転移性脳腫瘍

出典: meddic

metastatic brain tumor, metastatic tumor of the brain

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頭皮放射線性皮膚炎に対する紫雲膏の治療成績
  • 林 明宗,佐藤 秀光
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(2), 142-146, 2011-03-20
  • … 疾患内訳:悪性神経膠腫13例,脳悪性リンパ腫6例,転移性脳腫瘍3例。 …
  • NAID 10027959740
  • 当科で経験した尿路上皮癌による転移性脳腫瘍の検討
  • 岩本 陽一,曽我 倫久人,木瀬 英明,有馬 公伸,杉村 芳樹
  • 西日本泌尿器科 73(2), 80-83, 2011-02-20
  • NAID 10029069840
  • 柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院症例研究発表会優秀賞 転移性脳腫瘍術後急性期患者におけるAPTの適応の検討
  • 松田 侑子
  • 柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要 7, 57-61, 2011
  • NAID 40018998086

関連リンク

転移性脳腫瘍の初期症状や、悪性グリオーマであった場合の生存率や余命などん ついて。また転移性脳腫瘍の予後による外科手術や、放射線線治療、ステロイドなどの 薬物療法などについて解説。
転移性脳腫瘍 metastatic brain tumors. 大事なこと. 脳転移の多くは定位的放射線 外科治療(ラジオサージェリー)で治療できますし治療成績も良いので,手術よりも 放射線外科治療(リニアックメス,ガンマナイフ,ノバリス,サイバーナイフ,トモテラピー など)が ...

関連画像


★リンクテーブル★
国試過去問104G069」「103I061」「099A044」「106G040」「096D043」「105I042」「095D049」「103D034」「095F012」「106I007」「105B010」「082C015
リンク元脳膿瘍」「脳転移」「metastatic tumor
関連記事脳腫瘍」「腫瘍」「転移」「転移性

104G069」

  [★]

  • 78歳の男性。帰宅途中に転倒し顔面を打撲したため搬入された。72歳から胃食道逆流症で通院治療中である。10日前に仕事からの帰宅時に尿失禁をしたが、意識障害麻痺は伴わなかった。5日前の定期来院時、同伴の家族は少し元気がないと訴えたが、本人はそれを否定した。バイタルサイン、心肺および神経学的に異常所見を認めず帰宅した。搬入時、激しい頭痛や嘔吐はないが、右上肢が動かしづらいと訴える。意識は清明。体温 36.8℃。脈拍 92/分、整。血圧 154/64mmHg。右前額部から眼窩部にかけて皮下出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認めない。右眼球結膜に出血を認める。胸部と腹部とに異常を認めない。神経学的所見で右指鼻試験がやや稚拙であるが、他に異常を認めない。尿所見、血液所見および血液生化学所見に異常を認めない。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。頭部単純CT(別冊No.12)を別に示す。


  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G068]←[国試_104]→[104H001

103I061」

  [★]

  • 29歳の男性。意識障害頭痛および発熱のため搬入された。4日前から、発熱、頭痛および嘔吐が出現した。翌日、頭が割れるように痛いと訴え、他院を受診した。体温39.6℃。項部硬直はなく、頭部CTで異常を指摘されなかった。セフェム系抗菌薬が投与されたが頭痛と発熱とが持続し、意識障害が出現した。搬入時、意識レベルはJCSIII-300。瞳孔はピンポイント。項部硬直を認める。血液所見:赤血球500万、Hb 14.6 g/dl、Ht 45%、白血球17,900、血小板29万。CRP 7.9 mg/dl。髄液は外見が白色、細胞数1,792 (単核球:多核球=332:1460) /μl(基準0~2)、糖15 mg/dl以下(基準50~75)。頭部単純MRIのT1強調像、T2強調像及び造影T1強調像を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103I060]←[国試_103]→[103I062

099A044」

  [★]

  • 59歳の男性。頭痛と吐き気とを主訴に来院した。
  • 1か月前から頭痛と吐き気とがあり、徐々に増悪してきた。
  • 意識は清明。身長168cm、体重45kg。呼吸数18/分。脈拍92/分、整。血圧110/82mmHg。貧血と黄疸とを認めない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。眼底検査でうっ血乳頭を認める。
  • 頭部単純MRIのT1強調像と造影MRIのT1強調像とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A043]←[国試_099]→[099A045

106G040」

  [★]

  • 70歳の女性。けいれんのため搬入された。意識レベルはJCS II-10。体温36.8℃。脈拍98/分、整。血圧 138/86mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 96%(room air)。対光反射眼球運動とに異常を認めない。左上下肢の不全麻痺を認める。来院時の頭部MRIのFLAIR像(別冊No. 1A)と塞栓術のために施行した外頚動脈造影の写真(別冊No. 1B)とを別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G039]←[国試_106]→[106G041

096D043」

  [★]

  • 59歳の男性。昨日から右半身が使いにくくなり家族に進れられて来院した。1か月前から時々血痰があり、この半年で体重が4kg減少した。数日前から頭痛を訴え、次第に増悪し、昨日全身けいれんが出現した。意識は清明。聴診上、左肺野で呼吸音の減弱を認める。項部硬直はない。右半身に不全片麻痺と感覚鈍麻とを認める。眼底にうっ血乳頭がみられる。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D042]←[国試_096]→[096D044

105I042」

  [★]

  • 61歳の女性。頭痛嘔吐とを主訴に来院した。1週前から頭痛と嘔吐とがあり, 2日前から38℃台の発熱も加わった。既往歴に副鼻腔炎がある。来院時の意識レベルはJCS I-2。右半身の運動感覚障害、失算および失書を認める。頭部MRIの拡散強調横断像(別冊No.6A)と造影T1強調矢状断像(別冊No.6B)とを別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I041]←[国試_105]→[105I043

095D049」

  [★]

  • 10歳の男児。数日前からの意識障害のため来院した。Fallot四徴症がある。傾眠状態で、項部硬直、不全四肢麻麻痺、四肢腱反射亢進およびBabinski徴候を認める。頭部MRIのT1強調像と造影T1強調像とを以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095D048]←[国試_095]→[095D050

103D034」

  [★]

  • 45歳の男性。けいれん発作を主訴に来院した。昨夜、左下肢から全身に波及するけいれん発作が起こり数分でおさまった。神経学的には異常を認めない。頭部造影MRIのT1強調冠状断像と矢状断像とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D033]←[国試_103]→[103D035

095F012」

  [★]

  • 63歳の男性。肺悪性腫瘍の化学療法中に、激しい頭痛と嘔吐とがあり、更にけいれんも起こした。眼底検査で乳頭の腫脹を認める。直ちに行うべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F011]←[国試_095]→[095F013

106I007」

  [★]

  • 高齢女性の頭部MRIの造影T1強調像(別冊No. 1A)と病変のH-E染色標本(別冊No. 1B)とを別に示す。
  • 考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I006]←[国試_106]→[106I008

105B010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B009]←[国試_105]→[105B011

082C015」

  [★]

  • 頭部X線CTスキャンでリング状増強効果を示すことが多いのはどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

脳膿瘍」

  [★]

brain abscess, cerebral abscess
頭蓋内膿瘍 intracranial abscess


概念

分類

病原体

see IRE.452
  • 細菌性脳膿瘍:連鎖球菌、嫌気性菌、グラム陰性桿菌、黄色ブドウ球菌。連鎖球菌(50-70%)、黄色ブドウ球菌(10-15%)
  • 真菌性脳膿瘍:アスペルギルス感染、ムコール症、シュードアレッシェリア症
  • 原虫性脳膿瘍:トキソプラズマ症

病期

see SCN.350

病因

  • 心疾患:心内膜炎、右左シャントを伴う心疾患()。血行性に中大脳動脈領域に発生。細菌塞栓による脳梗塞が起こると、細菌は容易に脳組織に移行 (SCN.350)
  • 耳鼻科疾患:副鼻腔炎、中耳炎。好発部位は副鼻腔炎で前頭葉、中耳炎では側頭葉、小脳 (SCN.350)
  • 開放性外傷:

YN.J-142

疫学

  • 30歳代。先天性心疾患、副鼻腔炎、中耳炎の好発年齢と一致。 (SCN.350)

病態

症状

  • 発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣で発症。 (SCN.350)
  • 髄膜炎と異なり、片麻痺、精神症状、局所痙攣などの局所症状も呈する。 (SCN.350)

検査

血液検査

  • 炎症所見:CRP上昇、血沈の亢進

脳脊髄液

  • 細胞数の軽度増加 (SCN.350)
  • 所見に乏しく、診断にはあまり有用でない、らしい。

頭部CT

  • 単純CT:白質>白質浮腫領域>病変>脳室
  • 造影CT:リング上の増強。 ← 被膜形成期に造影剤により増強効果を示す(SCN.350) ← 生体の感染に対する防御反応
  • 画像上の鑑別診断:脳膿瘍、転移性脳腫瘍、多型性神経膠芽腫、リンパ腫?、トキソプラズマ症


頭部MRI

  • T1:low intensity
  • T2:high intensity
[show details]

診断

鑑別診断

  • CT画像上、グリオーマ、転移性脳腫瘍と鑑別。炎症所見が乏しいことが鑑別のカギ(SCN.350)

治療

IRE.446-
  • 内科的治療
  • 薬物療法
  • 抗菌薬、抗真菌薬
  • 抗菌薬による治療期間は4-6週間(時に8週間) (IRE.449)
  • ドレナージ
  • 外科的治療
  • 補助的治療
  • ステロイド:脳圧亢進、脳ヘルニアの危険が迫っている場合に使用。
  • 抗痙攣薬:ジアゼパム、フェニトイン

SCN.3550

病期のよって治療が変わる
  • 脳炎の時期:抗菌薬(経験的に広域スペクトラムの第三世代セフェムを使用)+脳圧降下薬
  • 皮膜形成期:ドレナージ

予後

  • 死亡率約10% (SCN.351)

参考

  • 写真
[display]http://www.masa.go.jp/nes/library/ba.html

国試



脳転移」

  [★]

brain metastasis
転移転移性脳腫瘍
  • 1. 肺癌(52.3%)
  • 2. 乳癌(8.9%)
  • 3. 消化器癌(胃、大腸、直腸)


metastatic tumor」

  [★]


転移性脳腫瘍


脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

  • 転移性脳腫瘍

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



転移性」

  [★]

metastatic phenotypemetastaticmetastasizing
転移性形質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡