医薬

medicinemedical
医科医学医学上医学的医用メディカル医療用

WordNet

  1. (medicine) something that treats or prevents or alleviates the symptoms of disease (同)medication, medicament, medicinal drug
  2. the learned profession that is mastered by graduate training in a medical school and that is devoted to preventing or alleviating or curing diseases and injuries; "he studied medicine at Harvard" (同)practice of medicine
  3. the branches of medical science that deal with nonsurgical techniques (同)medical_specialty
  4. requiring or amenable to treatment by medicine especially as opposed to surgery; "medical treatment"; "pneumonia is a medical disease"
  5. relating to the study or practice of medicine; "the medical profession"; "a medical student"; "medical school"

PrepTutorEJDIC

  1. 〈U〉『医学』,医術;医[師]業 / 〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬 / 〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない
  2. 『医学の』,医術の;医者の / 内科の;内科治療を要する / 診察

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/03/04 20:10:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 医薬品情報のLinked Data化と活用への取り組み
  • 細見 格
  • 情報処理学会研究報告. DD, [デジタル・ドキュメント] 2011-DD-82(5), 1-4, 2011-10-01
  • … 本稿では、「データの Web」 を具現化した Linked Data の構築と活用に対して積極的に取り組んでいる医薬品業界の動向を概説する。 … 同業界では、後発医薬品の普及による収益低下を回避するため、また、難病に対して有効な治療薬を早期に開発するため、医療・製薬に関する様々な企業や大学、研究機関が幅広く情報を共有し協力する動きが活発になっている。 …
  • NAID 110008620842
  • 医薬品製造に関わるコンピュータ化システムのFMEA
  • 高橋 正和
  • 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告 2011-SE-173(5), 1-8, 2011-07-14
  • … 本論文では,医薬品製造に関わるコンピュータ化システム (DMCS) が有する共通故障モードを抽出し,それを用いてFMEAを実施する方法について述べる.医薬品は DMCS で制御された製造設備を使用して生産されるので,DMCS の機能は安全なものでなければならない.DMCS の安全性を検討するためには FMEA が使用される.FMEA を実施するには,全ての故障モードを漏れなくリストアップすることが重要であるが,その作 …
  • NAID 110008583153

Related Links

承認のないもので医薬品、医薬部外品、化粧品もしくは医療機器に該当しないものは「 効能」「効果」をうたうことはできない。 ... 2001年、厚生労働省医薬局長 「医薬品の範囲 に関する基準の改正について」(医薬発第243号平成13年3月27、厚生労働省医薬 ...


Related Pictures

四環医薬 取引停止中 | 中国株 医薬 経済 1256 号 医薬 経済 社 低分子医薬」と「抗体医薬 抗体医薬」の作用メカニズム医薬 経済 1367 号 医薬 経済 社 医薬 経済 1467 号 医薬 経済 社

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

インジウムDTPA(111In)注

組成

  • 本剤は,水性の注射剤で,インジウム-111をジエチレントリアミン五酢酸インジウムの形で含む。
     1mL中,
     ジエチレントリアミン五酢酸インジウム(111In)
     (検定日時において)   37MBq
  •  ジエチレントリアミン五酢酸(DTPA)   51.6μg

添加物

  • 日本薬局方水酸化ナトリウム    10.5μg

添加物

  • 等張化剤

添加物

  • pH調整剤

禁忌

頭蓋内圧が著明な亢進を示しており,乳頭浮腫が認められる患者

後頭蓋窩の腫瘍が疑われる患者(乳頭浮腫の有無にかかわらず)

[いずれも,脳ヘルニアを起こすおそれがある。]

効能または効果

  • 脳脊髄液腔シンチグラムによる脳脊髄液腔病変の診断
  • 通常,成人にはインジウム-111として18.5〜37MBqを脳脊髄液腔内に投与し,シンチカメラ又はシンチスキャンナにより,経時的にシンチグラムをとる。
    なお,年齢,体重により適宜増減する。

慎重投与

  • (1) 感染症を有する患者
    (2) 穿刺部位に湿疹・かぶれ・床ずれなどを有する患者
    (3) 極度に細菌感染抵抗性の低下していると思われる患者
    [いずれも,穿刺部位からの細菌感染のおそれがある。]

薬効薬理

  • 脳脊髄液は,その大部分が脳室系の脈絡叢から絶えず分泌され,脳室内を循環した後,Magendie孔及びLuschka孔より流出してくも膜絨毛から吸収され,脳静脈洞に還流する。
    脳脊髄液と生理的に類似した本剤をくも膜下腔に注入すると,生理的な脳脊髄液の流れに従い循環し吸収されるため1),本剤を用いることにより,脳脊髄液の動態,脊髄くも膜下腔の形態を経時的に観察することができる。

有効成分に関する理化学的知見

放射性核種の特性(111Inとして)

  • 物理的半減期:2.805日
    主γ線エネルギー:171keV(90.2%),245keV(94.0%)

★リンクテーブル★
リンク元医学」「医用」「医科」「医学的」「医学上
拡張検索優良医薬品製造基準」「バイオ医薬品」「医薬品開発業務受託機関」「医薬品承認審査概要
関連記事

医学」

  [★]

medicinemedical scienceiatrologymedicalmed
医科医学上医学的医薬医用メディカル医療用医科学

医用」

  [★]

medicalbiomedical
医科医学医学上医学的医薬メディカル生物医学的医療用

医科」

  [★]

medical departmentmedical
医学医学上医学的医薬医用メディカル医療用

医学的」

  [★]

medicalmedically
医科医学医学上医薬医用メディカル医療用

医学上」

  [★]

medical
医科医学医学的医薬医用メディカル医療用

優良医薬品製造基準」

  [★]

good manufacturing practiceGMP
グアノシン一リン酸優良製造規範医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理規則

バイオ医薬品」

  [★]

biopharmaceutical
生物製剤生物学的製剤

医薬品開発業務受託機関」

  [★]

contract research organizationCRO

医薬品承認審査概要」

  [★]

Summary Basis of ApprovalSBA

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品