103H027

  • 48歳の男性。日中の眠気、集中力減退および倦怠感を主訴に来院した。いびきを妻から指摘されている。
  • まず行うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103H026]←[国試_103]→[103H028



★リンクテーブル★
国試過去問103H026」「103H028

103H026」

  [★]

  • 67歳の男性。1時間前からの胸痛を主訴に来院した。意識は清明。呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧104/68mmHg。心電図胸部誘導ではV2からV6にST上昇、心エコー検査では前壁の壁運動低下、血液検査ではトロポニンTの高値を認めた。診療開始45分後に心室細動となり、二次救命処置を施行したが心拍は再開せず、家族の前で死亡を確認した。次に行うのはどれか。
  • a. 死亡診断書の作成
  • b. 死体検案書の作成
  • c. 警察署への届出
  • d. 裁判所への届出
  • e. 保健所への届出

[正答]


※国試ナビ4※ 103H025]←[国試_103]→[103H027

103H028」

  [★]

  • 70歳の男性。頭痛を主訴に来院した。2か月前に飲酒後転倒し前頭部を打撲した。2週前から頭痛があり、左手足の脱力が徐々に進行している。意識は清明。軽度の左不全片麻痺を認める。頭部CTを以下に示す。処置として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103H027]←[国試_103]→[103H029