095F049

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。右膝関節の疼痛と腫脹とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2年前から長時間の歩行後右腰痛を自覚し、最近正座が困難となった。10日前から右膝痛が増強し、歩行困難に続いて腫脹感も自覚するようになった。
  • 既往歴 : 6年前に胆石の手術を受け、その後体重が10kg増加した。右膝には外傷歴はない。
  • 現症 : 身長152cm、体重62kg。両膝はやや内反傾向で、右腰に関節水腫と軽度の屈曲制限とを認める。右腰関節内側に圧痛と屈曲時の異常音とを認める。
  • 検査所見 : 血清生化学所見:総蛋白6.8 g/dl、GOT 22 単位(基準40以下)、GPT30単位(基準35以下)。CRP0.3mg/dl(基準0.3以下)。右腰エックス線単純写真で内側関節裂隙の狭小化と軟骨下骨の硬化像とを認める。外側の関節面には異常所見はみられない。


  • この患者に勧める生活指導で誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095F048]←[国試_095]→[095F050



★リンクテーブル★
国試過去問095F048」「095F050

095F048」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。微熱と咳嗽とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2か月前からロ渇感を自覚していた。1か月前から微熱、咳嗽および黄色の喀痰がある。
  • 家族歴 : 父と母とが糖尿病。
  • 現症 : 身長175cm、体重75kg。体温36.9℃。呼吸数18/分。脈拍80/分、整。血圧130/72mmHg。両側アキレス腱反射の減弱と両側下肢振動覚の軽度低下とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖3+、アセトン体(-)。血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球405万、Hb12.5g/dl、Ht38 %、白血球5,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球55%、単球4%、リンパ球36%)。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖306mg/dl、HbA1C11%(基準4.3~5.8)、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総コレステロール280mg/dl、トリグリセライド180mg/dl(基準50~130)、GOT32単位(基準40以下)、GPT35単位(基準35以下)、Na140mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP0.6 mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)pH 7.43、PO2 79.0Torr、PCO2 42.0Torr。初診時の胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 診断確定のためにまず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095F047]←[国試_095]→[095F049

095F050」

  [★]

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。右膝関節の疼痛と腫脹とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2年前から長時間の歩行後右腰痛を自覚し、最近正座が困難となった。10日前から右膝痛が増強し、歩行困難に続いて腫脹感も自覚するようになった。
  • 既往歴 : 6年前に胆石の手術を受け、その後体重が10kg増加した。右膝には外傷歴はない。
  • 現症 : 身長152cm、体重62kg。両膝はやや内反傾向で、右腰に関節水腫と軽度の屈曲制限とを認める。右腰関節内側に圧痛と屈曲時の異常音とを認める。
  • 検査所見 : 血清生化学所見:総蛋白6.8 g/dl、GOT 22 単位(基準40以下)、GPT30単位(基準35以下)。CRP0.3mg/dl(基準0.3以下)。右腰エックス線単純写真で内側関節裂隙の狭小化と軟骨下骨の硬化像とを認める。外側の関節面には異常所見はみられない。
  • この患者に対する治療で誤っているのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F049]←[国試_095]→[095G001