100F010

  • 12歳の男児。遷延する発熱を主訴に来院した。1歳時に心室中隔欠損症の根治術を受けたが残存短絡がある。2週前に扁桃摘出術を受けた。5日前から夕方になると39℃以上の発熱を認める。食思不振と嘔気とがある。体温38.2℃。呼吸数30/分。脈拍100/分、整。四肢に点状出血を認める。胸骨第3肋間左縁に2/6度の全収縮期雑音を聴取する。腹部は平坦、軟。肝を右肋骨弓下に3cm、脾を左肋骨弓下に3cm触れる。血液所見:赤沈68mm/1時間、赤血球352万、Hb11.0g/dl、血球22,000(桿状核好中球12%、分葉核好中球64%、好酸球3%、単球5%、リンパ球16%)、血小板12万。CRP12.0mg/dl。診断に必要な検査はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F009]←[国試_100]→[100F011



★リンクテーブル★
国試過去問100F009」「100F011

100F009」

  [★]

  • 50歳の女性。口腔内のびらんと体幹の水疱、びらんとを主訴に来院した。3か月前から口腔内に難治性のびらんが生じ、2か月前から体幹に水疱とびらんとを認めるようになった。入院後、副腎皮質ステロイド薬(1mg/㎏/日)を2か月間投与したが効果がなかった。2週前から収縮期血圧230mmHg、空腹時血糖350mg/dlで、尿糖が強陽性となった。入院時の胸腹部の写真と皮膚生検H-E染色標本とを以下に示す。現時点での対応として適切なのはどれか。
  • a. 血漿交換
  • b. PUVA療法
  • c. 抗菌薬静注
  • d. レチノイド内服
  • e. 副腎皮質ステロイド薬の即時投与中止


[正答]


※国試ナビ4※ 100F008]←[国試_100]→[100F010

100F011」

  [★]

  • 62歳の男性。2週前から左眼の像のゆがみを自覚し、5日前から視力が低下したため来院した。視力は右1.2(矯正不能)、左0.04(矯正不能)である。このときの左眼の眼底写真を以下に示す。出血の原因はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F010]←[国試_100]→[100F012