099H017

  • 55歳の男性。1か月前から労作時の息切れと舌の痛みとを自覚し、5日前から歩行障害も出現したため来院した。8年前に胃全摘術を受けた。眼瞼結膜に貧血を認め、眼球結膜に軽度の黄疸を認める。Romberg徴候陽性。血液所見:赤血球142万、Hb6.5g/dl、Ht19%、網赤血球14.0‰、白血球3,100(桿状核好中球4%、分葉核好中球56%、好酸球2%、単球3%、リンパ球35%)、血小板8.2万。血清生化学所見:総ビリルビン3.3mg/dl、直接ビリルビン0.9mg/dl、AST45単位、ALT34単位、LDH2,100単位(基準176~353)。この患者でみられないのはどれか。
  • a. 血清ビタミンB12低下
  • b. 抗内因子抗体陽性
  • c. 好中球の核の過分葉
  • d. 骨髄中の赤芽球増加
  • e. Howell-Jolly小体解説

[正答]


※国試ナビ4※ 099H016]←[国試_099]→[099H018



★リンクテーブル★
国試過去問099H016」「099H018

099H016」

  [★]

  • 32歳の女性。妊娠26週。2週前から下腿に点状出血があり来院した。血液所見:赤血球420万、Hb11.9g/dl、Ht38%、網赤血球10‰、白血球5,300、血小板2.2万、プロトロンビン時間11.5秒(基準対照11.3)、APTT32.0秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン297mg/dl(基準200~400)、血清FDP8μg/ml(基準10以下)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 099H015]←[国試_099]→[099H017

099H018」

  [★]

  • 55歳の男性。3日前から発熱と1日10回以上の水様性下痢とが持続している全身の脱力感と立ちくらみとがあり、歩行が困難となったため来院した。低下していると考えられる血液検査所見はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099H017]←[国試_099]→[099H019