G-CSF

出典: meddic

granulocyte colony-stimulating factor granulocyte colony stimulating factor

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/05 01:55:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Therapy-related myelodysplastic syndrome/acute myeloid leukemia with del(7)(q22) in a patient with de novo AML.
  • Kim YG, Cho SY, Park TS, Oh SH, Yoon HJ.SourceDepartment of Internal Medicine, School of Medicine, Kyung-Hee University, Seoul, Korea.
  • Annals of clinical and laboratory science.Ann Clin Lab Sci.2011 Fall;41(1):79-83.
  • A 55-year-old Korean woman was initially diagnosed with acute myelomonocytic leukemia (AML). After induction chemotherapy was performed using cytarabine, idarubicin, and G-CSF, complete remission (CR) was subsequently achieved following reinduction chemotherapy using the same chemotherapeutic agents
  • PMID 21325260
  • Structural requirements for the inhibition of calcium mobilization and mast cell activation by the pyrazole derivative BTP2.
  • Law M, Morales JL, Mottram LF, Iyer A, Peterson BR, August A.SourceCenter for Molecular Immunology and Infectious Disease, Department of Veterinary and Biomedical Sciences, The Pennsylvania State University, University Park, PA 16802, USA; Huck Institutes of the Life Sciences, Immunology and Infectious Diseases Graduate Program, The Pennsylvania State University, University Park, PA 16802, USA; Department of Microbiology & Immunology, Cornell University, Ithaca, NY, USA.
  • The international journal of biochemistry & cell biology.Int J Biochem Cell Biol.2011 Aug;43(8):1228-39. Epub 2011 May 4.
  • Mast cells play a critical role in the development of the allergic response. Upon activation by allergens and IgE via the high affinity receptor for IgE (Fc?RI), these cells release histamine and other functional mediators that initiate and propagate immediate hypersensitivity reactions. Mast cells
  • PMID 21558014

和文文献

  • G-CSF投与による骨髄由来間葉系組織修復細胞を介した胃潰瘍の創傷治癒促進効果
  • 症例 肺膿瘍を合併した壊疽性膿皮症--白血球除去療法を用いた1例
  • 稲川 紀章,池澤 優子,高橋 一夫 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(4), 629-633, 2011-04
  • NAID 40018782509

関連リンク

顆粒球コロニー刺激因子(granulocyte-colony stimulating factor: G-CSF)に対する評価項目としては,好中球減少程度,好中球減少期間,発熱性好中球減少症(febrile neutropenia: FN),感染症発症頻度,それらに伴う入院期間の ...
〔G-CSF製剤〕 薬品名 規格 用法・用量 効能・効果 フィルグラスチム filgrastim グラン Gran Syring(協和発酵キリン) シリンジ:75μg/0.3mL/シリンジ 150μg/0.6mL/シリンジ M300μg/0.7mL/シリンジ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107I062」「099G056」「098A033」「105B045」「105G038」「108B007
リンク元サイトカイン」「サイトカイン受容体」「骨髄移植」「フィルグラスチム」「顆粒球コロニー刺激因子
拡張検索G-CSF受容体」「G-CSFレセプター」「rhG-CSF」「異所性G-CSF産生腫瘍
関連記事C」「CS」「g」「G」「CSF

107I062」

  [★]

  • 68歳の女性。発熱咳嗽とを主訴に来院した。5日前から発熱、および喀痰がみられ、昨日から倦怠感が強くなったため受診した。胸部エックス線写真で両側下肺野に浸潤影を認め、急性肺炎と診断された。入院時、意識は清明。身長158cm、体重46kg。体温38.3℃。脈拍88/分、整。血圧108/64mmHg。呼吸数24/分。SpO2 96%(room air)。皮膚と粘膜とに明らかな出血傾向を認めない。両側下肺にcoarse cracklesを聴取する。血液所見:赤血球390万、Hb 11.4g/dl、Ht 37%、白血球18,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球80%、リンパ球12%)、血小板6.3万、PT 68%(基準80~120)、APTT 48秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン130mg/dl(基準200~400)、血清FDP 60μg/ml(基準10以下)。CRP 21mg/dl。
  • 抗菌薬の投与とともに行う処置で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I061]←[国試_107]→[107I063

099G056」

  [★]

  • 51歳の男性。非Hodgkinリンパ腫に対する外来化学療法を開始して12日後に、悪寒を伴う39.1℃の発熱をきたしたため入院した。意識は清明。呼吸困難と咳とはない。脈拍116/分、整。血圧110/72mmHg。血液所見:赤血球415万、Hb13.4g/dl、Ht44%、白血球1,100(桿状核好中球1%、分葉核好中球24%、単球7%、リンパ球68%)、血小板9.7万。血清生化学所見:総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.6g/dl、AST32単位、ALT28単位、LDH285単位(基準176~353)、Na139mEq/l、K4.2mEq/l、Cl101mEq/l、CRP13.8mg/dl。入院後、直ちに血液培養のための採血を行った。治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G055]←[国試_099]→[099G057

098A033」

  [★]

  • 32歳の女性。3日前から続く高熱と咽頭痛とを主訴に来院した。甲状腺機能亢進症のため、1か月前から抗甲状腺薬を服用している。体温38.9℃、脈拍120/分、整。血圧120/80mmHg。咽頭と口蓋扁桃とに偽膜を認める。胸部打聴診で具常所見はない。腹部は平坦で肝・脾は触知しない。血液所見:赤血球450万、Hb14.0g/dl、Ht42%、白血球1,200(桿状核好中球2%、分葉核好中球2%、単球9%、リンパ球87%)、血小板22万。血清生化学所見:AST35単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)、LDH220単位(基準176~353)。まず投与するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A032]←[国試_098]→[098A034

105B045」

  [★]

  • 55歳の男性。健康診断で白血球増多を指摘され来院した。自覚症状は特にないという。身長168cm、体重65kg。体温36.6℃。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm、左肋骨弓下に脾を2cm触知する。血液所見:赤血球 475万、Hb 13.4g/dl、Ht 43%、白血球 23,000(前骨髄球2%、骨髄球5%、後骨髄球3%、桿状核好中球12%、分葉核好中球58%、好酸球6%、好塩基球4%、単球3%、リンパ球7%)、血小板54万。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。
  • a 腹部単純CT
  • b 骨髄染色体検査
  • c G-CSF濃度測定
  • d エリスロポエチン濃度測定
  • e ポジトロンエミッション断層撮影 PET


[正答]


※国試ナビ4※ 105B044]←[国試_105]→[105B046

105G038」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105G037]←[国試_105]→[105G039

108B007」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108B006]←[国試_108]→[108B008

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




サイトカイン受容体」

  [★]

cytokine receptor
サイトカイン
  • 多ユニット構造を取ることが特徴である。

サイトカイン受容体ファミリー

  • 細胞外領域に200a.a.からなる共通構造を有する。
  • HRF motif, hematopoietin receptor family motif
  • 細胞外領域のN末側に4つのCysが存在
  • 細胞外領域の膜貫通部位付近にWSXWSモチーフが存在
shared γc IL-2, IL-4, IL-7, IL-9, IL-13, IL-15
shared gp130 IL-6, G-CSF, IL-11, IL-12, LIF, OSM, CNTF
shared gp140 IL-3, IL-5, GM-CSF

チロシンキナーゼファミリー

IL-1受容体ファミリー

TNF受容体ファミリー

ケモカイン受容体ファミリー


骨髄移植」

  [★]

bone marrow transplantation BMT
造血幹細胞移植拒絶反応



メモ



フィルグラスチム」

  [★]

filgrastim
グラン, Neupogen
G-CSF


  • 遺伝子組換えG-CSF製剤



顆粒球コロニー刺激因子」

  [★]

granulocyte colony-stimulating factorG-CSF



G-CSF受容体」

  [★]

G-CSF receptor
顆粒球コロニー刺激因子受容体顆粒球コロニー刺激因子レセプターG-CSFレセプター


G-CSFレセプター」

  [★]

G-CSF receptor
顆粒球コロニー刺激因子受容体顆粒球コロニー刺激因子レセプターG-CSF受容体


rhG-CSF」

  [★]

recombinant human granulocyte colony-stimulating factor


異所性G-CSF産生腫瘍」

  [★]

ectopic G-CSF-producing tumor


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CS」

  [★]


g」

  [★] グラム

gram

WordNet   license wordnet

「a unit of force equal to the force exerted by gravity; used to indicate the force to which a body is subjected when it is accelerated」
gee, g-force


G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


CSF」

  [★]



"http://meddic.jp/G-CSF" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡