唾液

出典: meddic

saliva
消化液



  • 唾液の99.5%は水であり、残りの0.5%には重要な役割がある

組成

1. 水分:99%-99.5%
2. 電解質(Na+,K+,Cl-,HCO3-,etc)、分泌速度により濃度が異なる
 [K+],[HCO3-]	:	唾液 > 血漿
 [Na+],[Cl-]	:	血漿 < 血漿
 早い分泌の時、唾液中の[HCO3-]↑、[Na+]↑、[Cl-]↑。よりアルカリ性となる
3. 有機物
 ムチン:=ムコタンパク、潤滑作用
 リゾチーム:溶菌作用
 αアミラーゼ:プチアリン
 血液型物質:糖タンパクの一種
 舌リパーゼ:舌唾液腺より少量
 免疫グロブリン:IgA
 尿素
 カリクレイ:血管拡張作用

機能

1. 消化作用
 αアミラーゼにより、デンプンをマルトースに分解する
 舌リパーゼにより脂肪を加水分解する
2. 保護作用
 逆流した遺産、胆汁を薄める
 口腔内洗浄作用(虫歯予防、口臭予防)
 厚い食物を冷却する
3. 潤滑作用
4. リゾチーム, IgAによる生体防御作用

生成機構

1. 腺房細胞
 一次唾液の分泌
2. 導管系(介在部、線条部)
 Na+,Cl-の吸収
 HCO3-,K+の分泌

分泌調整機構

  • 副交感神経
  • 有機物少、粘度低の唾液を多量分泌
  • 交感神経
  • 有機物多、粘度高の唾液を少量分泌 ← 緊張すると口腔内が粘稠に感じられる
1.脳相(条件反射)
 食物の視覚、嗅覚、聴覚による刺激
2.口腔相(=味覚相)(無条件反射)
 食物による口腔や舌の刺激
3.胃腸相(無条件反射)
 食物による胃の刺激


臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/01 15:35:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 唾液流量検査シートの改良
  • 山口 友隆,竹原 順次,阿部 貴惠,柏崎 晴彦,森田 学,兼平 孝
  • 北海道歯学雑誌 32(1), 2-11, 2011-09-15
  • … 口腔乾燥症は,加齢,薬剤の副作用,更年期障害,全身の水分代謝障害などを原因とし,主に安静時唾液の分泌量低下を主症状とする疾患である。 … 我々は,ペーパークロマトグラフィーの原理とヨードデンプン反応による発色を利用した,3つの発色可能スポットをもつ安静時唾液検査シートを製作した。 …
  • NAID 120003370697
  • P4-1 唾液ホルモンによる睡眠様態の理解(日本生理人類学会第64回大会発表要旨,学会記事)
  • 高齢者対象の水中運動による精神的ストレスへの効果
  • 飛彈 浩一,鈴木 舞,橋本 未来実,鈴木 ももこ,中野 優木,中畑 千夏子,坂田 憲昭,宮越 幸代,太田 克矢,那須 裕
  • 信州公衆衛生雑誌 6(1), 30-29, 2011-08
  • … 本研究では、水中運動による精神的ストレスに対する効果を、水中運動の前後における唾液中に含まれる各種ストレス指原物質{コルチゾール、クロモグラニンA(CgA)、唾液アミラーゼ}の測定及び、心理的覚醒度・快適度を測定する二次元気分尺度を用いて検討した。 …
  • NAID 120003534493

関連リンク

唾液(だえき)は、唾液腺から口腔内に分泌される分泌液である。水、電解質、粘液、多く の種類の酵素からなる。唾液は、唾液腺より分泌される。正常では1日に1~1.5リットル 程度(安静時唾液で700~800ミリリットル程度)分泌される。成分の99.5%が水分で ...
私たちの口の中は、常に唾液が分泌されていて、潤った状態に あります。この唾液の 役目で一番良く知られているのは、ご飯 やパンなどのでんぷん質を、唾液中に含まれる 酵素であるアミ ラーゼが分解して麦芽糖に変え、吸収しやすい形にすることで す。

関連画像

唾液润肤补脾胃 唾液的3大养生 予防歯科における唾液の力唾液 を 採取 して 唾液   反射的に唾液が分泌されます健康に役立つ唾液の働き―消化

添付文書

薬効分類名

  • 唾液腺ホルモン

販売名

パロチン錠10mg

組成

成分・含量

  • 1錠中 唾液腺ホルモン(哺乳動物の唾液腺及び同分泌物質より抽出)10mg

添加物

  • アラビアゴム末,カルナウバロウ,カルメロースカルシウム,サラシミツロウ,ステアリン酸マグネシウム,精製白糖,セタノール,ゼラチン,タルク,沈降炭酸カルシウム,乳糖水和物,白色セラック,ヒマシ油,メチルセルロース

効能または効果

  • 初期老人性白内障
  • 進行性指掌角皮症
  • 通常,1日唾液腺ホルモンとして20〜60mg(2〜6錠)を2〜3回に分割経口投与する.なお,症状により適宜増減する.

薬効薬理

血清カルシウム量を減少させる.(家兎2),イヌ3),ヒト3))

窒素平衡を是正し,体重を増加させる.(ラット4),5))

弾力線維及び結合組織の発育を促進する.(ラット6),モルモット7))

細網内皮系を賦活する.(マウス8),家兎9))

有効成分に関する理化学的知見

性 状

  • 灰褐色〜微褐色の粉末である.


★リンクテーブル★
先読み消化液
国試過去問105B049」「098E024」「105C005」「106H017」「100G100
リンク元腫瘍マーカー」「唾液腺」「唾液核」「耳下腺」「死の前兆
拡張検索唾液腺炎」「唾液のpH」「唾液腺腫脹

消化液」

  [★]

digestive juice, peptic juice


分泌量 (2007年度後期生理学授業プリント)

  分泌量

(L/day)

唾液 0.5-1.5
胃液 1.0-2.0
腸液 2.4-3.0
膵液 1.2-1.5
胆汁 0.5-1.0

吸収量 (2007年度後期生理学授業プリント)

  吸収量

(L/day)

流入量

(L/day)

上位の

消化管

8.0-10.0  
小腸   7.0-9.0
大腸   1.0-2.0

消化液の出納 (2007年度後期生理学授業プリント)

  分泌(L/day) 吸収(L/day)
唾液 0.5-1.5 上位消化管

8.0-10.0, 5.0-10.0(TP)

1.0-2.0
膵臓 0.5-0.8, 1.0(SP)
胆汁 0.5-1.0
小腸 2.4-3.0, 1.5-3.0(TP) 7.0-9.0
大腸   1.0-2.0



105B049」

  [★]

  • 66歳の男性。咽頭違和感と嚥下痛とを主訴に来院した。扁桃に表面不整の腫瘍を認め、扁平上皮癌(T2N1M0)の診断で、上咽頭から鎖骨上部の範囲に放射線治療を行った。口腔内写真(別冊No.6A、 B)を別に示す。
  • 治療直後からみられる合併症はどれか。 3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B048]←[国試_105]→[105B050

098E024」

  [★]

  • 喀痰の一般細菌検査で正しいのはどれか。
  • a. うがいをした後に採取する。
  • b. 採取できない場合には唾液で代用する。
  • c. 検出率を上げるために凍結して検査室へ運ぶ。
  • d. 常在菌の混入を避けるため培地に抗菌薬を混ぜる。
  • e. 培養は30℃で行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E023]←[国試_098]→[098E025

105C005」

  [★]

  • 発熱で受診した患者に行うインフルエンザウイルス迅速抗原検査の検体はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C004]←[国試_105]→[105C006

106H017」

  [★]

  • 唾液に含まれるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H016]←[国試_106]→[106H018

100G100」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G099]←[国試_100]→[100G101

腫瘍マーカー」

  [★]

tumor marker
生物学的腫瘍マーカー biological tumor marker癌マーカー cancer marker、悪性腫瘍特異物質 tumor-specific antigen




肺癌の腫瘍マーカー

  陽性率(疾患があるときに陽性となる確率, 感度)  
肺癌         備考
扁平上皮癌 腺癌 小細胞癌 その他の疾患  
CYFRA21-1 57.5%* 70-80%/73.1%* 30-40% 30-40% 良性疾患:10-15%  
SCC       子宮頸癌、食道癌、皮膚癌  
CEA 40-50%   50-60%      
SLX 70%*   0.4   肝硬変  
NSE 10-30%     70-90%    
proGRP       70-90%/65.1%*   NSEより上昇率が高く、特異性に優れる
KL-6       肺腺癌、膵癌、乳癌で40-50%。間質性肺炎の補助診断  
             
無印:標準呼吸器病学 第1版 p.327。* 臨床検査学第32版 p.634

臨床応用されている腫瘍マーカー (LAB.630)

肝癌関連 AFP, AFP-L3%, PIVKA-II
膵癌ならびにその他の消化器癌 CEA, CA19-9, Dupan-2, CA50, Span-1
肺癌 CEA, sialyl Lex-i (SLX), SCC, SYFRA21-1, NSE, ProGRP
婦人科悪性腫痩
 子宮癌:SCC, CA125
 卵巣癌:CA125, AFP, CEA, CA19-9, GAT
 乳癌 :CA15-3, BCA225, CEA, NCC-ST-439
尿器科悪性腫壕
 前立腺痛:PSA(γ-Sm), PAP
 膀胱癌 :BTA, NMP22
 神経内分泌腫療 NSE
 広範な腫瘍に反応するマーカー
  TPA, BFP, IAP

消化管悪性腫瘍マーカー

  • CEA:胎児癌性蛋白。陽性率:(50-70%)大腸癌、胆道癌、膵癌。(40-60%)肺癌。(30-40%)胃癌。良性疾患でも上昇する(胆嚢炎、胆管炎、膵炎)。
  • DU-PAN-2:2→3シアリルLec抗原を認識する抗体。陽性率:(70-80%)膵癌、(60-70%)胆道癌。Lea-b-の個体でも陽性になる。良性疾患でも上昇する(慢性肝炎、肝硬変、胆道炎症を伴う胆石症)。
  • CA19-9:Leaの基本骨格にシアル酸が結合したもの。陽性率:(80-90%)膵癌。(70-80%)胆道癌。良性疾患でも上昇する((10-40%)閉塞性黄疸、慢性肝炎、肝硬変)。日本人の約7-10%に存在するフコース転移酵素が欠如したLea-b-の個体ではCA19-9は産生されない。
  • SLX:Lexの基本骨格にシアル酸が結合したもの。陽性率:(高い)肺癌、卵巣癌。(50-60%)胆道癌、膵癌。

主な腫瘍マーカー CBT QB vol2 p.297

AFP 肝細胞癌肝芽腫、卵黄脳腫瘍
CEA 消化器系の癌、肺癌乳癌(腺癌の頻度が高く、臓器特異性は低い)
CA19-9 胆道系の癌、膵癌
CA125 卵巣癌
CA15-3 乳癌、卵巣癌
PIVKA-II 肝細胞癌
PSA 前立腺癌

組織型別に有用な腫瘍マーカー(NEWエッセンシャル産科学・婦人科学 第3版 p.236)

上皮性腫瘍
 漿液性腺癌: CA125 *1
 粘液性腺癌: CA19-9 *2, CA72-4, CEA
胚細胞腫瘍
 卵黄嚢腫瘍: AFP *3
 絨毛癌: hCG
 未分化胚細胞腫: LDH *4
 悪性転化を伴う成熟嚢胞性奇形腫(扁平上皮癌) : SCC
性索間質性腫瘍(ホルモン)
 顆粒膜細胞腫,莢膜細胞腫:工ストロゲン
 Sertoli-間質性腫瘍, Leydig細胞腫(門細胞腫) :テストステロン
*1 上皮性腫瘍中で最も有用.類内膜腺癌,明細胞腺癌でも陽性を示す.子宮内膜症,炎症,妊娠初期も軽度-中等度上昇
*2 成熟嚢胞性奇形腫で陽性を示すことがある
*3 胎芽性癌,混合性腔細胞腫療でも陽性を示す
*4 非特異的
also see →「生殖系チュートリアル症例2_プレゼン.ppt」

産婦人科において重要視される腫瘍マーカー

  • 子宮頚部扁平上皮癌から精製された蛋白質
  • 早期癌でも比較的高い陽性率を示し、経過観察にも有用である。
  • 一般に扁平上皮の存在する部位に広範な重症疾患存在すれば血中のSCCは上昇しうる
  • 皮膚表面、唾液中に大量に存在し、採血時に複数回穿刺する事などによるコンタミネーションの可能性があります。

腫瘍マーカー 臓器別

OLM.372改変

(略)


唾液腺」

  [★]

salivary gland (PT), salivary glands
glandulae salivariae
口蓋腺唾液




  • 唾液を分泌する腺 (KL.595)
  • 分泌量は 800-1000 ml/day (KL.595)
  • 1. 小唾液腺 (KL.595)~
口腔粘膜下にある米粒ないし小豆大の小腺
口唇腺頬腺口蓋腺舌腺
口腔粘膜から離れており、分泌物は太い導管によって口腔に送られる~
耳下腺顎下腺舌下腺

神経支配

  • 交感神経 :T1-T3
  • 副交感神経:

分泌される唾液

分泌速度

low flow rate:低張
high flow rate:等張

支配神経

  • 交感神経 :高粘稠、蛋白質に富む
  • 副交感神経:低粘稠、蛋白質に乏しい

臨床

唾液腺の腫脹

  • 感染症
  • ウイルス性
  • ムンプスウイルスなど (→耳下腺)


唾液核」

  [★]

salivatory nucleus
nucleus salivatorius
唾液顔面神経舌咽神経


  • 延髄網様体吻側部に散在する境界不鮮明な細胞集団。唾液や涙腺を支配する副交感神経の節前線維を出す。

唾液核


耳下腺」

  [★]

parotid gland (KH,Z)
glandula parotis
顎下腺舌下腺唾液腺唾液大唾液腺


  • 図:N.21(顔面神経が貫通)

解剖

神経

関係する臓器、組織



死の前兆」

  [★]

omen of death
  • 水分摂取不能、注視力低下・意識低下・傾眠傾向:死亡前1週間以内
  • 唾液・気道分泌物喀出不能で死前喘鳴:死亡前48時間以内
  • 下顎呼吸などの努力呼吸:死亡が近い。下顎呼吸 → 不規則な呼吸 → 呼吸数減少 → 呼吸停止

国試


唾液腺炎」

  [★]

sialoadenitis, sialitis, inflammation of salivary gland



唾液のpH」

  [★]

[[]]
salivaのpH
[[]]
salivaのpH


唾液腺腫脹」

  [★]

salivary gland swelling




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡