095C014

  • 28歳の初産婦。妊娠39週で自然陣痛が起こり入院した。身長158cm、体重83kg、脈拍80/分、整。血圧120/80mmHg。分娩経過観察中であったが、子宮ロ5cm開大で分娩進行が停止した。胎児心拍数異常も出現したので緊急帝王切開術が行われた。児は2,450gの女児、出血量は680 g、手術時間は45分であった。術後48時間のベッド上安静後、歩行を開始したところ、トイレで排尿後に突然激しい胸痛と呼吸困難とを訴え、チアノーゼが出現した。最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C013]←[国試_095]→[095C015



★リンクテーブル★
国試過去問095C013」「095C015

095C013」

  [★]

  • 25歳の1回経産婦。妊娠38週で昨夜から3、4分毎の自然陣痛が発来し、翌朝破水を訴え入院した。今回の妊娠経過中に異常は指摘されていない。入院時の内診所見では子宮口3cm開大、展退度80%、破水していた。
  • 児は第2順位で推定体重が2,700 g、先進部は浮動していた。胎児心拍数陣痛計を装着し陣痛室で観察していたところ5時間後の内診で、子宮口5cm開大、展退度80%、先進部はほぼ固定、小泉門を3時の位置に触れた。
  • この時点の胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • 次に行うべきことはどれか。
  • a. 妊婦を病室に戻す。
  • b. 胎位胎向を確認する。
  • c. このまま自然経過を観察する。
  • d. オキシトシン投与を開始する。
  • e. 帝王切開術を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 095C012]←[国試_095]→[095C014

095C015」

  [★]

  • 38歳の男性。両眼の視力障害と視野異常とを訴えて来院した。視力は右0.3(矯正不能)、左0.8(矯正不能)。眼圧は右12mmHg、左13mmHg。眼底検査で両眼の視神経乳頭の蒼白化がみられる。視野を以下に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095C014]←[国試_095]→[095C016