095D031

  • 75歳の女性。腹痛と悪心・嘔吐とを主訴に来院した。脈拍88/分、整。血圧124/62mmHg。意識は清明。腹部は膨隆し手術瘢痕を右下腹部に認める。血液所見:赤血球401万、Hb 12.6 g/dl、白血球9,000、血清生化学所見:アルブミン3.8 g/dl、尿素窒素36 mg/dl、クレアチニン1.4 mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、GOT 40単位(基準40以下)、GPT 45 単位(基準35以下)、Na138mEq/l、K3.1mEq/l、CRP 1.0 mg/dl (基準0.3以下)。来院時の腹部立位単純エックス線正面写真を以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。
  • a. 抗コリン薬投与
  • b. 麻薬投与
  • c. 副腎皮質ステロイド薬大量投与
  • d. 輸血
  • e. ロングチューブによる腸内容の吸引排除



[正答]


※国試ナビ4※ 095D030]←[国試_095]→[095D032



★リンクテーブル★
国試過去問095D032」「095D030

095D032」

  [★]

  • 65歳の女性。坂道での動悸と息切れとを主訴に来院した。3か月前から家族に顔色不良を指摘されていた。1か月前から主訴を自覚しはじめ、徐々に悪化した。脈拍96/分、整。血圧134/64mmHg。表在リンパ節腫大はない。腹部で左肋骨弓下に脾を2cm触知する。血液所見:赤沈123mm/1時間、赤血球145万、Hb 6.6g/dl、Ht20%、MCV 138μm3、網赤血球 230‰、白血球8,900、血小板36万。血清生化学所見:総ビリルビン2.7 mg/dl、間接ビリルビン1.9mg/dl、GOT50単位(基準40以下)、GPT32単位(基準35以下)、LDH650単位(基準175~353)、ハプトグロビン10mg/dl以下(基準19~170)。直接Coombs試験陽性、寒冷凝集反応32倍(基準128以下)。
  • 適切な治療法はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D031]←[国試_095]→[095D033

095D030」

  [★]

  • 70歳の男性。3か月前から心窩部と背部とに鈍痛があり来院した。4か月で5kgの体重減少がある。腹部と背部との身体所見に異常を認めない。ERCPを以下に示す。
  • この疾患の診断に有用な腫瘍マーカーはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D029]←[国試_095]→[095D031