有棘細胞癌

出典: meddic

squamous cell carcinoma, SCC, prickle cell carcinoma
棘細胞癌 spinous cell carcinoma spinalioma
carcinoma spinocellulare
皮膚癌扁平上皮癌有棘細胞


概念

  • 先行病変の上に小丘疹~結節を生じる。
  • 表皮基底膜を破壊し、浸潤性に肥厚した表皮の内部に異常ケラノサイトを認める。
  • 光線角化症(紫外線刺激によって、特に基底層にケラノサイトが悪性化し表皮内で増殖)が悪化してなる。
  • 中年以降の男性に好発し、皮膚悪性腫瘍の50%。

リスクファクター

  • 紫外線照射
  • イオン化放射線
  • 免疫抑制
  • 慢性炎症
  • ヒ素の接触/暴露
  • 遺伝子変異:例えば、腫瘍抑制遺伝子のp53の変異など
  • 家族歴
  • 遺伝性疾患

前癌病変

参考1 NDE.392


病理

顔面
[show details]

徴候

  • 皮膚症状:潰瘍・壊死を伴う結節状病変
熱傷瘢痕からの発生
[show details]

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and risk factors for cutaneous squamous cell carcinoma (SCC) - uptodate [1]

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/28 17:36:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 顆粒球コロニー刺激因子産生有棘細胞癌の1例
  • 高坂 卓馬,原 武,間所 直樹 [他]
  • 皮膚科の臨床 54(7), 1017-1020, 2012-07
  • NAID 40019379688
  • 症例 足白癬と診断され治療されていた趾間部有棘細胞癌の1例
  • 有棘細胞癌に関するクリニカル・クエッションを作成して (特集 『皮膚軟部腫瘍』ガイドライン作成にあたっての私の提言)
  • 深水 秀一,冨田 浩一,永松 将吾 [他]
  • 形成外科 55(7), 727-735, 2012-07
  • NAID 40019376944
  • ソラフェニブ投与中の患者に生じた多発性有棘細胞癌の1例
  • 高塚 純子,竹之内 辰也,北村 康男
  • 日本皮膚科学会雑誌 122(7), 1773-1776, 2012-07
  • NAID 40019310446

関連リンク

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん、squamous cell carcinoma; SCC)は皮膚癌の一 つである。表皮細胞(理論的には、増殖能力を失った細胞である有棘細胞ではなく、表皮 の幹細胞である基底細胞)から発生する。癌細胞自体は、有棘細胞に類似した形態に ...
2007年9月3日 ... 有棘細胞がんは、表皮の中間層を占める有棘層を構成する細胞から発生するがんで、 日本人に多い皮膚がんのひとつです。正確な年間発生数は不明ですが、1997年に国立 がんセンター(現国立がん研究センター)が中心となって行った全国の ...
皮膚がん(有棘細胞がん/基底細胞がん/パジェット病)とはどんな病気か. 皮膚は 表皮(上皮)と真皮からなり、真皮では血管や神経など、さらには汗(汗腺)、あぶら(脂 腺)や毛(毛包(もうほう))などの上皮成分(付属器)が入り込んだ複雑な構造になってい ます ...

関連画像

 棘細胞癌1 / 写真右:有棘細胞有棘細胞癌70歳男性の頬に生じた有棘細胞 有棘細胞癌 - Squamous cell carcinoma有棘細胞癌。皮膚の癌。有棘細胞癌画像有棘細胞癌 瘢痕)上に生じた有棘細胞癌


★リンクテーブル★
先読みSCC
国試過去問105A041」「104D056」「096A006」「096F016」「101F011」「105D004
リンク元熱傷」「ボーエン病」「下肢潰瘍」「光線角化症」「皮膚の悪性腫瘍
拡張検索皮膚有棘細胞癌
関連記事」「有棘細胞」「有棘」「細胞

SCC」

  [★]


105A041」

  [★]

  • 92歳の女性。左頬部の結節を主訴に来院した。 5年前から同部に「赤い皮疹」があったが受診しなかった。主訴である結節は、この「赤い皮疹」が発生母地になっていると考えられた。左頬部の写真(別冊No.13A)と生検組織のH-E染色標本(別冊No. 13B)とを別に示す。
  • 「赤い皮疹」の診断名として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A040]←[国試_105]→[105A042

104D056」

  [★]

  • 68歳の女性。右下肢の潰瘍を主訴に来院した。60年前から右下肢に熱傷後の瘢痕があり、8か月前から同部が潰瘍化してきた。右膝窩の写真(別冊No.20)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D055]←[国試_104]→[104D057

096A006」

  [★]

  • 13歳の女子。出生時から頭頂部に脱毛斑が存在していた。最近表面がザラザラしてきたため来院した。頭頂部の写真を以下に示す。
  • この疾患に合併する頻度の高いのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A005]←[国試_096]→[096A007

096F016」

  [★]

  • 72歳の男性。3年前から左足底に皮疹が出現し、徐々に拡大してきたため来院した。左足底の写真と病理組織H-E染色標本とを以下に示す。考えられる疾患はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096F015]←[国試_096]→[096F017

101F011」

  [★]

  • 疾患と発生母地の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F010]←[国試_101]→[101F012

105D004」

  [★]

  • 疾患と発生母地の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D003]←[国試_105]→[105D005

熱傷」

  [★]

burn, burn injury, thermal injury, scald
やけど火傷
5の法則9の法則皮膚ショック

概念

  • 高温による生体の組織損傷

分類

  • 損傷深度により分類する
  • 第1度:表皮内 (表皮熱傷:紅斑、2-3日で治癒)
  • 第2度:真皮内 (真皮浅層熱傷:疼痛、水疱形成、水疱底赤色、1-2週間で治癒。真皮深層熱傷:知覚鈍麻、水疱形成△、水疱底白色、3-4週間で治癒。)
  • 第3度:皮膚全層(皮下熱傷:壊死。白~褐色。知覚無し。一ヶ月以上)
  • 第4度:炭化

重症度

  • burn index = II度熱傷面積 + 0.5 x III度熱傷面積
10-15%を超えた場合、重症熱傷として全身管理が必要になる。

Artの基準

病態

  • 創傷からの体液の漏出
  • 創傷の易感染性

検査

合併症

  • (遠隔期に熱傷瘢痕から)有棘細胞癌

治療

  • 1. 気道管理:
  • 気道熱傷の場合には気管挿管。
  • 気管支痙攣がある場合には気管拡張薬が有用。副腎皮質コルチコイドは感染リスクを上げるために使用すべきでない。(参考1)
  • 2. 補液:初期治療として必須。
  • 初期治療における輸液量の決定法:Evans法、Brook法、Baxter法など
  • Parklandの公式(=Baxter法)
4ml x 熱傷面積 (%) x 体重 (kg) = 補液量 (ml/day)
最初の8時間で1/2を、次の16時間で1/2を輸液する
  • 3. 冷却
  • 4. 疼痛管理

参考

  • 1. [charged] Emergency care of moderate and severe thermal burns in adults - uptodate [2]
  • 治療
  • 初期治療には輸液が大切。だけど、入れ過ぎも問題だからちゃんと計算して輸液しろ。なにが問題って、血圧上昇、腹部、四肢、眼窩のcompartment syndromeが起こる。
  • 最初は晶質液をいれる。高Cl性アシドーシスのリスクがあるから乳酸リンゲルがよい。
  • 治療の初期段階で膠質液や高張生食を使うかどうかについては議論中。膠質液(アルブミン、デキストラン)は非常に高いし、生命予後を改善しないから推奨されない。
  • 2. 「血液製剤の使用指針」(改定版) 平成17年9月
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5tekisei3b.html
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5tekisei3b01.html
  • 血漿の不適切な使用の一つに「DICを伴わない熱傷の治療」がある。DICに至るような熱傷ならば使って良いと考えられる。




ボーエン病」

  [★]

Bowen's disease, Bowen disease
ボウエン病 Bowen病表皮内有棘細胞癌 squamous cell carcinomain situ SCC in situ、precancerous dermatosis
morbus Bowen、有棘細胞

皮膚癌の分類

表皮系腫瘍

有棘細胞/基底細胞

有棘細胞

基底細胞

概念

  • 有棘細胞癌の表皮内病変であり、前癌病変である。

疫学

  • 高齢者に多い。

病因

  • ヒ素、パピローマウイルス(外陰の場合)
  • 慢性ヒ素中毒 → 全身に多発

病理

  • 表皮全層性に核異型の強い異型ケラチノサイトが密に乱雑に増殖
  • 多核巨細胞(clumping cell)、異常角化細胞、異常核分裂像

皮膚所見

  • 境界明瞭な直径数cm程度の紅褐色~黒褐色局面(NDE.395)

治療

  • 外科的切除(第一選択)、抗腫瘍薬軟膏外用(5-FU、ブレオマイシン)、凍結療法

予後

  • 放置により基底膜から真皮に進入し(有棘細胞癌)、転移する恐れがある。


参考

  • 1. 写真 - 外観
[display]http://4.bp.blogspot.com/_iCcaHsxVvTs/SG_W6-prdLI/AAAAAAAAAXs/ugS3CJJtQzo/s400/bowens%2Bdisease.gif
  • 2. 病理写真
[display]http://www.dermpedia.org/files/images/bowen_fig5.jpg

国試



下肢潰瘍」

  [★]

leg ulcer
下腿潰瘍

分類

  • 動脈性潰瘍:虚血性が原因なので治療は末梢血行の改善がfirst
  • 静脈性潰瘍:中年女性、立ち仕事が多い者に後発。下腿内側>下腿外側。
  • 神経原性潰瘍:感覚麻痺によるもの
  • 糖尿病性潰瘍
  • 中枢神経系の疾患に基づく麻痺(脳卒中、脊髄損傷、二分脊椎症)
  • ハンセン氏病
  • 感染症
  • 膠原病性潰瘍
  • その他

光線角化症」

  [★]

actinic keratosis
光線性角化症日光角化症 solar keratosis日光性角化症老人性角化症 senile keratosis老人性角化腫 keratoma senile
有棘細胞癌老人性角化症慢性光線皮膚症
[show details]


概念

  • 有棘細胞癌の前癌状態
  • 高齢者の露出部(顔)
  • 深層に浸潤して有棘細胞癌となる
[show details]

病理

  • 角化細胞の密度が高いが、全層性の極性は乱れていない。 ⇔ ボーエン病ならば異型多核巨細胞、個細胞角化、細胞分裂像がみられる。有棘細胞癌ならば、基底膜を超えての浸潤が見られる。

参考

  • 1.
[display]http://www.aocd.org/skin/dermatologic_diseases/actinic_keratosis.html

国試


皮膚の悪性腫瘍」

  [★]

良性

悪性

  • 神経外胚葉系

皮膚有棘細胞癌」

  [★]

squamous cell carcinoma of skin

癌」

  [★]

cancer
悪性腫瘍


種類

  • 癌腫(carcinoma):上皮性
  • 肉腫(sarcoma):間葉系
  • carcinoma:腺癌(adenocarcinma)、扁平上皮癌(squamous cell carcinoma)、移行上皮癌(transitional cell carcinoma)
  • sarcoma:骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫、脂肪肉腫、線維肉腫

Neoplasm Causes Effect
Small cell lung carcinoma ACTH or ACTH-like peptide Cushing’s syndrome
Small cell lung carcinoma and intracranial neoplasms ADH SIADH
Squamous cell lung carcinoma, renal cell carcinoma, breast carcinoma, multiple myeloma, and bone metastasis (lysed bone) PTH-related peptide, TGF-β, TNF-α, IL-1 Hypercalcemia
Renal cell carcinoma, hemangioblastoma Erythropoietin Polycythemia
Thymoma, small cell lung carcinoma Antibodies against presynaptic Ca2+ channels at neuromuscular junction Lambert-Eaton syndrome (muscle weakness)
Leukemias and lymphomas Hyperuricemia due to excess nucleic acid turnover (i.e., cytotoxic therapy) Gout, urate nephropathy
  • 最新癌統計
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/pub/statistics01.html
●2005年の死亡数が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 肝臓 結腸 膵臓 結腸と直腸を合わせた大腸は4位
女性 結腸 肝臓 乳房 結腸と直腸を合わせた大腸は1位
男女計 肝臓 結腸 膵臓 結腸と直腸を合わせた大腸は3位
 
●2001年の罹患数が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 結腸 肝臓 前立腺 結腸と直腸を合わせた大腸は2位
女性 乳房*1 結腸 子宮*1 結腸と直腸を合わせた大腸は1位
男女計 結腸 乳房*1 肝臓 結腸と直腸を合わせた大腸は2位
*1上皮内がんを含む。


癌の素因となる遺伝子

HIM.494
Table 79-1 Cancer Predisposition Syndromes and Associated Genes
Syndrome Gene Chromosome Inheritance Tumors
ataxia telangiectasia ATM  11q22-q23 AR breast cancer
autoimmune lymphoproliferative syndrome FAS 10q24 AD lymphomas
FASL 1q23  
Bloom syndrome BLM  15q26.1 AR cancer of all types
Cowden syndrome PTEN  10q23 AD breast, thyroid
familial adenomatous polyposis APC  5q21 AD intestinal adenoma, colorectal cancer
familial melanoma p16INK4  9p21 AD melanoma, pancreatic cancer
familial Wilms tumor WT1  11p13 AD pediatric kidney cancer
hereditary breast/ovarian cancer BRCA1 17q21 AD breast, ovarian, colon, prostate
BRCA2 13q12.3  
hereditary diffuse gastric cancer CDH1  16q22 AD stomach cancers
hereditary multiple exostoses EXT1 8q24 AD exostoses, chondrosarcoma
EXT2 11p11-12  
hereditary prostate cancer HPC1  1q24-25 AD prostate carcinoma
hereditary retinoblastoma RB1  13q14.2 AD retinoblastoma, osteosarcoma
hereditary nonpolyposis colon cancer (HNPCC) MSH2 2p16 AD colon, endometrial, ovarian, stomach, small bowel, ureter carcinoma
MLH1 3p21.3  
MSH6 2p16  
PMS2 7p22  
hereditary papillary renal carcinoma MET  7q31 AD papillary renal tumor
juvenile polyposis SMAD4  18q21 AD gastrointestinal, pancreatic cancers
Li-Fraumeni TP53  17p13.1 AD sarcoma, breast cancer
multiple endocrine neoplasia type 1 MEN1  11q13 AD parathyroid, endocrine, pancreas, and pituitary
multiple endocrine neoplasia type 2a RET  10q11.2 AD medullary thyroid carcinoma, pheochromocytoma
neurofibromatosis type 1 NF1  17q11.2 AD neurofibroma, neurofibrosarcoma, brain tumor
neurofibromatosis type 2 NF2  22q12.2 AD vestibular schwannoma, meningioma, spine
nevoid basal cell carcinoma syndrome (Gorlin's syndrome) PTCH  9q22.3 AD basal cell carcinoma, medulloblastoma, jaw cysts
tuberous sclerosis TSC1 9q34 AD angiofibroma, renal angiomyolipoma
TSC2 16p13.3  
von Hippel–Lindau VHL  3p25-26 AD kidney, cerebellum, pheochromocytoma
癌遺伝子癌抑制遺伝子

癌の危険因子

生活習慣病#生活習慣病などのリスクファクターを改変
疾患 危険因子 防御因子
悪性腫瘍 胃癌 塩辛い食品、喫煙、くん製製品、ニトロソアミン土壌、腸上皮化生Helicobacter pyroli ビタミンC、野菜、果実
食道癌 喫煙飲酒、熱い飲食物 野菜、果実
結腸癌 高脂肪食、肉食、低い身体活動、腸内細菌叢の変化、遺伝(家族性大腸腺腫症)  
肝癌 HBVキャリア・HCVキャリア、アフラトキシン住血吸虫飲酒  
肺癌 喫煙(特に扁平上皮癌)、大気汚染、職業的暴露(石綿(扁平上皮癌悪性中皮腫)、クロム) 野菜、果実
膵癌 高脂肪食喫煙  
口腔癌 喫煙(口唇・舌-パイプ)、ビンロウ樹の実(口腔)、飲酒  
咽頭癌 EBウイルス(上咽頭癌)、飲酒  
喉頭癌 喫煙男性アルコール  
乳癌 高年初産、乳癌の家族歴、肥満、未婚で妊娠回数少ない、無授乳、脂肪の過剰摂取、低年齢初経、高年齢閉経 母乳授乳
子宮頚癌 初交年齢若い、早婚、多産、性交回数が多い(売春)、貧困、不潔]、HSV-2HPV流産、人工妊娠中絶回数が多い  
子宮体癌 肥満糖尿病ピルエストロゲン常用、未婚、妊娠回数少ない、乳癌後のタモキシフエン内服  
膀胱癌 喫煙鎮痛剤乱用、ビルハルツ住血吸虫サッカリン防腐剤  
皮膚癌 日光(紫外線)、ヒ素(Bowen病)  
白血病 放射線ベンゼン、地域集積性(ATL)、ダウン症(小児白血病)  
骨腫瘍 電離放射線  
甲状腺癌 ヨード欠乏または過剰  


有棘細胞」

  [★]

prickle cell, spinous cell
表皮有棘層


参考

[display]http://www.histol.chuvashia.com/images/epithelia/epith-10.jpg
[display]http://www.histol.chuvashia.com/images/skin/skin-01.jpg


有棘」

  [★]

pricklespinyspinate
棘状


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡