歩行障害

出典: meddic

gait disturbancegait disorderabnormal gaitgait abnormality
異常歩行歩行異常歩行


gait disturbance

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/14 17:35:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 連載第3回 RA患者の歩行障害に対する理学療法(第3シリーズ「関節リウマチ(RA)-最新の動向と理学療法介入-」,臨床入門講座『根本からわかりやすく学ぶ』)
  • <総説>脳虚血における脳白質傷害
  • 中尾 慎一
  • 近畿大学医学雑誌 36(1), 3-7, 2011-3
  • … 神経軸索やグリアで構成される脳白質の病変は加齢と共に進行し,認知機能障害や歩行障害やなどの臨床徴候との強い関連性がある.白質傷害は慢性の脳低灌流が原因であるが,近年,急性の脳虚血でも白質保護の重要性が認識されてきている.われわれは,脳白質病変を主体とするラット脳慢性低灌流モデルを用いて,過換気による低二酸化炭素血症が線条体の白質病変増悪を引き起こすことを見出し,長期の …
  • NAID 120003002902

関連リンク

歩行障害にはどんな種類があるの 前の項で述べたいろいろな機能やそれを司る主な 部分が障害されると、歩行 の障害が出現してきます。最もわかりやすい障害としては、 膝や足の関節の 変形です。変形してしまうと歩行が困難になります。また、下肢の骨折 を ...
歩行障害 (歩行困難/歩行失調) ... 歩行困難, =1人でスムーズに歩けない。「歩行失調 」 (副作用で歩行障害ー歩行失調ーを起こす医薬品). 「コントール」「ジプレキサ」「 セルシン」「セレネース」「ゾビラックス」「デパス」「ドラール」「ベンザリン」「リーゼ」「 ...

関連画像

歩行障害改善効果|臨床成績 index.iapp.jpg歩行障害 - Gait abnormalityハンカチ現象症の歩行障害とは??歩行障害 歩行障害ハンドブック


★リンクテーブル★
国試過去問106H034」「104A042」「108G059」「104A049」「107E055」「099C002」「096D047」「107G038」「100G074
リンク元水頭症」「abnormal gait」「歩行異常」「gait disorder」「gait disturbance
拡張検索神経性歩行障害」「ヒステリー性歩行障害
関連記事歩行」「障害」「

106H034」

  [★]

  • 次の文を読み、 33、 34の問いに答えよ。
  • 74歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴:昨夕37.4℃の発熱があり、咳と痰とを伴っていた。市販の総合感冒薬を内服したが改善しなかった。本日になって体温が38.4℃に上昇し、呼吸困難が出現してトイレまで歩くのもつらくなったため、救急車を要請した。
  • 既往歴:生来健康で、昨年の特定健康診査では異常を指摘されていない。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は日本酒1合/日を50年間。
  • 家族歴:妹が胃癌で治療中。
  • 現 症:意識は清明。体温38.1℃。脈拍112/分、整。血圧146/92mmHg。呼吸数28/分。 SpO2 96%(2L/分酸素投与下)。心音に異常を認めない。座位で右前胸部の下方と右背部の下方にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球380万、 Hb 11.9g/dL、 Ht 38%、白血球 11,000(桿状核好中球25%、分葉核好中球51%、好酸球1%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球18%)、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白7.3g/dL、アルブミン3.8g/dL、尿素窒素21mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、 AST28IU/L、 ALT 16IU/L、LD 370IU/L(基準176-353)。 CRP 19mg/dL。喀痰Gram染色で、 Gram陽性双球菌の白血球による貪食像を多数認める。胸部エックス線写真で右下肺野に広範な区域性の浸潤影を認める。
  • 検査終了後、この患者のプロブレムリストを作成するにあたり、プロブレムとして最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H033]←[国試_106]→[106H035

104A042」

  [★]

  • 62歳の男性。四肢のしびれと歩行障害とを主訴に妻に伴われて来院した。4年前から手の動かしにくさとしびれ感とを感じていた。1年前から階段を下りるときに手すりが必要になったが、医療機関を受診しなかった。昨日、敷居に足が引っかかりよろめいてから四肢のしびれが強くなり、自力で歩けなくなった。健康診断で軽度の糖尿病を指摘されたことがある。家族歴と生活歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長167cm、体重67kg。坐位はとれるが、介助しても立位は不可能。徒手筋力テストでは上下肢ともほぼ3(fair)である。深部腱反射は上腕二頭筋以下すべて亢進し、Babinski徴候は陽性である。四肢に末梢優位の表在感覚低下を認める。明らかな膀胱・直腸障害はない。頚椎エックス線写真の側面像(別冊No、19A)と頚椎単純CT(別冊No、19B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A041]←[国試_104]→[104A043

108G059」

  [★]

  • 81歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。自宅の玄関の前に座り込んでいるのを隣人が見つけて病院に連れてきた。意識は清明。痩せて四肢の筋力低下が著しい以外は身体診察上特に異常は認めなかった。自力で伝い歩きができるものの歩行は不安定である。半年前に妻を亡くしてから外出することがなくなり、自宅で寝たり起きたりの生活をしていたという。食事は業者の配食サービスを利用していた。身体障害者手帳は持っておらず、要介護認定を受けたことはない。子供が一人遠方で暮らしているが連絡がとれない。診療と並行して、今後の生活支援の必要性について患者と相談した。
  • 生活支援を受けるための連絡先として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G058]←[国試_108]→[108G060

104A049」

  [★]

  • 25歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。昨夜、夕食後2時間卓球をして就寝した。今朝から四肢がだるく、力が入らないことに気付いた。その後、次第に筋力低下倦怠感とが強くなり、歩行不能となった。10か月前にも会社のスポーツ大会があった日の深夜に同様の症状があったが、翌日の午前中には回復していた。意識は清明。脈拍104/分、整。腱反射は消失している。感覚障害はない。食事はきちんととっているが、体重は1年で6kg減少している。血液生化学所見:総コレステロール 120mg/dl、AST 25IU/l、ALT 16IU/l、CK 76IU/l(基準30-140)。Na 145mEq/l、K 2.1 mEq/l、Cl 105 mEq/l。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A048]←[国試_104]→[104A050

107E055」

  [★]

  • 70歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。10年前に右手の振戦が出現し、Parkinson病と診断され、以後内服薬治療を継続している。次第に体の自由が利かなくなった。ここ数年体重の変化はなかった。意識は清明で認知障害はない。眼球運動は正常で仮面様顔貌と構語障害とがあり小声で早口である。四肢では特に右上肢で中等度の筋強剛と静止時振戦とを認める。起立は自力でできるが、姿勢反射障害があり突進現象がみられる。Romberg徴候は陰性で感覚障害はなく、腱反射は正常である。
  • 現時点のリハビリテーションで最も有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E054]←[国試_107]→[107E056

099C002」

  [★]

  • 28歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。兄も歩行障害があり、脊髄小脳変性症と診断されている。自分の症状がよく似ており、その病気ではないかと心配している。診察で、小脳性運動失調が認められ、遺伝性小脳変性症と診断された。
  • 医師の対応として適切なのはどれか。
  • a. 遺伝子診断を受けるように強く勧める。
  • b. 疾患について患者が理解するまでよく説明する。
  • c. 職場の上司に診断名を知らせる。
  • d. 看護師ソーシャルワーカーの支援を求めない。
  • e. 同意を得ずに家系調査を行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C001]←[国試_099]→[099C003

096D047」

  [★]

  • 48歳の女性。2、3年前から歩行障害が出現し、最近、悪化したため来院した。意識は清明で、知的機能低下はない。構音障害、眼振、運動失調および四肢の感覚鈍麻と筋力低下とを認める。頭頚部MRIのT1強調矢状断像を以下に示す。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096D046]←[国試_096]→[096D048

107G038」

  [★]

  • 歩行障害のため普段は車椅子で職場へ通勤している人が、車椅子が故障したため仕事を休んだ。この人の生活機能を国際生活機能分類で評価した場合、普段とは評価が異なる項目はどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G037]←[国試_107]→[107G039

100G074」

  [★]

  • 末梢性眩暈の発作時に出現しないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G073]←[国試_100]→[100G075

水頭症」

  [★]

hydro cephalus
hydrocephalus, hydrocephaly
水頭

分類

発症の起点となった時期

直接の原因

脳圧

機序

  • 1. 髄液の過剰産生 →(稀)脈絡叢乳頭腫
  • 2. 脳室、くも膜下腔の通過障害
  • 3. 上矢状静脈洞への髄液の吸収障害

病因

症候

  • 新生児・乳児:頭皮静脈の怒張、落陽現象
  • 小児・成人:頭痛、嘔吐、うっ血乳頭などの脳圧亢進症状
  • 正常圧水頭症認知症 dementia、歩行障害 gait disturbance、尿失禁 urinary incontinence → D U G

画像

  • 中頭蓋窩の側脳室が見える



abnormal gait」

  [★]

gait abnormalitygait disordergait disturbance

歩行異常」

  [★]

gait disturbancegait disorderabnormal gait
異常歩行歩行障害

gait disorder」

  [★]

abnormal gaitgait abnormalitygait disturbance

gait disturbance」

  [★]

abnormal gaitgait abnormalitygait disorder


神経性歩行障害」

  [★]

neurologic gait disorder
加速歩行不安定歩行引きずり歩行痙性歩行ヒステリー性歩行障害前傾歩行


ヒステリー性歩行障害」

  [★]

hysterical gait
加速歩行不安定歩行引きずり歩行痙性歩行前傾歩行神経性歩行障害


歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡