気管支拡張剤

出典: meddic

bronchodilator
気管支拡張薬

商品

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/29 23:26:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 心不全症状を呈した巨大食道裂孔ヘルニアの1例
  • 積極的な運動療法により運動耐容能・ADL・QOLが改善したCOPD合併肺癌患者
  • じん肺症に対する気管支拡張剤の使用経験
  • COPD患者における呼吸困難感受性(Borg Scale Slope),運動時呼吸困難閾値(Threshold Load of Dyspnea)評価の意義

関連リンク

気管支拡張剤について 気管支拡張剤について 喘息発作の治療薬として、即効的に気管支を広げる薬が、長く使われてきました。これは、短時間型気管支拡張剤と呼ばれ、喘息の緊急的な治療薬です。この短時間型に加えて、長時間に ...
名称 ホクナリンテープ(0.5,1,2 mg) 分類 気管支拡張剤 適応 気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺気腫 説明 体に直接張り付けて使う気管支拡張剤です(経皮吸収型気管支拡張剤)。 使い方や貼付場所 汗のかきにくい所や ...
成分(一般名) : プロカテロール塩酸塩 製品例 : メプチン錠50μg、メプチンミニ錠25μg、メプチン顆粒0.01%、メプチンシロップ5μg/mL、メプチンドライシロップ0.005% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 気管支拡張剤・他/β ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み気管支拡張薬
リンク元医療用医薬品」「クロモグリク酸」「テオフィリン」「プロカテロール」「bronchodilator
関連記事気管」「気管支」「拡張」「」「気管支拡張

気管支拡張薬」

  [★]

bronchodilator
抗喘息薬


選択的β2作用薬

抗コリン薬

  • アトロピンの誘導体である四級アンモニウム塩

methylxanthine

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


クロモグリク酸」

  [★]

cromoglicate
クロモグリク酸ナトリウム, sodium cromoglicate, natrii cromoglicas
クロモリンナトリウム cromolyn sodium
アルギノンアレルナートインタールオフタルギークールウェイクモロールクモロールPFクリードクロモフェロンクロモリークシオミストシズレミンステリ・ネブ クロモリントーワタールノスランプレントミタヤクメインターリノジェットルゲオン
Crolom, Intal, Gastrocrom, Nasalcrom
抗アレルギー薬鎮咳薬気管支拡張剤眼科用剤


分類

  • ケミカルメディエータ遊離抑制

概念

  • 吸入、点眼、点鼻
  • 皮膚、呼吸器系のアレルギー抑制
  • 作用は多岐にわたる
  • 抗ヒスタミン作用はない
  • 作用発現に1週間以上かかる(2-6週間)

作用機序

適応

  • 喘息発作の予防
  • 即時性喘息反応と遅延性喘息反応に有効


テオフィリン」

  [★]

theophylline, 1,3-dimethylxanthine
theophyllinum
1,3-ジメチルキサンチン 1,3-dimethylxanthine
アーデフィリンアプネカットスロービッドセキロイドチルミンテオドールテオドリップテオフルマートLテオフルマートテオロングテルダン小児用テルバンスユニコンCRユニコンユニフィルLAユニフィル
メチルキサンチン
気管支拡張剤


概念

  • メチルキサンチン誘導体
  • 心血管系作用、気管支拡張作用、利尿作用が強い。中枢作用もやや強い

動態

適応

テオフィリンの気管支拡張作用




プロカテロール」

  [★]

procaterol
塩酸プロカテロール, procaterol hydrochloride塩酸プロカテロール水和物, プロカテロール塩酸塩水和物, procaterol hydrochloride hydrate
エステルチンエプカロールカプテレノールスタビントブリージンプロカプチンマーヨンメチレフトメプチンレンブリス
気管支拡張剤


bronchodilator」

  [★]

bronchodilator agent

WordNet   license wordnet

「a drug that relaxes and dilates the bronchial passageways and improves the passages of air into the lungs」

気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



拡張」

  [★]

dilationdilatationenlargementextensiondilatedistendenlargeextenddilated
延ばす延長及ぶ拡大散大伸長伸展増大怒張伸びる広がる膨張拡張型伸び伸張


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


気管支拡張」

  [★]

bronchiectasisbronchodilationbronchodilatation
気管支拡張症気管支拡張作用




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡