099C004

  • 85歳の女性。「夕方になると右鼠径部から大陰唇にかけて腫れて痛い」という訴えで来院した。医師と患者との面接内容を以下に示す。


  • 医師①「いつから、どんな症状があるのか、ゆっくり話してみてください」
  • 患者「2年前からこのあたりが痛むのです」(右鼠径部を指差す)
  • 医師「そうですか」
  • 患者「それに股のあたりが夕方になると腫れてきます」
  • 医師②「それはご心配ですね」
  • 患者「心配で夜も眠れなくなってしまいましたj
  • 医師「2年間どうしていらっしゃいましたか」
  • 患者「整形外科にも外科にも産婦人科にも行きました」
  • 医師③「どんなふうに言われましたか」
  • 患者「なんともないと言われました。CTも撮りましたのに」
  • 医師「夕方腫れてくるなら、ヘルニアって言われませんでしたか」
  • 患者「いいえ」
  • 医師④「‥‥・(沈黙)‥‥・」
  • 患者「前はこんなふうじゃなかったんです」
  • 医師「こんなふうじゃないというと?」
  • 患者「主人はそれは大きな人でして。私は長い聞きちんと介護できましたから」
  • 医師「それはいつころのことですか」
  • 患者「8年前から2年前までです」
  • 医師⑤「そうするとご主人が亡くなられてから、痛みが始まったのですか」


  • 医師の会話①~⑤について正しいのはどれか。


  • a. ①は限定的で患者が話しにくい質問である。
  • b. ②は唐突な応答になっている。
  • c. ③は診断することを回避しようとしている。
  • d. ④は話の促進に役立っている。
  • e. ⑤は患者の心の傷を逆なでしている。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C003]←[国試_099]→[099C005



★リンクテーブル★
国試過去問099C005」「099C003

099C005」

  [★]

  • 医師と糖尿病患者Aさんとの会話を以下に示す。
  • 医師「Aさん、今日の検査の結果では、空腹時血糖は122mg/dlですがHbA1cは8.5%で、先月の8.3%に比べて良くありませんね」
  • 患者「先生、どうも食事療法が上手くいきません。どうしたらよいでしょうか」
  • 医師①「では、最近の食事の内容について、どうぞ、ご自由に詳しく話してください」
  • 患者「いつも朝食は和食で、ご飯は軽く二膳と・・・(中略)・・・です。それから、時に間食もしています」
  • 医師②「はい、それで(うなずく)」
  • 患者「最近、勤務が三交替になり、仕事が終わると同僚と軽く食事をすることも多く、日によって薬を飲み忘れることがあります」
  • 医師③「それで、Aさんとしてはご自分の病気をどのようにお考えですか。どうしてほしいと患っていますか」
  • 患者「勤務形態が変わったので、食事の時間が不規則になっています。薬を飲み忘れないようにしたいのです」
  • 医師④「そうですか、飲み忘れをできるだけなくし、糖尿病の改善に向けて力になりたいと思います」
  • 患者「よろしくお願いします」
  • 医師⑤「他にも何か言い忘れたご心配な点がありますか」
  • 誤っているのはどれか。
  • a. ①は開放型の質問である。
  • b. ②は面接の促進に役立っている。
  • c. ③は解釈モデルを聞いている。
  • d. ④は患者支援の姿勢を示している。
  • e. ⑤は評価的対応である。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C004]←[国試_099]→[099C006

099C003」

  [★]

  • 28歳の男性。長期海外出張から帰国した後に全身倦怠感が出現したため、産業医の勧めで来院した。検査を行ったが異常はなく、心身症と診断した。患者はその後無断欠勤を続けており、会社から診断書を発行して欲しいとの連絡を電話で受けた。
  • まず行う対応で適切なのはどれか。
  • a. 本人の同意を得て欲しいと伝える。
  • b. 家族の同意を得て欲しいと伝える。
  • c. 診断書を作成し本人に郵送する。
  • d. 診断書を作成し産業医に郵送する。
  • e. 診断書を作成し会社に郵送する。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C002]←[国試_099]→[099C004