100A058

  • 48歳の男性。洗顔時に左の眼が閉じないことを主訴に来院した。4日前から左耳介後部に鈍い痛みがあり、左外耳道に水疱を認める。体幹と四肢とに異常は認めない。
  • みられるのはどれか。


  • a. 左前額のしわ寄せ困難
  • b. 左眼の散瞳
  • c. 左顔面の感覚低下
  • d. 舌の左方偏位
  • e. 右へのカーテン徴候

[正答]


※国試ナビ4※ 100A057]←[国試_100]→[100A059



★リンクテーブル★
国試過去問100A057」「100A059
リンク元ラムゼイ・ハント症候群

100A057」

  [★]

  • 28歳の女性。悪心、嘔吐および蕁麻疹を主訴に来院した。昨夜青みの魚を食べた後、悪心と嘔吐とが出現し、全身に蕁麻疹も出現した。意識は清明。体温37.2℃、脈拍68/分、整。血圧120/60mmHg。胸部に異常はない。腹部は軽度膨隆し、右肋骨弓下に圧痛を認める。全身に小豆大の膨疹を認め、一部癒合している。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に異常はない。糞便検査:潜血(-)。血液所見:赤沈18mm/1時間、赤血球400万、Hb12.6g/dl、白血球8,600(好中球59%、好酸球4%、好塩基球1%、単球10%、リンパ球26%)、血小板39万。血清生化学所見:総蛋白7.9g/dl、尿素窒素9mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST12単位、ALT6単位。CRP0.5mg/dl。
  • この患者の治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100A056]←[国試_100]→[100A058

100A059」

  [★]

  • 63歳の女性。嚥下時の前胸部違和感を主訴に来院した。糖尿病と悪性リンパ腫とで治療中である。食道内視鏡写真を以下に示す。病原体として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A058]←[国試_100]→[100A060

ラムゼイ・ハント症候群」

  [★]

耳鼻咽喉科学

Ramsay Hunt syndrome, Ramsay-Hunt syndrome
(国試)Ramsay-Hunt症候群 (国試)Ramsay Hunt症候群ハント症候群 Hunt syndrome
水痘帯状疱疹水痘・帯状疱疹ウイルス


定義

  • 外耳道、耳介周辺の帯状疱疹に、顔面神経麻痺、耳鳴、難聴、めまいなどのCNVII, CNIIIに関連した神経症状を来す症候群

原因

  • 顔面神経の膝神経節に潜伏感染する水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化

症状

  • 内耳障害(難聴、めまい、耳鳴り)、耳介後部の鈍痛、耳介や外耳道に発症する帯状疱疹、末梢性顔面神経麻痺
  • 顔面神経症状(高率)、内耳神経症状(65%程度)

[show details]

治療

  • 保存的治療
抗ウイルス薬・ステロイド剤の併用投与
  • 顔面神経減荷術

予後

  • ベル麻痺に比べて不良
めまい(対側の前庭による代償がはたらかないとかなんとか)、顔面神経麻痺が長期にわたって残存する、らしい。

国試



神経内科

Ramsay Hunt syndrome
ミオクローヌス性小脳性協働収縮異常症 myoclonic cerebellar dyssynergia dyssynergia cerebellaris myoclonica