100H009

  • 67歳の男性。悪臭鼻漏と複視とを主訴に来院した。4か月前から悪臭鼻漏と鼻出血とを繰り返すようになり、歯痛もある。右側の眼球突出と複視とが徐々に出現し、顔貌も変形してきた。副鼻腔単純CT冠状断面を以下に示す。 考えられるのはどれか。



※国試ナビ4※ 100H008]←[国試_100]→[100H010



★リンクテーブル★
国試過去問100H008」「100H010

100H008」

  [★]

  • 46歳の男性。1か月前から両足がジンジンしびれ、感覚が次第に鈍くなったため来院した。肺結核の治療で3か月前からリファンピシン、イソニアジド及びエタンブトールを内服している。診察で四肢に深部腱反射の消失と両側下肢に靴下状の全感覚低下とを認める。
  • この患者で欠乏しているのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H007]←[国試_100]→[100H009

100H010」

  [★]

  • 72歳の女性。健康診査で心雑音を指摘され来院した。身長158m、体重53kg。脈拍84/分、整、遅脈。血圧102/86mmHg。心エコー図を以下に示す。画像:100H10B.jpg 300px
  • この患者でみられるのはどれか。
  • a. I音の亢進
  • b. II音の固定性分裂
  • c. 心尖部拡張期ランブル
  • d. 第2肋間胸骨左縁連続性雑音
  • e. 第2肋間胸骨右縁収縮期駆出性雑音


[正答]


※国試ナビ4※ 100H009]←[国試_100]→[100H011