100A006

  • 7か月の乳児。発熱を主訴に来院した。5日前から発熱が続き、昨日から発疹が出現している。体温39.4℃。全身に紅斑を認め、手背と足背とが腫れている。指圧痕は残らない。両側眼球結膜は充血し、口唇は発赤している。心雑音はなく、呼吸音も正常である。腹部は平坦、軟。肝を右肋骨弓下に2cm触知する。脾は触知しない。血液所見:赤血球390万、Hb11.5g/dl、Ht38%、白血球15,600(桿状核好中球19%、分葉核好中球48%、好酸球1%、単球5%、リンパ球27%)、血小板41万。CRP16mg/dl。1か月前に接種したBCG接種部位の写真を以下に示す。まず投与するのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 100A005]←[国試_100]→[100A007



★リンクテーブル★
国試過去問100A007」「100A005

100A007」

  [★]

  • 31歳の女性。全身の紅斑と水疱とを主訴に来院した。1週前からの感冒症状のため近医でスルピリンを投与された。しかし、熱はさらに高くなり、昨日から顔面、上肢および躯幹に紅斑と水疱とが出現し、急速に拡大してきた。体温39.5℃。眼瞼、口唇、口腔粘膜、外陰部および肛門部がびらん化し、一部に痂皮を付着する。全身皮膚のびまん性紅斑と広範囲の水疱および表皮剥離を認める。躯幹の写真を以下に示す。正しいのはどれか。
  • a. 脱毛を伴うことが多い。
  • b. 表皮細胞の壊死を認める。
  • c. Kobner現象が陽性である。
  • d. 血中抗基底膜部抗体を検出する。
  • e. 通常量の被疑薬を再投与して原因を究明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A006]←[国試_100]→[100A008

100A005」

  [★]

  • 10歳の男児。小学校で他の児童とうまく遊べないことを母親が心配して来院した。乳児のころはおとなしく、3歳児健康診査で言葉の遅れは指摘されなかった。幼稚園では一人遊びが多かった。運動は苦手であるが、プロ野球が好きで選手の背番号を全て記憶している。冗談は通じずクラスで笑いものになることがある。最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ3※ 100A004]←[国試_100]→[100A006