メシル酸カモスタット

カモスタット


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • メシル酸カモスタット増量により高アミラーゼ血症の改善が得られた潰瘍性大腸炎合併慢性膵炎の1例
  • 福田 重信,宮谷 博幸,本田 英明,高松 徹,福西 昌徳,岩城 孝明,宇賀神 卓広,中島 嘉之,鷺原 規喜,吉田 行雄
  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 23(4), 533-540, 2008-08-25
  • NAID 10024367913
  • 経口蛋白分解酵素阻害剤メシル酸カモスタットが奏功した慢性蕁麻疹の1例

Related Links

フオイパンとは?カモスタットの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版) ... 成分(一般名), :, カモスタット メシル酸塩. 製品例, :, フオイパン錠100mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価. 区分, :, 他の代謝性医薬/その他 / ...
慢性腎炎・術後の逆流性食道炎の治療薬「メシル酸カモスタット」の説明。成分名、製品 名、作用・副作用、用法・注意点など。


Related Pictures

 メシル酸カモスタット=フォイ メシル酸カモスタット気管支内対して、メシル酸カモスタット  味 フオイパン が メシル 酸有機化合物医療法人社団 緑祐会 永野病院

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 経口蛋白分解酵素阻害剤

販売名

メシルパン錠100

組成

  • 1錠中
    カモスタットメシル酸塩 100mg 含有
  • 添加物としてセルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,マクロゴール,酸化チタン含有

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 慢性膵炎における急性症状の緩解
  • 術後逆流性食道炎
  • 慢性膵炎における急性症状の緩解には
    通常1日量カモスタットメシル酸塩として600mgを3回に分けて経口投与する。症状により適宜増減する。
  • 術後逆流性食道炎には
    通常1日量カモスタットメシル酸塩として300mgを3回に分けて食後に経口投与する。

慎重投与

  • 過敏症を有する患者[過敏症を有していた場合、副作用が発現しやすくなる。]

重大な副作用

  • (頻度不明)

ショック,アナフィラキシー様症状:

  • ショック,アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、血圧低下,呼吸困難,そう痒感等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

血小板減少:

  • 血小板減少があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には減量又は投与を中止すること。

肝機能障害,黄疸:

  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,Al-Pの著しい上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

高カリウム血症:

  • 重篤な高カリウム血症があらわれることがあるので、血清電解質検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • カモスタットメシル酸塩(別名:メシル酸カモスタット)
    (Camostat Mesilate)

化学名

  • Dimethylcarbamoylmethyl 4-(4-guanidinobenzoyloxy)phenylacetate monomethanesulfonate

分子式

  • 202245・CH43

分子量

  • 494.52

融点

  • 194?198℃

性状

  • カモスタットメシル酸塩は白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

★リンクテーブル★
リンク元camostat mesilate
関連記事カモスタット」「メシル酸」「

camostat mesilate」

  [★]

camostat

カモスタット」

  [★]

camostat
メシル酸カモスタット camostat mesilate カモスタットメシル酸塩
アーチメントカモエントカモスタールカモステートカモストンカモタットカルモザシンパンクレールパンルークフオイパンメシタットメシルパンモスパンラインタットリーナックリビリスターレセプロン
他に分類されない代謝性医薬品


  • 蛋白分解酵素阻害薬

作用機序

フオイパン錠100mg
  • 本剤は経口投与ですみやかに生体のキニン生成系、線溶系、凝固系及び補体系に作用し、その酵素活性をすみやかに阻害し異常亢進を抑制することにより、慢性膵炎の炎症症状と疼痛の緩解並びにアミラーゼ値の改善に効果が認められている。また、術後食道内に逆流する消化液中のトリプシンを阻害することにより、術後逆流性食道炎の改善に効果が認められている。

効能又は効果/用法及び用量

フオイパン錠100mg
  • 1. 慢性膵炎における急性症状の緩解
  • 2. 術後逆流性食道炎

添付文書

  • フオイパン錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999003F1297_1_05/3999003F1297_1_05?view=body

メシル酸」

  [★]

mesylatemesilate
メシル酸塩メシレートメタンスルホン酸塩

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義