101H020

  • 34歳の女性。乾性咳嗽と呼吸困難とを主訴に来院した。2年前から梅雨明けの頃に同様の症状が出現していたが、今回は息苦しさが強くなった。意識は清明。体温37.5℃。脈拍84/分、整。血圧110/72mmHg。赤沈42mm/1時間。血清生化学所見:総蛋白7.8g/dl、γ-グロブリン34.3%、IgG 2,480mg/dl(基準960~1,960)。ツベルクリン反応陰性。Trichosporon asahiiに対する沈降反応とリンパ球刺激試験とが陽性である。
  • Gell & Coombs分類でのアレルギー反応型はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 101H019]←[国試_101]→[101H021



★リンクテーブル★
国試過去問101H021」「101H019

101H021」

  [★]

  • 53歳の女性。健康診査で高脂血症を指摘されて来院した。喫煙習慣と飲酒習慣とはない。父が脳卒中で死亡している。身長160cm、体重67kg、腹囲86cm。脈拍76/分、整。血圧142/90mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:空腹時血糖128mg/dl、総コレステロール246mg/dl、LDL-コレステロール159mg/dl(基準60~140)、HDL-コレステロール54mg/dl、トリグリセライド156mg/dl。心電図では上室性期外収縮が散発している。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 生活指導
  • b. 3か月後の血清生化学検査
  • c. 血糖降下薬の投与
  • d. スタチン系薬の投与
  • e. フイブラート系薬の投与

[正答]


※国試ナビ4※ 101H020]←[国試_101]→[101H022

101H019」

  [★]

  • 64歳の男性。発熱、咳および痰が4日前に出現し、市販の感冒薬を服用したが改善しないことを主訴に来院した。体温39.2℃。呼吸数30/分。脈拍108/分、整。血圧100/86mmHg。胸部では右背部でcoarse cracklesを聴取する。胸部エックス線写真で右中肺野に浸潤影を認める。喀痰のGram染色標本を以下に示す。起因菌はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101H018]←[国試_101]→[101H020