上大静脈症候群

出典: meddic

superior vena cava syndrome, SVC syndrome, SVCS
上大静脈頚静脈怒張

概念

  • 上大静脈の閉塞や有意狭窄によって生じる上半身の静脈圧の上昇で、頭部、顔面、上肢、頸部および上半身のうっ血を来す症候群。
  • 肺癌ホジキンリンパ腫(→ホジキン病)、大動脈瘤などの縦隔洞、胸腔内腫瘍により急速に上大静脈が圧迫され、静脈還流異常をまねき、これによって生ずる種々の症状をいう。

病因

病態生理

症状

  • 上肢静脈圧は30-50cmH2Oと上昇し頚部、上腕、胸壁の静脈は怒張し、顔面、上肢の浮腫をみる。
  • 頚静脈、側頭静脈の怒張、起坐呼吸、失神発作
  • 脳浮腫 → 頭痛、めまい、傾眠傾向、(ときどき)痙攣・呼吸困難など
脳静脈圧上昇 → 抗利尿ホルモン分泌亢進 → 脳脊髄循環に悪影響

身体所見

  • (原因疾患が良性で慢性に経過する場合)副血行路が主として奇静脈内胸静脈、側胸静脈、脊椎静脈に生じる。門脈系を通して食道静脈瘤を生じる。

副側路(表在腹壁静脈)の流れる方向

表在腹壁静脈 正常 門脈圧亢進症 上大静脈閉塞症 下大静脈閉塞症
臍以上
 
臍以下

検査

  • 胸部単純X線写真:左第一弓の突出
  • 胸部造影CT:上大静脈の閉塞、奇静脈の拡張
[show details]

治療

  • 原因疾患の治療
  • 手術療法:大動脈瘤や甲状腺腫など
  • 放射線療法・抗癌剤化学療法:摘除不能な悪性腫瘍
  • 対症療法
  • 利尿薬
  • バイパス手術:人工血管にて閉塞部をバイパス
  • 経皮的血管形成術:バルーン拡張やすてんと留置で閉塞部を広げる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



国試




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高度気管狭窄・上大静脈症候群をきたしていた巨大縦隔腫瘍の1症例
  • 篠井 尚子,前島 亨一郎,鈴木 聡,檀浦 徹也,五藤 恵次,森田 潔
  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 32(4), 555-559, 2012-07-14
  • NAID 10030832381
  • 肺癌に伴う上大静脈症候群に対する血管内ステント留置15症例の有効性と安全性
  • 佐藤 奈穂子,向笠 洋介,増永 愛子 [他],佐伯 祥,一安 秀範,佐々木 治一郎,藤井 一彦,池田 理,山下 康行,興梠 博次
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 1(5), 374-380, 2012-07-10
  • NAID 10030794223
  • 今月の症例
  • 肺切除術中に上大静脈症候群をきたした症例
  • 樋口 恭子,荒木 歩,長井 友紀子,西山 由希子,飯島 克博,堀川 由夫,伊地智 和子,田中 修
  • 日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 19(2), 263-264, 2012-04-01
  • NAID 10030556500

関連リンク

上大静脈症候群。上大静脈症候群とはどんな病気か 心臓にもどってくる静脈は2本 あります。ひとつは頭や腕の静脈血を右心房にもどす上大静脈、もうひとつは足や内臓 の静脈血を右心房にもどす下大(かだい)静脈です。上大静脈症候群 gooヘルスケア 家庭 ...
上大静脈症候群. Miranda Kramer, RN, MS. Nurse Practitioner/Clinical Nurse. Specialist. 2008年度兵庫県立大学大学院がんプロ:Advanced Health Assessment in Oncology Nursing Seminar ...
上大静脈症候群 superior vena cava syndrome,SVC-S.

関連画像

考えられる のは どれ か250px-Diagram_of_the_human_heart_(cropped pt バック5cbb6859.jpgpt バック

コメント

投稿日:2014-09-02

扁平上皮肺癌による、上大静脈症候群で閉塞、現在、奇静脈で生きています。3週間前は、余命1年と告知され、今は余命1,2ヶ月と告知されました。ガンの進行が早く大きくなってしまった、リンパ節に転移してると告げられ、急な突然死もあり得る。病理検査を済ませ、8月4日から入院し、放射線と抗がん剤をし、放射線は60回中、30回ほど終わり、抗がん剤は1クール終わった段階。全く効果がなく、癌が進行し、閉塞となってしまった。セカンドオピニオンを希望し、バイパス手術を行えないだろうか?行える、病院を教えて頂きたい。


★リンクテーブル★
国試過去問096A023」「100A021」「102A053」「100F022」「105I062」「104D006」「095A060」「098H022」「100B030
リンク元大動脈解離」「浮腫」「胸水」「大動脈瘤」「腹壁静脈怒張
関連記事症候群」「上大静脈」「静脈」「」「大静脈

096A023」

  [★]

  • 24歳の男性。下肢の浮腫を主訴に来院した。眼球結膜に軽度の黄染を認める。頭部の静脈怒張はない。軽度の腹水貯留と下腿の中等度の浮腫・静脈怒張とを認める。血清生化学所見:尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ピリルピン3.1mg/dl、直接ビリルビン0.6mg/dl、AST(GOT)40単位(基準40以下)、ALTくGP蜀52単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ483単位(基準260以下)。下大静脈造影と右房造影とを同時に施行した写真を以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A022]←[国試_096]→[096A024

100A021」

  [★]

  • 58歳の男性。1か月前から労作時の息切れを自覚し、徐々に増悪したため来院した。意識は清明。身長152cm、体重49kg。脈拍68/分、整。血圧116/82mmHg。心尖部に2/6度の拡張期雑音を聴取するが、体位によっては聴取されない。呼吸音にcracklesを聴取しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球441万、Hb13.1g/dl、Ht38%、白血球7,000、血小板23万。胸部造影CTを以下に示す。
  • 合併症として考えられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A020]←[国試_100]→[100A022

102A053」

  [★]

  • 50歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。1か月前から咳嗽と労作時呼吸困難とが出現し、徐々に増悪した。3日前から顔面と上肢とに浮腫が出現した。胸部右側で呼吸音の減弱を認める。胸部エックス線写真を以下に示す。経気管支擦過細胞診はクラスIVである。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A052]←[国試_102]→[102A054

100F022」

  [★]

  • 65歳の男性。体動時の息切れを主訴に来院した。身長160cm、体重55kg。呼吸数14/分。脈拍76/分、整。血圧138/82mmHg。心音に異常を認めない。左下肺野で呼吸音の減弱を認める。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • この患者に認めるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F021]←[国試_100]→[100F023

105I062」

  [★]

  • 50歳の男性。健康診断で異常を指摘され来院した。精査の結果、肺癌と診断された。初診時の胸部エックス線写真(別冊No.18A)と胸部造影CT(別冊No.18B)とを別に示す。
  • 最も起こりやすいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I061]←[国試_105]→[105I063

104D006」

  [★]

  • 胸部の腫瘍についての組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D005]←[国試_104]→[104D007

095A060」

  [★]

  • 肺水腫をきたすのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A059]←[国試_095]→[095A061

098H022」

  [★]

  • 前胸壁に下行性の静脈怒張を認める。考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H021]←[国試_098]→[098H023

100B030」

  [★]

  • 前胸壁に下行性の静脈怒張を認めるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B029]←[国試_100]→[100B031

大動脈解離」

  [★]

aortic dissection
解離性大動脈瘤

大動脈解離の病態

  拡張 破裂 末梢の循環不全
上行大動脈 大動脈弁不全
上行大動脈瘤
上大静脈症候群
心膜腔出血
心タンポナーデ
胸腔内出血
 
  冠状動脈     狭心症心筋梗塞
弓部大動脈 弓部大動脈瘤
嗄声嚥下障害
縦隔出血  
  弓部分枝     脳血管障害
上肢虚血
下行大動脈 下行大動脈瘤
嚥下障害
胸腔出血
縦隔出血
 
  肋間動脈腰動脈     対麻痺
腹部大動脈 腹部大動脈瘤    
  腹部分枝   腹腔出血
後腹膜出血
腸管虚血
腎動脈     腎虚血
腸骨動脈     下肢虚血
その他の病態 発熱DIC、胸水貯溜    


ガイドライン

  • 1. 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

文献

  • 腹部大動脈瘤の血管内手術と開腹手術、長期死亡率に差なし
  • 腹部大動脈瘤(AAA)の修復を血管内手術または開腹手術によって受けた患者の転帰を8年間にわたって調べた試験(EVER1)で、両者の全死因死亡率、動脈瘤関連死亡率に差はないことが明らかになった。また、開腹手術が適用にならないAAA患者を対象に、血管内手術を受けた患者と介入なしの患者の長期的な転帰を比較した試験(EVER2)では、両者の全死因死亡率にも差はないことが明らかになった。
  • Endovascular repair of aortic aneurysm in patients physically ineligible for open repair.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1872-80. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382982
  • Endovascular versus open repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1863-71. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382983
  • Long-term outcome of open or endovascular repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1881-9.
De Bruin JL et al.
PMID 20484396

国試

  • 105I059:Stanford A偽腔閉塞型急性大動脈解離。ガイドライン1では内科的治療が良いか外科的治療が良いかはどちらともいえないと記載がある。いずれにせよ、早急な降圧が重要である。
[show details]




浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf





胸水」

  [★]

pleural effusion, pleural fluid
胸膜滲出液 pleural exudate
胸水貯留あるいは胸水、胸水貯留
  • 胸膜腔内の液体。

組成

IMD.457
0.1-0.2 ml/kg
細胞数 1000-5000 /ul
 mesothelial cells 3-70%
 monocytes 30-75%
 lymphocytes 2-30%
 granulocyte 10$
蛋白 1-2 g/dl
アルブミン 50-70%
血糖と同じ
LDH 血清レベルの50%以下
pH 血清よりややアルカリ性

種類

  漏出性胸水 滲出性胸水
外観 透明 混濁
比重 <1.015 >1.018
タンパク <2.5 g/dL >3.0 g/dL
LDH <200単位 >200単位
Rivalta反応 (-) (+)

原因疾患

  • 漏出性胸水:うっ血性心不全が多い
  • 滲出性胸水:結核性胸膜炎と癌性胸膜炎が半数以上

漏出性胸水

原因による分類

  • 静水圧↑:うっ血性心不全、収縮性心膜炎、アミロイドーシス
  • 血漿膠質浸透圧↓:ネフローゼ症候群、肝硬変、低栄養

滲出性胸水

身体所見

  • 打診
  • 肺肝境界:(右肺ならば)上昇
  • 心濁音境界:(十分に貯留していれば)消失
  • 聴診
  • 呼吸音:減弱~消失。
  • 肺胞呼吸音減弱
  • 気管支呼吸音増強




大動脈瘤」

  [★]

aortic aneurysm, aneurysm of the aorta
動脈瘤大動脈弁輪拡張症 AAE

概念

  • 大動脈に発生する動脈瘤。

分類

部位

病理

疫学

好発部位

  • 腎下部腹部大動脈瘤 60%
  • 上行大動脈瘤    16%
  • 弓部下行大動脈瘤   7%
  • 腎上部腹部大動脈瘤  5%
  • 胸腹部大動脈瘤    2%
  • 動脈硬化性の大動脈瘤の頻度が増加

腹部AAと胸部AAの比較 (YN.C146)

  胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤
aortic aneurysmに占める割合 1/3 2/3
癒着症状 オリバー・カルダレッリ徴候  
圧迫症状 胸痛・背部痛、呼吸困難・喘鳴・咳、嚥下困難、頚静脈怒張嗄声Horner症候群上大静脈症候群、前胸部拍動性腫瘤 腰痛、腹痛、イレウス、腹部拍動性腫瘤
破裂症状 突然の激烈な胸痛、背部痛、ショック 腰背部痛、貧血、ショック
その他   下肢動脈閉塞症状(blue toe症候群)

病因

YN.C-145

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

治療

  • 胸部AA > 5cm、腹部AA > 6cmで破裂のリスクが高まる。

手術療法

動脈瘤


腹壁静脈怒張」

  [★]

venous dilatation on abdominal wall
腹壁静脈
血流の向き 疾患
↓↓↓ 上大静脈の閉塞(上大静脈症候群)
↑↑↑

↓↓↓
門脈~肝静脈の閉塞(肝硬変・門脈閉塞などによる門脈圧亢進)
↑↑↑ 下大静脈の閉塞




症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



上大静脈」

  [★]

superior vena cava (KH), SVC
vena cava superior


由来

走行


臨床関連

  • 上大静脈症候群


静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


大静脈」

  [★]

vena cava
静脈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡