098A008

  • 48歳の女性。右眼の急激な視野異常を訴えて来院した。
  • 視力は右1.5(矯正不能)、左1.5(矯正不能)。眼圧は右14mmHg、左12mmHg。右の眼底写真と蛍光眼底造影写真とを以下に示す。
  • 左眼に異常所見はみられない。
  • 最も考えられる右眼の視野異常はどれか。


  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤



[正答]


※国試ナビ4※ 098A007]←[国試_098]→[098A009



★リンクテーブル★
国試過去問098A007」「098A009

098A007」

  [★]

  • 52歳の男性。2か月前から眼周囲、手背および頭部に白斑と白毛とが出現し、急速に拡大してきたため来院した。
  • 4か月前から眼がかすみ、両眼の視力低下を自覚していた。視力は右0.6(0.8×-1.50D)、左0.5(0.9×-1.00D)。眼圧は、右16mmHg、左18mmHg。両眼の前房に軽度の混濁を認める。顔面の写真と右の眼底写真とを以下に示す。
  • 左の眼底も同様の所見である。
  • この疾患で障害されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A006]←[国試_098]→[098A008

098A009」

  [★]

  • 68歳の女性。3か月前に左眼の中心暗点を自覚し、増悪したため来院した。
  • 左眼の眼底写真と蛍光眼底造影写真とを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A008]←[国試_098]→[098A010