フェノトリン

phenothrin
スミスリン
フェノスリン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/20 05:33:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 殺虫剤によるヒトスジシマカ成虫防除の試み
  • 緒方 一喜,渡辺 登志也,宮本 和代 [他],川口 正将,豊田 耕治,小曽根 努,松岡 宏明,白石 啓吾,森岡 健志,吉岡 照太,鈴木 雅也,千保 聡,美馬 伸治,中村 友三,足立 雅也,芝生 圭吾,池田 文明,玉田 昭男,田中 生男,石原 雅典
  • ペストロジー 27(2), 51-58, 2012-11-25
  • … ヒトスジシマカ成虫に対する殺虫剤による防除実地試験を東京の寺院の庭で2010年の夏に実施した.5%ペルメトリン,10%フェノトリン,7%エトフェンプロックス水性乳剤の50倍希釈液を背負式噴霧機によって50ml/m^2の量で草むら,植木,空地に噴霧した.スイーピング法,ドライアイストラップによる捕集密度の変化,配置した成虫の死亡率から効果を評価した.結果として,ペルメトリンでは約10日間,他の2剤では4〜5日間は成虫飛来密 …
  • NAID 110009553897
  • アタマジラミのアンケート調査とアタマジラミ用コームの性能評価
  • 色摩 操,福田 安住,川上 裕司
  • 都市有害生物管理 1(1), 13-21, 2011-06-20
  • … また,ピレスロイド系殺虫剤フェノトリンを有効成分とするシャンプーを駆除のために多用した結果,抵抗性のアタマジラミの増加が報告されている。 … アンケート調査によって,フェノトリンシャンプーと駆除用コームを同時に使うことが駆除効率を高めることが示唆された。 …
  • NAID 110008724147
  • 食肉中のオキサベトリニル,トリチコナゾール,フェノトリン,フルフェナセットおよびプロメトリンにおける残留農薬一斉分析法の適用性
  • 松岡 智郁,秋山 由美,三橋 隆夫
  • 兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センター研究報告 (2), 26-31, 2011
  • NAID 40018916909

Related Links

【フェノトリン】 ピレスロイド系の殺虫成分。比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤として用いられる。シラミの駆除用に人体に直接適用される唯一の殺虫成分である。
日本の論文をさがす; 大学図書館の本をさがす. 新規登録 ... アルコール側のメチレン基 を^Cで標識した フェノトリン の(+)-transおよび(+)-cis体はおのおのインゲンマメ またはイネの葉面に処理すると, 半減期1日以下の速度で急速に減少 ...


Related Pictures

に微量のフェノトリン ホーム > 家庭用殺虫剤 > アース 金鳥 ゴキブリハンター 集中 フマキラーND-03 2L 室内ダニ駆除 駆除薬で代表的なフェノトリン 有効成分: フェノトリン

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 駆虫剤

販売名

スミスリンローション5%

組成

有効成分:名称

  • フェノトリン

有効成分:含量

  • 1g中フェノトリン50mgを含有

添加物

  • ミリスチン酸イソプロピル、流動パラフィン、グリセリン、ポリオキシエチレンセチルエーテル、モノステアリン酸グリセリン、ジブチルヒドロキシトルエン、パラオキシ安息香酸メチル、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、精製水

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 疥癬


  • 疥癬については、確定診断された患者又はその患者と接触の機会があり、かつ疥癬の症状を呈する者に使用すること。
  • 角化型疥癬及び爪疥癬における有効性及び安全性は確立していない。(使用経験がない)
  • 通常、1週間隔で、1回1本(30g)を頸部以下(頸部から足底まで)の皮膚に塗布し、塗布後12時間以上経過した後に入浴、シャワー等で洗浄、除去する。


  • ヒゼンダニを確実に駆除するため、少なくとも2回の塗布を行うこと。
  • 2回目塗布以降は1週ごとに検鏡を含めて効果を確認し、再塗布を考慮すること。
  • 疥癬は多くの場合そう痒を伴うが、本剤による治療初期に一過性に増悪することがある。
  • ヒゼンダニの死滅後もアレルギー反応として全身のそう痒が遷延することがある。そう痒が持続しても、特徴的な皮疹の発生や感染が認められない場合には、漫然と再塗布しないこと。
  • 小児では体表面積が小さいことから、1回塗布量を適宜減量すること。


薬効薬理

  • フェノトリンを含むピレスロイド系化合物は、神経細胞のNaチャネルに作用し、その閉塞を遅らせることにより反復的な脱分極あるいは神経伝導を遮断する3)ことで殺虫作用を示すとされている。


有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C23H26O3

分子量

  • 350.45

性 状

  • 微黄色〜黄褐色の澄明な油状の液で、わずかに特異なにおいがある。

溶解性

  • エタノール(99.5)、アセトンおよびヘキサンにきわめて溶けやすく、水にほとんど溶けない。

★リンクテーブル★
リンク元スミスリン」「phenothrin」「フェノスリン
関連記事リン」「トリ

スミスリン」

  [★]

会社名

クラシエ

成分

薬効分類

駆虫剤

薬効

疥癬

phenothrin」

  [★]

フェノトリンフェノスリン

フェノスリン」

  [★]

phenothrin
フェノトリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類