羊水穿刺

出典: meddic

amniocentesis
羊水検査、羊水


概念

  • 検査(羊水検査)あるいは治療目的に施行される手技。

手順

NGY.116
  • 1. 仰臥位とし、腹壁を消毒
  • 2. 腹壁超音波にて胎児、胎盤位置を確認
  • 3. 穿刺部位に局所麻酔を行う
  • 4. 超音波ガイド下に穿刺
  • 5. 数ml吸引して廃棄し、約20mlの羊水を吸引する
  • 6. 針を抜去後、圧迫し、2時間ベット上安静とする

合併症

  • 破水、層流算、子宮内感染、胎児損傷、胎盤・臍帯損傷、胎盤早期剥離、母児間輸血 (NGY.116)
  • 羊水漏出(1%)、流早産(0.3%)、子宮内感染(0.1%) (NGY.116) 流産率は0.1%で自然流産と同程度(QB.P-215)

適応

  • 通常、妊娠15週以降に行う。
  • 早期に羊膜を穿刺すると羊膜腔の緊満性が失われて羊膜が胎児に付着し羊膜索症候群を引きおこしうる。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CVS,羊水穿刺 (特集 周産期医が習得したい専門的手技(産科編))
  • 羊水染色体検査 (特集 羊水の臨床)
  • 小田 英之,田中 守
  • 産科と婦人科 78(10), 1195-1198, 2011-10
  • NAID 40019001938
  • 結核合併妊娠により切迫早産となり妊娠・分娩管理に苦慮した1例
  • 船倉 翠,深田 幸仁,関根 仁樹 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 60(3), 507-510, 2011-09
  • NAID 40019362728

関連リンク

羊水検査(ようすいけんさ)とは出生前診断の一種。妊娠子宮に長い注射針に似た針を 刺して羊水を吸引すること(羊水穿刺)によって得られた羊水中の物質や羊水中の胎児 細胞をもとに、染色体や遺伝子異常の有無を調べる。妊娠15~18週とかなり胎児が ...
羊水穿刺(ようすいせんし) 羊水穿刺(ようすいせんし)とは羊水中に浮遊する胎...

関連画像

羊水穿刺羊水穿刺羊水穿刺没那么可怕 术前要  的 危险 羊水 穿刺 羊水 穿刺 术羊水穿刺 羊水穿刺术 羊水穿刺进行再次确诊的羊水穿刺和DNA无创区别羊水穿刺检查男孩女孩


★リンクテーブル★
先読みamniocentesis
国試過去問102G063」「100A003」「097I039」「096I019」「104A020」「095B070」「095A079」「096G062」「103E035」「086A056
リンク元前期破水」「amniofetography
関連記事羊水」「穿刺

amniocentesis」

  [★]


WordNet   license wordnet

「(pregnancy) extraction by centesis of amniotic fluid from a pregnant woman (after the 15th week of pregnancy) to aid in the diagnosis of fetal abnormalities」
amnio

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「羊水採取(胎児の性別・染色体異常診断のために羊水を調べる方法)」


102G063」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 28歳の1回経産婦。妊娠35週時に胎児発育異常を指摘され紹介状を持って来院した。
  • 現病歴:分娩予定日は最終月経から算出された。定期的に妊婦健康診査を受けており、これまで血圧や尿検査の異常を指摘されたことはない。4週前から胎児の発育異常が疑われていた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 妊娠・分娩歴:25歳時に妊娠38週で3,200gの男児を正常経腺分娩。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を8年間。
  • 現症:身長155cm、体重50kg(非妊時45kg)、腹囲78cm、子宮底長28cm。体温36.6℃。脈拍80/分、整。血圧120/60mmHg。意識は清明。腹部は軟で、時折不規則な子宮収縮を触知する。児先進部は頭部で未固定、子宮口1cm開大、展退度30%、破水はない。超音波検査で胎児奇形は認めない。前医での胎児推定体重の推移と入院後の胎児心拍数陣痛図とを以下に示す。


[正答]


※国試ナビ4※ 102G062]←[国試_102]→[102G064

100A003」

  [★]

  • 33歳の2回経産婦。妊娠30週に少量の性器出血子宮収縮とを認めたため紹介状を持って来院した。前医で妊婦健康診査を受け、高血圧のため塩酸ヒドララジン20mg/日を服用していた。血圧164/96mmHg。浮腫は脛骨稜に軽度認めるが、全身には及んでいなかった。内診で子宮口は2cm開大、経膣超音波検査による頸管長は15mm、膣内容は白色透明であった。尿所見:蛋白1+、糖(-)。直ちに入院安静とし、塩酸ヒドララジンを40mg/日に増量しメチルドパも併用した。15分周期の子宮収縮を認めたため、塩酸リトドリンを100μg/分で持続点滴投与した。
  • 2週後、腹部緊満感はやや軽減したが、血圧は160/100mmHg前後で推移し最近上昇傾向にある。胎位は第2頭位羊水穿刺によるマイクロバブルテストの結果は陽性である。胎児推定体重の推移を以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100A002]←[国試_100]→[100A004

097I039」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠33週。胎動が少ないとの訴えで来院した。妊娠初期・中期の諸検査に異常はなかった。1週前の妊婦健康診査では血圧は正常であったが、蛋白尿と下肢に軽度の浮腫を認め、子宮内発育遅延を疑われていた。その後、胎動が次第に減少してきたので不安になり早めに受診した。血圧130/70mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)。浮腫の増強はない。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I038]←[国試_097]→[097I040

096I019」

  [★]

  • 20歳の初妊婦。妊娠20週。昨夜からの急な発熱と下腹部痛とを訴えて来院した。体温38.8℃。脈拍112/分、整,呼吸音は清。背部叩打痛は認めない。上腹部は軟。5分おきの子宮収縮を触知し、著明な圧痛を認める。胎児心拍数184/分。子宮ロは閉鎖し、子宮膣部の展退は認めない。腹分泌物は白色で量は正常である。尿は淡黄色透明で、沈渣は正常で細菌を認めない。血液所見:赤血球350万、Hb11.1g/dl、白血球18,000。CRP10.6 mg/dl(基準0.3以下)。診断のために最も有用なのはどれか。
  • a. 胎児心拍数陣痛図計測
  • b. 腹部エックス線単純撮影
  • c. 腹部超音波検査
  • d. 膣分泌物顕微鏡検査
  • e. 羊水穿刺
[正答]


※国試ナビ4※ 096I018]←[国試_096]→[096I020

104A020」

  [★]

  • 30歳の女性。妊娠27週。腹痛を主訴に来院した。超音波断層法で羊水過多症胎児発育遅延とが認められ、さらに胎児心奇形と胎児頭蓋内の異常とを指摘された。内診で子宮ロは2cm開大しており、子宮収縮が3分おきにみられる。出血はなく、破水はしていない。
  • 処置として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A019]←[国試_104]→[104A021

095B070」

  [★]

  • a. 妊娠中の薬物投与で、垂直感染を減少させることができる。
  • b. 選択的帝王切開術は適応とならない。
  • c. 妊娠中絶が適応である。
  • d. 垂直感染の診断には妊娠中期の羊水穿刺が有用である。
  • e. 妊娠中の性行為感染はまれである。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B069]←[国試_095]→[095B071

095A079」

  [★]

  • 分娩開始前の妊婦に行う検査で、通常超音波を用いるのはどれか。
  • (1) 胎児心拍数陣痛図記録
  • (2) 羊水量測定
  • (3) 子宮底長測定
  • (4) 骨盤計測
  • (5) 羊水穿刺
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A078]←[国試_095]→[095A080

096G062」

  [★]

  • 先天異常の診断を行う妊娠時期と方法の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G061]←[国試_096]→[096G063

103E035」

  [★]

  • 先天異常の診断を行う妊娠時期と方法の組合せで正しいのはどれか。
  • a. 10週 - 羊水穿刺
  • b. 12週 - MRI
  • c. 14週 - 胎児血採取
  • d. 20週 - 超音波検査
  • e. 30週 - 絨毛採取
[正答]


※国試ナビ4※ 103E034]←[国試_103]→[103E036

086A056」

  [★]

  • 胎児染色体分析のための羊水穿刺についてただしいのはどれか
  • (1) 最も多い適応は染色体異常児出産既往である
  • (2) 穿刺時期は妊娠16-18週頃が最適である
  • (3) 採取する揚水量は10-20ml程度である。
  • (4) 穿刺後には自然流産もしくは早期産が増加する

前期破水」

  [★]

premature rupture of the membranes, premature rupture of membranes, PROM
premature rupture fetal membrane
破水。プレタームPROM preterm PROM

定義

  • 陣痛開始以前卵膜の破綻を起こしたもの ← 陣痛発生以降は分娩第一期。第一期より前なので「前期破水」と覚える
  • 特に、妊娠37週未満の前期破水preterm PROM ← ちなみに、妊娠37週未満での出産は早産と定義される

定義のまとめ

前期破水の妊娠期間による別

preterm PROM 妊娠37週未満の前期破水
term PROM = PROM 妊娠37週以降の前期破水

破水の分娩のステージによる分類

前期破水 陣痛前の破水 分娩第一期未満
早期破水 陣痛開始後、子宮口が全開大に至る以前の破水 分娩第一期以降~分娩第二期未満

疫学

  • 全妊娠の5-10%。このうち約60%は妊娠37週以降に生じる。(参考1)

病因

参考1 NGY.457
  • 1. 卵膜の異常
  • 2. 子宮内圧の上昇
  • 3. 機械的刺激
  • 羊水穿刺

参考

  • 1. 日産婦誌61巻3号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6103-059.pdf



amniofetography」

  [★]

amniofetography
羊水穿刺


羊水」

  [★]

amniotic fluid (Z)
liquor amnii
胎水
[[]]

性状

  • pH 8-9
  • 比重:1.006-1.012

成分

  • 種々の成長因子、電解質、低濃度の蛋白質、アミノ酸、糖質、α-フェトプロテイン、リン脂質、酵素、プロラクチン、性ステロイドホルモン

産生

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:胎児腎臓(胎児尿)、胎児肺(肺胞液)

腎による羊水の産生

  • 尿細管は妊娠7週で形成され、妊娠10週には腎は尿を排泄するようになる。妊娠5ヶ月頃から腎盂、膀胱に尿が貯留し、随意的排尿が見られるようになる。(NGY.283)

羊水量

  • 胎盤完成期から急増して、妊娠7-8ヶ月でピーク(700ml)となり、妊娠末期に減少して50-500mlとなる。

吸収

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:嚥下→腸管から吸収→胎盤→母胎

機能

MGY.292 G10M34
  • 胎児の保護(物理的衝撃、体温保持)
  • 運動空間の確保
  • 胚の成熟

臨床関連

量的な異常

疾患 最大羊水深度 羊水インデックス
MVP AFI
羊水過多症 ≧8cm ≧24cm
羊水過少症 ≦2m ≦5cm


穿刺」

  [★]

punctureparacentesisprickstabneedlingpricking
穿開術穿刺術微小穿刺プリッキングパンクチャー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡