新生児

出典: meddic

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051
  • 吸啜反射:出生時より
  • 胎便:出生直後-3日頃
  • 生理的黄疸:出生後2-3日に出現。出生後4-6日にピーク   ←  出生時~出生後24時間内の黄疸は病的
  • 生理的体重減少:出生後3-4日で最大。
  • 臍帯の脱落:出生後5-7日

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満
  • 極低出生体重児 very low birth weight infant : 1500g未満
  • 超低出生体重児 extremely low birth weight infant : 1000g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児


参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date


参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/25 21:30:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • NICUからの退院 : 新生児退院調整看護師の役割と退院調整加算の現状と課題 (特集 小児看護と診療報酬 : 知識を身につけて実践に生かそう!) -- (子どものケアにかかわる診療報酬の実際)
  • 関根 修一,西角 一恵
  • 小児看護 37(9), 1137-1145, 2014-08
  • NAID 40020128043
  • 臨床研究・症例報告 新生児高マグネシウム血症例の検討
  • 渡部 達,澤木 玲香,松田 智香 [他]
  • 小児科臨床 67(8), 1337-1341, 2014-08
  • NAID 40020126116
  • 「受け入れ不能」は改善 子どもの命を救え! 新生児医療次の課題 (特集 医療危機) -- (医師不足のいま)
  • 小林 美希
  • 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai (6538), 80-81, 2014-07-19
  • NAID 40020116382
  • 検査値から何がわかる? 臍帯血ガスドリル(第19回)症例 : 新生児仮死
  • 細野 茂春
  • ペリネイタルケア 33(7), 716-718, 2014-07
  • NAID 40020158845

関連リンク

新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載 ... 今月の特集 泣いておっぱいを飲んで眠って、というのが新生児の生活です。でも、「なんだかよくわからないけどよく泣く」「泣いてばかりで ...
赤ちゃんのあやし方 100%シルクのピュアヴェールベビー肌掛け布団 WELEDA(ヴェレダ)のカレンドラ ベビーバーム 赤ちゃんの寝具の選び方 布おむつのメリットと使い方 新生児の原始反射(把握反射、吸啜 ...
詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

関連画像

新生児 赤ちゃんPhoto_9 ばかりの新生児の写真(2出産直後の新生児 分娩 ばかりの新生児の写真(3CIMG2413 カメラマン「新生児記念写真 カメラマン「新生児記念写真


★リンクテーブル★
先読みinfant」「fetus
国試過去問100I002」「106D022」「106D055」「106I076」「102B049」「107E043」「108B011」「108G044」「108G011」「108E011」「105G013」「106B048」「098G028」「106E001」「101B053」「099D034」「104A013」「105E016」「101B084」「106G028
リンク元バイタルサイン」「低体温」「脈拍」「胎児」「呼吸数
拡張検索新生児封入体結膜炎」「ハイリスク新生児」「同種免疫新生児好中球減少症」「新生児聴覚スクリーニング

infant」

  [★] 乳児

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(1歳未満の)『乳児』,乳飲み子 / 《英》(普通7歳未満の)学童 / 未成年者 / 幼児の,幼児用の / 始めたばかりの,初期の」


fetus」

  [★] 胎児

WordNet   license wordnet

「an unborn or unhatched vertebrate in the later stages of development showing the main recognizable features of the mature animal」
foetus


100I002」

  [★]

  • 生後20日の新生児。甲状腺機能異常を指摘され来院した。在胎41週、出生体重3,320g、Apgarスコア9点(1分)。母親は生来健康である。生後5日の新生児マススクリーニングで異常を指摘され、生後12日に産科で再検査を受けた。TSH 12.0μl(基準0.2~4.0)、FT4 1.5ng/dl(基準0.8~2.2)であったため小児科を紹介された。臍ヘルニアは認めず、便秘もない。四肢の運動は活発である。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I001]←[国試_100]→[100I003

106D022」

  [★]

  • 生後3日の新生児。在胎39週、 2,980gで出生した。心拍数108/分、整。呼吸数42/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。内眼角贅皮、瞼裂斜上、小さい鼻根および巨舌を認める。筋緊張が低下している。両親は「Down症候群の疑いがあります」とだけ説明を受けている。
  • まず行うべき対応として適切なのはどれか。
  • a 合併症について説明する。
  • b 患者会の連絡先を伝える。
  • c 両親の染色体検査を行う。
  • d 両親が何を心配しているかを聞く。
  • e 次回の妊娠時に出生前診断を行うよう勧める。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D021]←[国試_106]→[106D023

106D055」

  [★]

  • 生後4日の新生児。在胎40週、 2,960gで出生した。生後24時間は胎便排泄がなかったため、グリセリン浣腸を行ったところ、暗緑色の胎便が排出された。その後、移行便排泄がなく、次第に腹部が膨隆してきた。昨日から胆汁性の嘔吐を認めるようになった。腹部エックス線写真(別冊No. 24)を別に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D054]←[国試_106]→[106D056

106I076」

  [★]

  • 生後0日の新生児。在胎32週3日、 2,060gで出生した。 Apgarスコアは7点(1分)、 8点(5分)であった。出生後4時間で無呼吸が出現した。心拍数136/分。呼吸数20/分。 SpO2 97%(roomair)。体動は弱い。看護師によると、間欠的に手足を突っ張るような発作があるという。
  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I075]←[国試_106]→[106I077

102B049」

  [★]

  • 生後10日の新生児黄疸を主訴に入院している。在胎39週3日、体重2,950gで出生した。出生後の血清ビリルビン値の変動を表に示す。


  • 異常なのはどれか
  • a. 出生当日の直接ビリルビン値
  • b. 出後2日の総ビリルビン値
  • c. 出後5日の総ビリルビン値
  • d. 出後10日の総ビリルビン値
  • e. 出後10日の直接ビリルビン値
[正答]


※国試ナビ4※ 102B048]←[国試_102]→[102B050

107E043」

  [★]

  • 生後2時間の新生児。在胎39週4日、出生時体重は3,056gである。出生5分後のApgarスコアは10点。体動は良好、泣き声も大きく身体所見に異常を認めない。
  • この児に認められる呼吸はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E042]←[国試_107]→[107E044

108B011」

  [★]

  • 授乳婦、新生児の栄養について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B010]←[国試_108]→[108B012

108G044」

  [★]

  • 生後 1日の新生児。在胎 39週、 2,980 gで出生した。生後 12時間から黄疸が目立つようになり、生後 22時間における血清総ビリルビン値は 20.4 mg/dl(基準 12以下 )であった。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G043]←[国試_108]→[108G045

108G011」

  [★]

  • 新生児乳児の反射について正しいのはどれか。
  • a Moro反射は 1歳ころに消失する。
  • b 吸啜反射は生後 2~ 3か月からみられる。
  • c 生後 1か月の Babinski反射は病的である。
  • d 把握反射の消失は手よりも足の方が早い。
  • e パラシュート反射は生後 9か月前後からみられる。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G010]←[国試_108]→[108G012

108E011」

  [★]

  • 新生児の体液生理について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E010]←[国試_108]→[108E012

105G013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G012]←[国試_105]→[105G014

106B048」

  [★]

  • 生後16時間の新生児。在胎28週0日、体重1,220gで出生した。 Apgarスコア7点(1分)、 8点(5分)。多呼吸とチアノーゼとをきたしている。
  • 他に認められる可能性が高いのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B047]←[国試_106]→[106B049

098G028」

  [★]

  • 新生児について正しいのはどれか。
  • a. 体重の約60%が水分である。
  • b. 体重当たりの体表面積は成人より大きい。
  • c. 細胞外液細胞内液との比率は成人より低い。
  • d. 生理的体重減少は10~15%の範囲である。
  • e. 出生体重が低いほど不感蒸泄は少ない。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G027]←[国試_098]→[098G029

106E001」

  [★]

  • 新生児の生理的黄疸について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D060]←[国試_106]→[106E002

101B053」

  [★]

  • 新生児で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 6頭身である。
  • b. 大泉門は生後7日で閉鎖する。
  • c. Moro反射は両側性に出現する。
  • d. 体温は環境による影響を受けやすい。
  • e. 動脈管は呼吸開始とともに閉鎖する。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B052]←[国試_101]→[101B054

099D034」

  [★]

  • a. 発癌性を持つ。
  • b. タバコの煙に含まれる。
  • c. DNAを直接損傷する。
  • d. 母乳を介して新生児に移行する。
  • e. 環境中の濃度は法律で規制されている。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D033]←[国試_099]→[099D035

104A013」

  [★]

  • 在胎32過、頭位分娩で出生した新生児に合併しやすいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A012]←[国試_104]→[104A014

105E016」

  [★]

  • 正常新生児において自発的な動きのなかで観察できる反射はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E015]←[国試_105]→[105E017

101B084」

  [★]

  • 生後3日の正期産児で異常なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B083]←[国試_101]→[101B085

106G028」

  [★]

  • 健常新生児で生後1週までに低下するのはどれか。
  • a 左室拍出量
  • b 肺血管抵抗
  • c 肺静脈還流量
  • d 大動脈拡張期血圧
  • e 大動脈血酸素飽和度


[正答]


※国試ナビ4※ 106G027]←[国試_106]→[106G029

バイタルサイン」

  [★]

vital sign VS
生命徴候


  • 血圧測定
  • 脈拍、呼吸、体温、血圧、意識
BT BP PR RR consciousness

年齢別の脈拍、呼吸数、血圧

SPE.50
  脈拍数 呼吸数 高血圧基準値
収縮期血圧 拡張期血圧
新生児 120 40~50  
乳児 120 30~40 110 70
幼児 90 20~30 120 70
学童 80 18~20 130 80
中高生 70 16~18 140 85
  新生児 乳児(1歳)  
心拍数 120~160 100~130 /分
呼吸数 30~50 20~40 /分
体重 3.1 9.3 kg
身長 50 75 cm
頭囲 33 46 cm
胸囲 33 46 cm
血圧 70/40 95/50 mmHg
体温 37℃    

PALS AHAガイドライン2010年準拠

心拍数(HR)

  心拍数(/min)
年齢 覚醒時 平均 睡眠時
<生後3ヶ月 85~205 140 80~160
3ヶ月~2歳 100~190 130 75~160
2~10歳 60~140 80 60~90
>10歳 60~100 75 50~90

呼吸数(RR)

年齢 呼吸数(/min)
乳児 (<1歳) 30~60
幼児 (1~3歳) 24~40
就学前小児 (4~5歳) 22~34
学童 (6~12歳) 18~30
思春期 (13~18歳) 12~16

血圧(BP)

年齢  血圧(mmHg)
満期産新生児 (0~28日) <60
乳児 (1~12ヶ月) <70
小児 (1~10歳) <70+(年齢×2)
(10歳~) <90


低体温」

  [★]

hypothermia,low body temperature , low temperature


概念

  • 深部体温が35℃以下に低下した場合をいう。

分類

原因

  • 1. 治療上、故意の低体温 → 神経的予後改善、脳神経手術など
  • 2. 偶発性低体温
  • 1-1. 一次性偶発性低体温:基礎疾患がない人が寒冷に暴露
  • 1-2. 二次性偶発性低体温:重篤な基礎疾患に合併して起こる低体温 → 重篤

重症度

SQ.497
  • 軽度 :32-35℃
  • 中等度:28-32℃
  • 重度 :28℃未満

リスクファクター

HIM.135

症状

(HIM.136)

  中枢神経系 心臓血管系 呼吸器 腎臓&内分泌 神経筋肉
軽度
35-32.2℃
・中枢神経系の代謝の直線的な抑制(linear depression)
・健忘
・感情鈍麻
・判断の誤り
・不適応な行動
・頻脈の後に次第に徐脈
・心周期の延長
・血管収縮
・心拍出量の増加
・血圧の上昇
・頻呼吸、そして進行性の毎分換気量の減少
・酸素消費量の減少
・気管支漏
・気管支攣縮
・利尿
・カテコラミン、副腎ステロイド、T3(トリヨードサイロニン)・T4(サイロキシン)の増加 (血中濃度のことと思う)
・戦慄による代謝の増加
・基礎代謝(basal metabolism)の80%減少
・increased preshivering muscle tone, then fatiguing
中等度
32.2-28.0℃
・EEGの異常
・意識レベルの進行的な低下(progressive depression)
・瞳孔散大
・逆説的脱衣(paradoxical undressing)
・幻視
・脈拍数と心拍出量の進行性の減少
・心房や心室の不整脈の増加
・低体温を示唆するECG(J波)
・低換気
・体温8℃低下するごとに二酸化炭素消費量が50%減少する
・防護的気道反射(protective airway reflexes)の消失
・腎血流量50%増加
・腎自己調整能は保たれる
・インスリン作用の低下
・反射低下
・戦慄による熱産生の減少
・固縮
重度
<28℃
・脳血管の自己調節能の喪失
・脳血流量の減少
・昏睡
・眼反射(ocular reflex)の喪失
・EEGの進行的な低下(decrease)
・血圧、心拍数、および心拍出量の進行性の減少
・リエントリー性のリズム異常(dysthythmia)
・心室細動の最大リスク
・心停止
・肺鬱血と肺水腫
・酸素消費量75%減少
・無呼吸
・心拍出量低下に伴う腎血流量の減少
・極度の乏尿
・(体温の?)変温性
・不動
・神経伝導速度の低下
・末梢の反射消失
・角膜反射、または眼球頭反射(頭位変換眼球反射)の消失

ICU.615

重症度 体温 臨床症状
軽度 32-35℃ 錯乱、寒気、蒼白、ふるえ、頻脈
中等度 28-31.8℃ 嗜眠、震えの減少または消失、徐脈、呼吸数減少
重度 <28℃ 睡気または昏睡、ふるえの欠如、浮腫状の皮膚、散大し固定した瞳孔、徐脈、低血圧、乏尿
重篤 <25℃ 呼吸停止、心停止

心電図

ECGP.187

治療

  • 復温
  • 軽度低体温 :表面加温法(適切な室内温度、衣服の除去、毛布)
  • 中等度低体温:表面加温法(電気毛布、温水ブランケット、赤外線ヒーター、ウォームマット)
  • 高度低体温 :中心加温法による急速加温 → 以前は末梢血管が拡張、代謝の急激な変動により冷たい血液が心臓に流れ込み心室細動を誘発するリスクがあったため緩徐加温としていたが、それでも死亡率は高かった。このため急速加温する事になっている。

参考

  • 1.
まとまっている。
[display]http://handbook.muh.ie/trauma/Environmental/hypothermia.html


脈拍」

  [★]

pulse
脈拍数
  • see. IMD.42,44-45

大きさ

  • 脈拍の大きさ:収縮期と拡張期の間の動脈壁の動きの幅 → 脈圧を反映
1. 大脈(large pulse)
2. 小脈(small pulse)

速さ

  • 動脈壁が上下に動く速さ → 血圧の上昇、下降の急峻さを反映
  • 速脈---大脈で、遅脈---小脈
1. 速脈(rapid pulse)
2. 遅脈(slow pulse)

その他

1. 二峰性脈(double apical pulse)

  • 最初に急峻な峰があり、続いて緩徐な峰を生じる。
  • 左室流出路狭窄を伴う肥大型心筋症(HCM) → HOCM
  • IHSSAR(QB.C-351)

2. 交互脈(alternating pulse)

  • 脈拍の大きさが交互に変化する
  • 心筋梗塞心筋炎など心筋障害があるときにみられる。
  • 心拍出量が一定しない重症心不全の徴候

3. 奇脈(paradoxical pulse)

呼吸による変化

  • (吸気時)拍出量が減る → 駆出時間短縮 → 脈拍の間隔短縮 → 脈拍
(II音のページより)吸気時には、肺静脈が拡張 → 左房・左室への血液還流量が減少 → 左室を充満する血液量減少 → 一回拍出量減少 → 駆出時間の短縮 → A弁の開放時間が短縮
  • 糖尿病により呼吸性変化がなくなるらしい。

成長と脈拍(SPE.50)

  脈拍数
新生児 120
乳児 120
幼児 90
学童 80
中高生 70




胎児」

  [★]

fetus
胎児の発生
  • 産科学:妊娠8週以降の児を指す。
  • 区別すること!!

成長

およそのめやすね。正確ではない。(SPE.68)
25週: 750g
30週:1500g
35週:2000g ←だいたい2200gだけど
40週:3000g
25週から5週間で230週から10週で2

循環器

  • 胎児心拍動は妊娠6週で認められ、妊娠7週目では100%確認できる。(G10M.6 QB.P-209)

感覚系

  • 妊娠10週ごろから刺激に反応して口、指、趾、目を動かす。(NGY.285)

聴覚

  • 妊娠中期には聴覚が発達。(NGY.285)
  • 妊娠28-30週(妊娠後期の始め)には音の刺激により心拍数が増加。(QB.P-190)

胎児の成長

G10M.6改変
妊娠月数
(月)
妊娠週数
(週)
胎児のイベント
1 2 肺胞期着床(受精後6日後)
2 5 中枢神経系、心臓形成開始
6 肺形成開始
7 胚形成、胎盤形成開始
3 9 胎児心拍最速(170-180bpm)
10 躯幹と四肢の運動が超音波で測定可能
11 外陰の性差が決まる(が超音波では分からない)
4 12 排尿が超音波で観察可能、胎便形成開始。
15 胎盤完成。呼吸様運動が不規則に観察可能(10週から始まっているが観察は容易ではない)。
5 16 嚥下が超音波で観察可能。 → 胎盤完成以降に羊水量が(急に)増えるが、嚥下が観察可能になるのはこれと関係ある?
17 外陰の性差が超音波で観察可能
18 胎動を感ずる(18-20週)
6 20 肺サーファクタント産生開始
7 26 肺の構造完成
8 28 肺サーファクタント増加
9 34 胚が成熟、腎の発生完了

国試



呼吸数」

  [★]

respiratory frequency, respiratory rate RR, f
呼吸

正常の呼吸

出典不明
  • 乳児:40回/分
  • 幼児:30回/分
  • 学童:30回/分以下
  • 成人:15-20回/分 10-15回/分(医学事典)

SPE.376

/分
  • 新生児:29-32
  • 乳児 :22-28
  • 幼児 :20-28
  • 学童 :18-20
  • 成人 :16-18

出典不明

  呼吸数(回/分) 脈拍数(回/分) 脈拍数/呼吸数比
新生児 40~50 120 2.4~3.0
乳児 30~40 120 3.0~4.0
幼児 20~30 90 3.0~4.5
学童 18~20 80 4.0~4.4
成人 16~18 70 3.9~4.4

診断基準における呼吸数



新生児封入体結膜炎」

  [★]

neonatal inclusion conjunctivitis
新生児封入体性結膜炎
結膜炎新生児膿漏眼 blennorrhea neonatorum、封入体膿漏眼 inclusion blennorrheaChlamydia trachomatis



ハイリスク新生児」

  [★]

high-risk neonate, high risk infant
ハイリスクベビー high risk baby



同種免疫新生児好中球減少症」

  [★]

isoimmune neonatal neutropenia


新生児聴覚スクリーニング」

  [★]

newborn hearing screening




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡