気管支鏡検査

出典: meddic

bronchoscopybronchoscopic
気管支鏡気管支鏡検査法



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Haemophilus influenzaeによる気道感染軽快後,気管支洗浄液中好酸球数増加が顕性化したABPAの1例
  • 田中 徹,蛸井 浩行,林 士元,谷田貝 洋平,関根 朗雅,梅津 泰洋,林原 賢治,斎藤 武文
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(6), 491-495, 2011-11-25
  • … 査からH.influenzae感染と診断し,ガレノキサシン(Garenoxacin;GRNX)の投与により改善した.治療前の喀痰白血球分画は好中球99%・好酸球1%であった.感染軽決後,好酸球20%と推移した.左下葉に浸潤影が残存するため気管支鏡検査を実施し,洗浄液の白血球分画は好酸球50%と,一層の好酸球増加が認められた.洗浄液の培養からAspergillus fumigatusが検出され,ABPAの診断に至った.結論.ABPAに細菌が重複感染した際,Th1/Th2細胞型炎症の不均衡(Th1& …
  • NAID 110008896969
  • サルコイドーシスによる気管支ポリープが自然退縮した1例
  • 岩嶋 大介,河口 史恵,佐竹 康臣,伊藤 靖弘,長岡 深雪,小清水 直樹,菅沼 秀基,小林 淳
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(6), 481-485, 2011-11-25
  • … ろぶどう膜炎を指摘された.2007年1月にサルコイドーシス疑いにて当科を紹介受診した.気管支鏡検査を施行したところ,気管支内腔にポリープ状病変を伴うサルコイドーシスと診断された.その後外来にて経過観察され,胸部X線や胸部CTで縦隔・肺門リンパ節腫脹は軽快傾向にあった.同時期に施行された気管支鏡検査にてポリープ状病変も自然退縮していた.結論.当初気管支鏡所見でポリープ状病変を呈 …
  • NAID 110008896967

関連画像

気管支鏡検査準備室前です。気管支鏡検査気管支鏡検査気管支鏡 検査方法気管支鏡(気管支ビデオ 気管支鏡検査


★リンクテーブル★
先読みbronchoscopic
国試過去問105C030」「107B056」「106D044」「099C043」「104B057」「107H035」「101G014」「104A048」「098D017」「099F037」「103I046」「100H040」「101G018」「102A057」「103H027」「106E006」「105A010
拡張検索気管支鏡検査法
関連記事気管」「気管支」「検査」「鏡検」「気管支鏡

bronchoscopic」

  [★]

  • adj.
  • 気管支鏡検査の、気管支鏡の
bronchoscopebronchoscopy

WordNet   license wordnet

「of or relating to an instrument for examining the interior of the bronchi」


105C030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C029]←[国試_105]→[105C031

107B056」

  [★]

  • 次の文を読み、55~57の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。血痰を主訴に来院した。
  • 現病歴:3か月前から咳嗽があり、時々血痰も出現していた。最近血痰の回数が増加したため来院した。
  • 既往歴:55歳時に胆石症で手術。
  • 生活歴:中華料理店に50年間勤務。喫煙は20本/日を48年間。飲酒は日本酒5合/日を40年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長173cm、体重77kg。体温36.6℃。脈拍64/分、整。血圧134/82mmHg。呼吸数18/分。SpO2 93%(room air)。頸部リンパ節を触知しない。心音に異常を認めないが、呼吸音は右上前胸部で減弱している。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球468万、Hb 13.9g/dl、Ht 42%、白血球8,800(桿状核好中球20%、分葉核好中球45%、好酸球1%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球27%)、血小板15万。血液生化学所見:血糖130mg/dl、HbA1c(NGSP)7.4 %(基準4.6~6.2)、総蛋白7.5g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸6.9mg/dl、総コレステロール246mg/dl、トリグリセリド190mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 35IU/l、ALT 28IU/l、LD 198IU/l(基準176~353)、ALP 264IU/l(基準115~359)、γ-GTP 50IU/l(基準8~50)、アミラーゼ98 IU/l(基準37~160)、CK 42IU/l(基準30~140)。CEA 3.5ng/ml(基準5以下)、SCC 9.7ng/ml(基準1.5以下)。CRP1.5mg/dl。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真(別冊No.5A)と胸部造影CT(別冊No.5B)とを別に示す。
  • 診断の過程でまず必要なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107B055]←[国試_107]→[107B057

106D044」

  [★]

  • 69歳の男性。飲食店経営者。人間ドックで胸部エックス線写真の異常陰影を指摘されたため来院した。 58歳から高血圧症のため内服治療中である。喫煙は20本/日を40年間。意識は清明。身長164cm、体重70kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧148/72mmHg。呼吸数12/分。頚部リンパ節と鎖骨上リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球430万、 Hb15.3g/dl、 Ht42%、白血球8,100、血小板20万。血液生化学所見:総蛋白7.9g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、 AST51IU/l、 ALT38IU/l、 LD217IU/l (基準176-353)。免疫学所見: CRP0.lmg/dl。 CEA8.3ng/ml(基準5以下)。肺機能検査所見: %VC92%、 FEV1.0% 75%。心電図に異常を認めない。気管支鏡検査で右B3から擦過細胞診を行いクラスV陽性(腺癌)と判定された。精査の結果、所属リンパ節転移と遠隔転移とを認めなかった。胸部エックス線写真で右上肺野の結節影と左第一肋軟骨の石灰化とを認めた。胸部エックス線写真(別冊No. 16A)と胸部単純CT(別冊No. 16B)とを別に示す。
  • 第一選択になる治療法として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D043]←[国試_106]→[106D045

099C043」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。発熱と咳とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 最近、仕事が忙しくて十分睡眠がとれない状況が続いていた。6日前から咳嗽と喀痰とが出現し徐々に増悪してきた。喀痰は黄色で膿性。3日前からは39℃台の発熱も加わり、全身倦怠感も出現してきた。胸痛と呼吸困難とはなかった。
  • 既往歴 : 40歳時、健康診断で尿糖陽性を指摘されたが放置していた。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重62kg。体温39.2℃。呼吸数24/分。脈拍104/分、整。血圧146/84mmHg。胸部聴診で右下肺野にcoarse cracklesを聴取する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球440万、Hb14.2g/dl、Ht44%、白血球14,500(後骨髄球2%、桿状核好中球20%、分葉核好中球45%、好酸球3%、単球5%、リンパ球25%)。
  • 血清生化学所見:血糖124mg/dl、総蛋白6.6g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST40単位、ALT35単位、LDH350 単位(基準176~353)。CRP15.6mg/dl。胸部エックス線写真を以下に示す。


  • この患者にまず行う検査はどれか。
  • a. 喀痰微生物学検査
  • b. 呼吸機能検査
  • c. 肺動脈造影
  • d. 心エコー検査
  • e. 気管支鏡検査
[正答]


※国試ナビ4※ 099C042]←[国試_099]→[099C044

104B057」

  [★]

  • 次の文を読み、56-58の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。発熱呼吸困難とを主訴に来院した。
  • 現病歴   2か月前から嚥下障害を自覚していたが放置していた。5日前から水分摂取時にむせるようになった。昨日から熱感と呼吸困難とを自覚している。6か月間に8kgの体重減少を認めた。
  • 既往歴・家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識は清明。身長170cm、体重52kg。体温38.9℃。脈拍104/分、整q血圧150/88 mmHg。左下肺野にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 325万、Hb 1O.1g/dl、Ht 30%、白血球 9,800、血小板 37万。血液生化学所見:血糖 88mg/dl、総蛋白 5.6g/dl、アルブミン 2.6g/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 30IU/l、ALT 22IU/l、ALP 198IU/l(基準115-359)、アミラーゼ 138IU/l(基準37-160)。胸部造影CT(別冊No.8A、B、C)を別に示す。


  • 診断法として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B056]←[国試_104]→[104B058

107H035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 32歳の女性。持続する咳嗽を主訴に来院した。
  • 現病歴:2か月前から鼻汁鼻閉とを感じていた。1か月前から咳を自覚するようになり、3週前から咳が増強し、続いている。特に夜間に咳嗽が強い。
  • 既往歴:5歳時にアトピー性皮膚炎を発症。
  • 生活歴:両親と3人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。5か月前からハムスターを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で治療中。
  • 現症:意識は清明。身長160cm、体重50kg。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧126/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 98%(room air)。咽頭粘膜に発赤を認めない。両側の胸部に強制呼出でwheezesを認める。胸部エックス線写真(別冊No.9)を別に示す。
  • 診断のために最も適切な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H034]←[国試_107]→[107H036

101G014」

  [★]

  • 72歳の男性。胸痛、咳および痰を主訴に来院した。2週前から右胸痛があり、次第に増強している。喫煙30本/日を50年間。意識は清明。身長163cm、体重53kg。体温36.0℃。脈拍60/分、整。血圧160/86mmHg。心音に異常を認めない。右肺尖部で呼吸音を聴取できない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球390万、白血球7.300、血小板17万。血清生化学所見:AST36IU/l、ALT24IU/l、LDH283IU/l(基準176~353)。CRP0.2mg/dl。心電図に異常はない。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 次に行う検査はどれか。2つ選べ。
  • a. 喀痰細菌検査
  • b. 気管支鏡検査
  • c. 胸部造影CT
  • d. 肺動脈造影
  • e. 胸腔鏡検査


[正答]
※国試ナビ4※ 101G013]←[国試_101]→[101G015

104A048」

  [★]

  • 78歳の男性。発熱、咳および呼吸困難を主訴に来院した。2日前から咽頭痛と全身倦怠感とを自覚していた。同居している15歳と12歳の孫に4日前から39℃台の発熱があるという。喫煙は25本/日を53年間。意識はやや混濁。体温38.6℃。呼吸数30/分。脈拍108/分、整.血圧100/72mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。呼吸音は減弱している。血液所見:赤血球 480万、Hb 14.5g/dl、Ht 45%、白血球 6,500、血小板24万、CRP 9.0mg/dl。
  • 検査として有用なのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A047]←[国試_104]→[104A049

098D017」

  [★]

  • 65歳の男性。血痰を主訴に来院した。数年前から咳があった。数日前に少量の血痰が出現した。喫煙は30本/日を45年間。身長172cm、体重60kg。胸部の身体所見に異常はない。CEA5ng/ml(基準5以下)、SCC12.0ng/ml(基準1.5以下)。喀痰の結核菌検査と細胞診とは陰性である。胸部エックス線写真と胸部単純CTとに異常を認めない。診断のため最も適切な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098D016]←[国試_098]→[098D018

099F037」

  [★]

  • 75歳の男性。2日前から38℃の発熱、咳嗽および膿性痰が出現し、労作時呼吸困難も強くなったので来院した。慢性肺気腫で通院治療を受けていた。呼吸困難はHugh-Jonesの分類IV度である。胸部エックス線写真に浸潤影を認めない。次に行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099F036]←[国試_099]→[099F038

103I046」

  [★]

  • 45歳の女性。健康診断で胸部異常陰影を指摘され来院した。3か月前から夕方になると物が二重に見えるようになるが翌朝は改善するため放置していた。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを以下に示す。
  • 診断に必要なのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 103I045]←[国試_103]→[103I047

100H040」

  [★]

  • 75歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。慢性肺気腫があり治療中である。2日前から38℃の発熱、咳嗽および膿性痰が出現した。来院時、軽度の意識障害を認める。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は室内気吸入下で88%である。
  • まず行う検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H039]←[国試_100]→[100I001

101G018」

  [★]

  • 1歳6か月の男児。喘鳴を主訴に来院した。3時間前にピーナッツを食べていて、急に咳込んだ。母親が背中を叩いたところ、小さなピーナッツの塊を吐きだして落ち着いた。1時間前から喘鳴が聞こえるようになった。
  • まず行うのはどれか。
  • a. 咳嗽誘発
  • b. 上腹部圧迫
  • c. 胸部単純CT
  • d. 気管支鏡検査
  • e. 胸部エックス線撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 101G017]←[国試_101]→[101G019

102A057」

  [★]

  • 65歳の男性。咳漱を主訴に来院した。体温36.6℃、呼吸数16/分。脈拍64/分、整。血圧126/74mmHgを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A056]←[国試_102]→[102A058

103H027」

  [★]

  • 48歳の男性。日中の眠気、集中力減退および倦怠感を主訴に来院した。いびきを妻から指摘されている。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H026]←[国試_103]→[103H028

106E006」

  [★]

  • 気管支鏡検査の際に必要でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E005]←[国試_106]→[106E007

105A010」

  [★]

  • 肺癌の臨床病期の決定に関係しない検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A009]←[国試_105]→[105A011

気管支鏡検査法」

  [★]

bronchoscopy
気管支鏡気管支鏡検査


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


鏡検」

  [★]

microscopic examinationmicroscopymicroscopic test
検鏡顕微鏡顕微鏡観察光学顕微鏡法顕微鏡法顕微法顕微鏡検査


気管支鏡」

  [★]

bronchoscope
気管支ファイバースコープ bronchofiberscope BF
電子内視鏡





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡