095D040

  • 26歳の女性。3年間の不妊を訴えて来院した。内診では子宮は正常大であるが、超音波検査で子宮内膜の肥厚がみられ、内膜掻把組織診で子宮内膜異型増殖症と診断された。この患者に適切な治療法はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D039]←[国試_095]→[095D041



★リンクテーブル★
国試過去問095D041」「095D039

095D041」

  [★]

  • 63歳の女性。2か月前からの不正性器出血、体重減少および下腹部のしこりを訴え来院した。初診時、貧血はなく、内診では手拳大の子宮を触れ、付属器には異常を認めない。子宮腫瘍の診断で摘出手術を行った。摘出臓器の割面写真とH-E染色標本とを以下に示す。この疾患について正しいのはどれか。
  • a. 超音波検査で子宮筋腫と鑑別できる。
  • b. CA125が上昇する。
  • c. 上皮性の子宮腫瘍である。
  • d. 血行性に転移する。
  • e. 術後に放射線治療が有効である。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D040]←[国試_095]→[095D042

095D039」

  [★]

  • 75歳の男性。右下肢の激痛のため歩行不能となり来院した。2年前に右大腿骨頚部骨折のため骨接合術を受けた。1年前から夜間頻尿があり、排尿困難も自覚していた。骨盤部単純エックス線写真を以下に示す。
  • 診断に有用な腫瘍マーカーはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D038]←[国試_095]→[095D040