099C003

  • 28歳の男性。長期海外出張から帰国した後に全身倦怠感が出現したため、産業医の勧めで来院した。検査を行ったが異常はなく、心身症と診断した。患者はその後無断欠勤を続けており、会社から診断書を発行して欲しいとの連絡を電話で受けた。
  • まず行う対応で適切なのはどれか。
  • a. 本人の同意を得て欲しいと伝える。
  • b. 家族の同意を得て欲しいと伝える。
  • c. 診断書を作成し本人に郵送する。
  • d. 診断書を作成し産業医に郵送する。
  • e. 診断書を作成し会社に郵送する。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C002]←[国試_099]→[099C004



★リンクテーブル★
国試過去問099C004」「099C002

099C004」

  [★]

  • 85歳の女性。「夕方になると右鼠径部から大陰唇にかけて腫れて痛い」という訴えで来院した。医師と患者との面接内容を以下に示す。
  • 医師①「いつから、どんな症状があるのか、ゆっくり話してみてください」
  • 患者「2年前からこのあたりが痛むのです」(右鼠径部を指差す)
  • 医師「そうですか」
  • 患者「それに股のあたりが夕方になると腫れてきます」
  • 医師②「それはご心配ですね」
  • 患者「心配で夜も眠れなくなってしまいましたj
  • 医師「2年間どうしていらっしゃいましたか」
  • 患者「整形外科にも外科にも産婦人科にも行きました」
  • 医師③「どんなふうに言われましたか」
  • 患者「なんともないと言われました。CTも撮りましたのに」
  • 医師「夕方腫れてくるなら、ヘルニアって言われませんでしたか」
  • 患者「いいえ」
  • 医師④「‥‥・(沈黙)‥‥・」
  • 患者「前はこんなふうじゃなかったんです」
  • 医師「こんなふうじゃないというと?」
  • 患者「主人はそれは大きな人でして。私は長い聞きちんと介護できましたから」
  • 医師「それはいつころのことですか」
  • 患者「8年前から2年前までです」
  • 医師⑤「そうするとご主人が亡くなられてから、痛みが始まったのですか」
  • 医師の会話①~⑤について正しいのはどれか。
  • a. ①は限定的で患者が話しにくい質問である。
  • b. ②は唐突な応答になっている。
  • c. ③は診断することを回避しようとしている。
  • d. ④は話の促進に役立っている。
  • e. ⑤は患者の心の傷を逆なでしている。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C003]←[国試_099]→[099C005

099C002」

  [★]

  • 28歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。兄も歩行障害があり、脊髄小脳変性症と診断されている。自分の症状がよく似ており、その病気ではないかと心配している。診察で、小脳性運動失調が認められ、遺伝性小脳変性症と診断された。
  • 医師の対応として適切なのはどれか。
  • a. 遺伝子診断を受けるように強く勧める。
  • b. 疾患について患者が理解するまでよく説明する。
  • c. 職場の上司に診断名を知らせる。
  • d. 看護師ソーシャルワーカーの支援を求めない。
  • e. 同意を得ずに家系調査を行う。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C001]←[国試_099]→[099C003