プラジカンテル

praziquantel
ビルトリシドBiltricide
蠕虫肝吸虫症日本住血吸虫肺吸虫症肥大吸虫
  • 吸虫除去薬


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/19 04:58:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 人体への寄生虫感染を警戒すべき食材(2)肝吸虫(旧名肝ジストマ)の感染源となるもの(ノート)
  • 牧 純,関谷 洋志,玉井 栄治 [他]
  • ニューフードインダストリー 53(9), 37-42, 2011-09
  • NAID 40018954153
  • 左側胸水貯留を契機に発見され,多彩な胸部陰影を呈した宮崎肺吸虫症の一例
  • 今井 久雄,堀口 昇男,岩崎 靖樹,長島 多聞,鶴巻 寛朗,柳澤 邦雄,大井 晋介,解良 恭一,小野 昭浩,古賀 康彦,砂長 則明,久枝 一,久田 剛志,佐藤 哲郎,石塚 全,土橋 邦生,森 昌朋
  • 北関東医学 61(2), 179-185, 2011
  • プラジカンテル投与開始前の, 胸部CTでは, 左下葉の結節影は縮小し右下葉に空洞を伴う新たな結節性病変を認めた. …
  • NAID 130000872630
  • 虫体の遺伝子解析により診断された日本海裂頭条虫症の兄妹例
  • 小出 照子,山崎 浩,渡辺 伸元,木許 泉,河邊 太加志
  • 日本小児科学会雑誌 114(7), 1065-1068, 2010-07-01
  • NAID 10027695076

Related Links

プラジカンテル (ビルトリシド ジェネリック)錠600mgは 肝吸虫症,肺吸虫症,横川吸虫症などに有効に効果のあるお薬です。気になる副作用などについてはこちらをご覧下さい。また、プラジカンテル (ビルトリシド ジェネリック ...
ビルトリシドとは?プラジカンテルの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 寄生虫の一種の“吸虫”を駆除するお薬です。 作用 吸虫類は、もともと魚や動物に寄生している寄生虫です。


Related Pictures

プラジカンテル (ビルトリシド プラジカンテル 600mg 錠( 注意書 プラジカンテルプラジカンテル 600mg 錠( 注意書  600(プラジカンテル)600mgプラジカンテル (ビルトリシド

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 吸虫駆除剤

販売名

**ビルトリシド錠600mg

組成

成分・含量

  • 1錠中,プラジカンテル600mg含有

添加物

  • トウモロコシデンプン,結晶セルロース,ポビドン,ラウリル硫酸ナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,マクロゴール4000,酸化チタン

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 有鉤のう虫(条虫)症患者[寄生部位によっては,死滅虫体により回復困難な病変(失語症,片麻痺,脳梗塞等の中枢神経障害,眼障害等)を引き起こすことがある.]
  • リファンピシンを投与中の患者[「相互作用」の項参照]

効能または効果

  • 肝吸虫症,肺吸虫症,横川吸虫症
    (注):住血吸虫症に対する本剤の有用性は外国においては確立されており,WHOでは住血吸虫症の治療のエッセンシャル・ドラッグとされているが,国内における評価症例がないため,我国においては住血吸虫症に対する効能は承認されていない.
  • 肝吸虫症,肺吸虫症:
    プラジカンテルとして,1回20mg/kgを1日2回2日間経口投与する.
  • 横川吸虫症:
    プラジカンテルとして,1回20mg/kgを1日1〜2回1日経口投与する.

1回投与量20mg/kgは,患者の体重に応じほぼ次の錠数になる.

  • 体重(kg)20〜26:錠数 3/4
    体重(kg)27〜33:錠数 1
    体重(kg)34〜41:錠数 1 1/4
    体重(kg)42〜48:錠数 1 1/2
    体重(kg)49〜56:錠数 1 3/4
    体重(kg)57〜63:錠数 2
    体重(kg)64〜70:錠数 2 1/4
    体重(kg)71〜78:錠数 2 1/2
    体重(kg)79〜86:錠数 2 3/4

慎重投与

  • 腎機能障害のある患者[本剤の排泄が遅延する可能性がある.(「薬物動態」の項参照)]
  • 肝機能障害のある患者[本剤の代謝が低下し,血中濃度が高くなる可能性がある.(「薬物動態」の項参照)]
  • 不整脈のある患者[不整脈を助長することがある.]

薬効薬理

  • 本剤は速やかに吸虫体に取り込まれ,外皮膜リン脂質との相互作用により吸虫の膜構造を不安定化し,吸虫へのCa++の流入を促進する.吸虫体内に流入したCa++は吸虫の筋収縮及び吸虫外皮の構造的損傷(空胞化等)を惹起し吸虫を致死させる(in vitro)7)
  • 実験的感染動物(肝吸虫,肺吸虫)に本剤を経口投与した場合,虫体回収率,糞便中虫卵数の著しい減少が認められている8)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • プラジカンテル(Praziquantel)JAN
    (Praziquantel INN)

化学名

  • (±)-2-(Cyclohexylcarbonyl)-1,2,3,6,7,11b-hexahydro-4 H-pyrazino〔2,1-a〕isoquinolin-4-one

分子式

  • C19H24N2O2

分子量

  • 312.41

性状

  • 本品は白色〜ほとんど白色の結晶性の粉末である.

★リンクテーブル★
国試過去問109D052
リンク元広節裂頭条虫症

109D052」

  [★]

  • 80歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。2か月前から咳嗽が出現し、増強してきたため受診した。10年前から糖尿病で経口血糖降下薬を服用中である。意識は清明。体温 36.8℃。脈拍 72/分、整。血圧 146/82mmHg。呼吸数 18/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部エックス線写真で左中肺野に結節影を認める。胸部CT(別冊No. 25A)と経気管支肺生検組織のPAS染色標本(別冊No. 25B)とを別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109D051]←[国試_109]→[109D053

広節裂頭条虫症」

  [★]

diphyllobothriasis lata
広節裂頭条虫 Diphyllobothrium latum
蠕虫

概念

  • 蠕虫 条虫類に分類されるDiphyllobothrium latum (広節裂頭条虫)による感染症である。寄生部位の分類から腸管条虫症に区分される。

病因

  • Diphyllobothrium latum (広節裂頭条虫)

疫学

感染経路

  • 経口感染。中間宿主:サケ、マス

寄生部位

小腸

症状

診断

  • 糞便虫の虫卵の検出が一般的。

検査

治療

予後

予防