098A015

  • 35歳の女性。夜間の咳、喀痰および喘鳴を主訴に来院した。症状は2か月前から出現し、ほぼ毎日あり、時に呼吸困難を伴った。タバコの煙などを吸い込んだ後、急に症状が悪化することもある。胸部聴診ではwheezesを聴取する。スパイロメトリ:%VC98%、FEV1.0%65%。喀痰検査では好酸球の増加を認める。


  • この患者の長期管理薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A014]←[国試_098]→[098A016



★リンクテーブル★
国試過去問098A014」「098A016

098A014」

  [★]

  • 48歳の男性。徐々に進行する呼吸困難を主訴に来院した。
  • 胸部聴診ではfine crackles(捻髪音)を聴取する。胸部エックス線写真では両側肺野にびまん性陰影を認める。
  • 気管支肺胞洗浄液の写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A013]←[国試_098]→[098A015

098A016」

  [★]

  • 60歳の男性。嗄声を主訴に来院した。
  • 1か月前に嗄声に気付き、次第に増強してきた。
  • 喫煙歴は20本/日を40年間。来院時の喉頭所見と生検組織H-E染色標本とを以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。


※国試ナビ4※ 098A015]←[国試_098]→[098A017