運動療法

出典: meddic

exercise therapy, therapeutic exercise
機能訓練物理療法理学療法



therapeutic exercise


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/30 14:31:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨粗鬆症に対する運動療法 (特集 今,改めて骨粗鬆症の重要性を考える)
  • 小児2型糖尿病 : 診断と治療 (特集 症例から学ぶ糖尿病)
  • 浦上 達彦,奥野 美佐子
  • 小児科診療 75(12), 2213-2219, 2012-12
  • NAID 40019491309

関連リンク

糖尿病の運動療法としては、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの運動を中心に行うとよいでしょう。 運動の強度 運動の強さに比例して 心拍数 は増えるので、心拍数(脈拍数)から、どの程度の運動をしているかが ...
運動療法の注意点 (1)血糖値は食後1時間から1時間半位でピークに達します。食後1時間くらいに運動を開始すると、高くなる血糖を抑えられます。 (2)糖に対する運動療法の効果は、およそ48時間位持続するといわれています。

関連画像

 ―効果的な運動療法のために運動療法をはじめる前に、必ず 糖尿病の運動療法とはどんな  のための運動療法を行う条件ひざの運動療法 - 無痛治療 メタボ対策の運動療法:運動の


★リンクテーブル★
先読み理学療法」「機能訓練」「物理療法
国試過去問105C027」「101A051」「106D059」「099G050」「103A032」「105G039」「105H021」「095C040」「106H026」「102I059」「106E054」「106B026
関連記事」「療法

理学療法」

  [★]

physical therapy PTphysiotherapyphysiatry
物療科物療医学物理療法理学療法士



機能訓練」

  [★]


-運動療法
therapeutic exercise


物理療法」

  [★]

physical therapy, physiotherapy


105C027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 40歳の男性。性格の変化を主訴に妻と実姉とに伴われて来院した。
  • 現病歴   最近、すぐ怒り出すようになった。自己中心的に生活しており、常識的な対応ができなくなってきた。自閉症である8歳の長男の世話を頼まれても、飲酒し放置している。家族がアルコールの飲み過ぎを指摘すると否定し、隠れ飲みをしている。しばしば仕事を休んでは朝から焼酎を飲んでいる。患者本人は特別な症状では悩んでいない。家族に説得されてしぶしぶ一般内科を受診した。
  • 既往歴   35歳時に痛風
  • 生活歴   会社員。夜勤が多い。飲酒歴は焼酎4合/日(本人の申告: 2台/日)を15年間。喫煙歴はない。
  • 家族歴   長男が自閉症
  • 現症   意識は清明。身長172cm.体重82kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧150/100mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。肝・脾を触知しない。
  • まず行うべき対応はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105C026]←[国試_105]→[105C028

101A051」

  [★]

  • 62歳の男性。2か月前からの下肢のむくみと視力低下とを主訴に来院した。45歳ころから健康診断で尿糖陽性と高血糖とを指摘されていたが放置していた。55歳ころには高血糖とともに尿蛋白と高血圧とを指摘されたが自覚症状がないため受診しなかった。身長170cm、体重82kg。血圧188/94mmHg。貧血と黄疸とを認めない。眼底には点状・しみ状出血と綿花様白斑とが多数認められ、一部に新生血管も認められる。胸部と腹部とに異常を認めない。尿蛋白3+。血清生化学所見:空腹時血糖164mg/dl、HbA1C8.5%(基準4.3~5.8)、総蛋白5.8g/dl、尿素窒素30mg/dl、クレアチニン2.1mg/dl、総コレステロール280mg/dl、トリグリセライド128mg/dl。1日摂取エネルギー量を指導し、インスリン治療を開始した。
  • ほかに必要なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101A050]←[国試_101]→[101A052

106D059」

  [★]

  • 40歳の男性。労作時の呼吸困難と動悸とを主訴に来院した。 2か月前から急いで歩いたときに呼吸困難と動悸とを自覚するようになり、次第に増悪してきたため受診した。 3年前から糖尿病のために食事療法運動療法とを行っている。弟が35歳で突然死したという。意識は清明。身長168cm、体重52kg。脈拍72/分、不整。血圧102/76mmHg。呼吸数20/分。心尖拍動鎖骨中線から2cm外側に触知する。 III音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。心電図で心房細動を認める。心エコー図(別冊No. 27A、 B、 C)を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。 3つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 106D058]←[国試_106]→[106D060

099G050」

  [★]

  • 36歳の男性。健康診断で高脂血症を指摘され来院した。父親に心筋梗塞がある。喫煙歴はない。飲酒歴は日本酒3合/日、10年間。身長169cm、体重85kg。血圧136/86mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.8g/dl、クレアチニン0.7mg/dl、総コレステコール189mg/dl、トリグリセライド420mg/dl、HDL-コレステロール31mg/dl、AST34単位、ALT56単位。心電図に異常はない。対応として適切なのはどれか。
  • (1) 飲酒制限
  • (2) 摂取エネルギー制限
  • (3) 運動療法
  • (4) β遮断薬投与
  • (5) HMG-CoA還元酵素阻害薬投与
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099G049]←[国試_099]→[099G051

103A032」

  [★]

  • 60歳の男性。眼のかすみと下肢のむくみとを主訴に来院した。健康診断で数年前から尿糖陽性を指摘されていたが放置していた。身長170cm、体重90kg、腹囲95cm。血圧158/92mmHg。両眼底に硝子体出血を認める。尿所見:蛋白3+、糖3+、ケトン体(-)。血液生化学所見:血糖 280 mg/dl、HbA1c 9.5%、尿素窒素 22mg/dl、クレアチニン 1.0 mg/dl、尿酸7.4 mg/dl、総コレステロール245 mg/dl、トリグリセリド205 mg/dl。
  • 適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A031]←[国試_103]→[103A033

105G039」

  [★]

  • 42歳の男性。高血圧症治療中の父が脳梗塞を発症したため、自身の血圧を心配して来院した。職場の健康診断は毎年受診しているが、異常を指摘されたことはない。喫煙歴はない。12年前からビ-ル350mlを毎日飲んでいる。運動は月に1回のゴルフを10年間。身長175cm、体重70kg。脈拍72/分、整。血圧164/92mmHg。心音に異常を認めない。腹部に血管性雑音を聴敬しない。浮腫を認めない。
  • まず勧めるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G038]←[国試_105]→[105G040

105H021」

  [★]

  • 33歳の男性。1か月前に交通事故で搬入された。同日、腹部大動脈損傷の診断で血管置換術を受け、術後に両下肢の完全麻痺が出現した。両下肢は現在も完全麻痺のままで、肛門周囲の感覚脱失を認める。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。
  • a 脊髄の手術を勧める。
  • b 歩行を治療目標として示す。
  • c 社会復帰のための退院を勧める。
  • d 患者の反応を見つつ麻痺の予後を説明する。
  • e 体幹に関する運動療法メニューを提示する。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H020]←[国試_105]→[105H022

095C040」

  [★]

  • 57歳の女性。1か月前からの視力低下を訴えて来院した。10年前に近医で糖尿病を指摘されていたが、通院せず放置していた。視力は右0.3(矯正不能)、左0.2(矯正不能)。空腹時血糖200mg/dl、HbA1c9.0%(基準4.3~5.8)。左眼の眼底写真と光眼底造影写真とを以下に示す。
  • この患者への対応として最も適切なのはどれか。
  • a. 経過観察
  • b. 運動療法
  • c. 止血薬投与
  • d. 循環改善薬投与
  • e. レーザー光凝固


[正答]
※国試ナビ4※ 095C039]←[国試_095]→[095C041

106H026」

  [★]

  • 53歳の女性。 6か月前から糖尿病外来に毎月通院し、食事療法運動療法とを行っている。 HbA1cは先月7.0%(基準4.3-5.8)で、今月7.2%であった。本人は「今月は来客が多く、忙しくて散歩もままならず、食事も付き合いで普段よりもたくさん食べる日が多かった」と話した。
  • この患者の心理的反応を説明する用語はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H025]←[国試_106]→[106H027

102I059」

  [★]

  • 45歳の男性。会社の健康診断で初めて尿糖陽性を指摘され来院した。身長175cm、体重90kg。血圧144/86mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液生化学所見:随時血糖280mg/dl、HbA1c 7.5%(基準4.3~5.8)、総コレステロール230mg/dl。トリグリセライド165mg/dl。まず行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I058]←[国試_102]→[102I060

106E054」

  [★]

  • 78歳の女性。自宅内の段差につまずいて転倒し、歩行不能となったため搬入された。全身状態は良好である。精査の結果、右大腿骨頚部骨折(内側骨折)と診断され、 2日後に人工骨頭置換術を予定した。
  • 手術までの対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E053]←[国試_106]→[106E055

106B026」

  [★]

  • 運動療法の目的として誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B025]←[国試_106]→[106B027

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡