スフィンゴミエリン

出典: meddic

sphingomyelin
スフィンゴ脂質スフィンゴ脂質蓄積症





異化

臨床関連


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/12 11:33:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1A1336 P57 生細胞におけるスフィンゴミエリンの分布状態の可視化(生体膜・人工膜1(構造・物性、ダイナミクス),第49回日本生物物理学会年会)
  • Suzuki Mayu,Ikenouchi Junichi,Umeda Masato
  • 生物物理 51(SUPPLEMENT_1), S27, 2011-08-15
  • NAID 110008902966
  • スフィンゴミエリンによる走化性運動の制御
  • 浅野 智志,北谷 和之,谷口 真,橋本 真由美,武谷 浩之,座間 宏太,光武 進,五十嵐 靖之,清川 悦子,松田 道行,岡崎 俊朗
  • 脂質生化学研究 53, 236-238, 2011-04-28
  • NAID 10028179043
  • スフィンゴミエリン合成酵素SMS2は脂質マイクロドメインに存在し、脂肪肝の形成に関与する
  • 光武 進,横田 はづき,座間 宏太,山下 匡,岡崎 俊朗,渡辺 研,五十嵐 靖之
  • 脂質生化学研究 53, 42-43, 2011-04-28
  • NAID 10028178793

関連リンク

スフィンゴミエリンは謎の多い物質です。110年ほど前のドイツの研究者が脳に存在する脂質を発見し、これを「スフィンゴリピド※」と名付けました。「スフィンゴ」は「スフィンクス」からとった造語で、機能がよくわからない謎の ...
栄養・生化学辞典 スフィンゴミエリンの用語解説 - リン脂質の一種.セラミドにリン酸コリンが結合したもの.動物組織に広く存在する. ... サントリー‘リフタージュ’ 抜群の保水力で注目される話題の美容成分 プロテオ ...
また、スフィンゴリン脂質の例にはセラミドや スフィンゴミエリン がある。この構造を下に 示す。 リン脂質. この図でXの部分が ならセラミドであり、 (コリン)であるなら スフィンゴミエリン である。 ・糖脂質糖脂質は主に脳の ...

関連画像

ナノ化スフィンゴミエリン配合参考文献スフィンゴミエリンの画像 p1_2スフィンゴミエリンの画像 p1_3スフィンゴミエリンの画像 p1_5350px-Sphingomyelin.png


★リンクテーブル★
先読みスフィンゴ脂質蓄積症
国試過去問085B074
リンク元リソソーム病」「リピドーシス」「スフィンゴ脂質」「L/S比」「胎児肺成熟度
拡張検索スフィンゴミエリンホスホジエステラーゼ」「レシチン・スフィンゴミエリン比」「スフィンゴミエリン蓄積症」「スフィンゴミエリンリピドーシス
関連記事リン」「ミエリン」「ゴミ

スフィンゴ脂質蓄積症」

  [★]

sphingolipid storage disease
リソソーム蓄積症 lysosomal strage disease


085B074」

  [★]

  • 羊水検査について適切でない組み合わせはどれか

リソソーム病」

  [★]

lysosomal storage disease, lysosomal disease
リソソーム蓄積症リソゾーム病ライソソーム病ハリソン病 Harrison disease
糖原病
[show details]


分類 疾患 酵素欠損 主要蓄積代謝産物
糖原貯蔵病 II型糖原病, ポンペ病 グルコシダーゼ グリコーゲン
スフィンゴリピド貯蔵病 GM1ガングリオシドーシス GM1ガングリオシドβ-ガラクトシダーゼ GM1ガングリオシド
GM2ガングリオシドーシス, テイ-サックス病 ヘキソサミニダーゼA GM2ガングリオシド
スルファチド ゴーシェ病 グルコセレブロシダーゼ グルコセレブロシド
ニーマン・ピック病 スフィンゴミエリナーゼ スフィンゴミエリン
ムコ多糖貯蔵病 MPS I H L-イズロニダーゼ ヘパラン硫酸デルマタン硫酸
MPS II, ハンター症候群 L-イズロノスルフェートスルファターゼ ヘパラン硫酸デルマタン硫酸
糖タンパク貯蔵病   糖タンパク質のオリゴサッカライド  


リピドーシス」

  [★]

lipidosis
脂質蓄積症 lipid storage disease網内系脂肪蓄積症
リソソーム病異脂肪血症脂質代謝異常異リポ蛋白血症脂質蓄積症
分類 疾患 酵素欠損 主要蓄積代謝産物
スフィンゴリピド GM1ガングリオシドーシス GM1ガングリオシドβ-ガラクトシダーゼ GM1ガングリオシド
GM2ガングリオシドーシス, テイ・サックス病 ヘキソサミニダーゼA GM2ガングリオシド
スルファチド ゴーシェ病 グルコセレブロシダーゼ グルコセレブロシド
ニーマン・ピック病 スフィンゴミエリナーゼ スフィンゴミエリン



スフィンゴ脂質」

  [★]

sphingolipid
経表皮水分喪失


  • セラミドの誘導体(その元はスフィンゴシン)であり、主要な膜成分として機能。

分類

  • スフィンゴミエリン

臨床関連

  • リソソーム蓄積病


L/S比」

  [★]

L/S ratio
レシチン/スフィンゴミエリン比 lecithin/sphingomyelin ratio
レシチン(ホスファチジルコリン)、スフィンゴミエリン



胎児肺成熟度」

  [★]

胎児肺成熟、羊水検査、肺表面活性物質


スフィンゴミエリンホスホジエステラーゼ」

  [★]

sphingomyelin phosphodiesterase
スフィンゴミエリン分解酵素スフィンゴミエリナーゼ


レシチン・スフィンゴミエリン比」

  [★]

lecithin-sphingomyelin ratio
L/S比


スフィンゴミエリン蓄積症」

  [★] ニーマン・ピック病


スフィンゴミエリンリピドーシス」

  [★] ニーマン・ピック病


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ミエリン」

  [★]

myelin
髄鞘



ゴミ」

  [★]

garbage
汚物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡