101H018

  • 生後0日の新生児。在胎39週3日、仮死なく出生した。身長43cm、体重2,010g、頭囲28cm、胸囲30cm。外表奇形は認めない。体幹と四肢とに点状出血斑を認める。眼底に異常は認めない。血液所見:赤血球600万、Hb19.0g/dl、白血球11,000、血小板7.3万。血清生化学所見:IgG1,900mg/dl(基準960~1,560)、IgA5mg/dl(基準0~10)、IgM65mg/dl(基準0~20)、AST135IU/l、ALT1201U/l、LDH1,200IU/l(基準270~480)。頭部単純CTを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 101H017]←[国試_101]→[101H019



★リンクテーブル★
国試過去問101H017」「101H019

101H017」

  [★]

  • 29歳の妊婦。妊娠32週。下腿に軽度のむくみがある。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧132/80mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血(-)。電子部品の製品点検作業に従事しており、立位作業や運搬作業も多い。妊娠に伴う就労上の配慮を求めたいので、事業主に提出する意見書を作成して欲しいとの要望がある。
  • 事業主に義務として考慮することを要求できないのはどれか。
  • a. 休日労働の制限
  • b. 労働時間の短縮
  • c. 深夜労働の制限
  • d. 軽易な作業への転換
  • e. 減少する賃金の補填

[正答]


※国試ナビ4※ 101H016]←[国試_101]→[101H018

101H019」

  [★]

  • 64歳の男性。発熱、咳および痰が4日前に出現し、市販の感冒薬を服用したが改善しないことを主訴に来院した。体温39.2℃。呼吸数30/分。脈拍108/分、整。血圧100/86mmHg。胸部では右背部でcoarse cracklesを聴取する。胸部エックス線写真で右中肺野に浸潤影を認める。喀痰のGram染色標本を以下に示す。起因菌はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101H018]←[国試_101]→[101H020