010」

  [★]

  • 62歳の男性。3か月前から右眼が見えにくくなり改善しないため来院した。
  • 1年前に右眼の眼底出血を指摘され、内服薬で治療中である。視力は右手動弁(矯正不能)、左0.4(1.2×-2.00D)。
  • 眼圧は右12mmHg、左12mmHg。角膜と水晶体とに異常を認めない。血圧144/72mmHg。HbA1c6.5%(基準4.3~5.8)。
  • 右眼の眼底写真、左眼の眼底写真および右眼の超音波写真 を以下に示す。
  • 右眼の視力回復のための治療として最も適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A009]←[国試_099]→[099A011

108C024」

  [★]

  • 55歳の男性。視力障害を主訴に来院した。 3か月前から左眼の視力低下を自覚していたが、昨日突然見えなくなった。最近 5年は健康診断を受けていない。受診時の矯正視力は右 1.0、左手動弁。左眼は硝子体出血のため眼底が観察できなかった。右眼の眼底写真 (別冊 No.3A)と蛍光眼底造影写真 (別冊 No.3B)を別に示す。左眼には硝子体手術による治療を予定した。
  • 右眼への対応で適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108C023]←[国試_108]→[108C025

108D038」

  [★]

  • 71歳の男性。左眼で物がゆがんで見えることを主訴に来院した。 3か月前に気付いたが回復しないという。矯正視力は右 1.2、左 0.4。左眼の眼底写真 (別冊 No. 20A)と光干渉断層法〈OCT〉の結果 (別冊 No.20B)を別に示す。
  • 左眼の治療法として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D037]←[国試_108]→[108D039

103A052」

  [★]

  • 50歳の男性。眼底検査を勧められ来院した。15年前に糖尿病と診断された。視力は両眼ともに1.2(矯正不能)。眼底に出血が散在し、蛍光眼底造影検査で、両眼の眼底周辺部に広範囲な無血管野と網膜新生血管を認める。
  • 対応として最も適切なのはどれか。
  • a. 経過観察
  • b. 止血薬内服
  • c. 硝子体手術
  • d. 網膜レーザー光凝固
  • e. 副腎皮質ステロイドのテノン嚢下注射
[正答]


※国試ナビ4※ 103A051]←[国試_103]→[103A053

手術」

  [★]

operationsurgeryoperate
機能外科外科学作動操作オペ外科術運用操縦外科手術施行


脳外科


心臓外科

  • ロス手術 Ross手術:小児、若年者の大動脈弁疾患。肺動脈弁で大動脈弁を置換する。


  • ブラロック・タウシグ手術 Blalock-Taussig手術:肺動脈弁閉鎖症など肺動脈流が少なくチアノーゼをきたす疾患において施行される。鎖骨下動脈と肺動脈を吻合して肺動脈血流を確保する手術。動脈血酸素飽和度の改善が期待できる。

消化器

食道


直腸

  • 直腸癌

耳鼻科

婦人科

子宮奇形

産科

  • 頚管縫縮術:頚管無力症に対して


硝子体」

  [★]

vitreous body (KH), hyaloid body
corpus vitreum, corpus vitrei
眼球



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡