095D053

  • 48歳の女性。近医で肝機能異常を指摘されたため来院した。数年前から眼がゴロゴロし、ロが乾き虫歯が増えたことに気付いている。眼球結膜は充血し、舌乳頭の萎縮と多数のう歯とを認める。血液所見:赤血球392万、白血球3,800、血小板18万。血清生化学所見:総蛋白7.6 g/dl、アルブミン3.0g/dl、lgA 380 mg/dl(基準110~410)、lgG 3,220 mg/dl(基準960~1,960)、lgM 460 mg/dl(基準65~350)、総ビリルビン0.6mg/dl、GOT96単位(基準40以下)、GPT88単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ512単位(基準260以下)、γ-GTP120単位(基準8~50)。抗核抗体160倍(基準20以下)。この患者で高値を示すのはどれか。
  • a. 抗dsDNA抗体価
  • b. 抗ミトコンドリア抗体価
  • c. 抗SS-B抗体価
  • d. 抗Jo-1抗体価
  • e. 抗Scl-70抗体価

[正答]


※国試ナビ4※ 095D052]←[国試_095]→[095D054



★リンクテーブル★
国試過去問095D054」「095D052

095D054」

  [★]

  • 10歳の男児。転びやすいことを主訴に来院した。周産期に異常はなく、成長発達は正常である。三種混合ワクチン、ポリオワクチン及びBCGは接種済みである。2歳時麻疹に、3歳時水痘に罹息した。2か月前から授業について行けなくなり、学業成績が低下した。また、ささいなことに腹を立てたり、自室に閉じこもるようになった。5日前にインフルエンザ様症状があった。2、3日前からは上肢のミオクローヌスが頻回に出現した。胸腹部に異常を認めない。神経学的には中等度の知能低下、四肢腱反討亢進およびミオクローヌスを認める。脳波に6~10秒に1回の高振幅徐波バーストを認める。
  • 最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D053]←[国試_095]→[095D055

095D052」

  [★]

  • 51歳の男性。健康診断で高血圧を指摘されて来院した。毎晩、ビール3本を飲んでいる。身長158cm、体重62 kg。血圧168/100 mmHg。血清生化学所見:空腹時血糖142 mg/dl、尿酸9.1mg/dl、総コレステロール208 mg/dl、トリグリセライド220 mg/dl(基準50~130)。適切でない治療法はどれか。
  • a. 摂取エネルギー制限
  • b. アルコール摂取制限
  • c. 食塩摂取制限
  • d. アロプリノール投与
  • e. サイアザイド系降圧利尿薬投与

[正答]


※国試ナビ4※ 095D051]←[国試_095]→[095D053