成熟嚢胞性奇形腫

出典: meddic

mature cystic teratoma
皮様嚢胞腫
卵巣腫瘍未熟奇形腫


概念

疫学

検査

NGY.99
  • 超音波検査:様々な像を認める(皮脂、毛髪、歯などが混在するため。
  • MRI:脂肪はT1で高信号、T2で中等度の高信号を呈する
  • T1:高信号
  • T2:中等度の信号
  • 脂肪抑制画像:低信号 ⇔ チョコレート嚢胞では抑制されて低信号にならないので鑑別に有用(T1,T2では信号強度の振る舞いは同じ)
[show details]
  • 腫瘍マーカー

合併症

  • 卵巣茎捻転(卵巣嚢腫茎捻転):急性腹症の原因。卵巣腫瘍の中で成熟嚢胞性奇形腫や線維腫(最も重い)は重く周囲の癒着がないために茎捻転を起こしやすい。卵巣茎捻転でみられる最多の原因が成熟嚢胞性奇形腫である。(G9M.177)

治療

  • 治療方針:病理組織的に確定診断を行うため、また卵巣頚捻転、破裂、あるいは悪性転化のリスクを下げるために手術による摘出を行う。
  • 卵巣嚢胞摘出術
  • 卵管卵巣摘出術:妊容性温存が必要ない場合

予後

  • 35歳以上で約1%の確率で悪性転化する。ほとんどが扁平上皮癌である。(G9M.176)
  • 0.2-2%の例で悪性転化(malignant transformation)する。悪性転化した奇形腫は全悪性胚細胞腫の2.9%を占める。(参考1)

参考

  • 1. [charged] Ovarian germ cell tumors: Pathology, clinical manifestations, and diagnosis - uptodate [1]

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 MRIにて脂肪抑制を示さないfat balls様所見を認めた成熟嚢胞性奇形腫の1例
  • 佐藤 賢一郎,森下 美幸,鈴木 美紀 [他]
  • 臨床婦人科産科 65(2), 184-187, 2011-02
  • NAID 40018270371
  • 発見から46年間経過を追えた前縦隔奇形腫の1手術例
  • 坂巻 靖,城戸 哲夫,塩野 裕之
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(7), 1050-1054, 2010-11-15
  • … する所見とともに,上葉の浸潤影と気管支拡張像,中葉の著明な虚脱を認めた.患者は喀血と癌合併の可能性を理由に最終的に手術を承諾した.手術で右肺上中葉を合併切除し腫瘍を摘出した.腫瘍は成熟嚢胞性奇形腫と診断された.術後経過は良好で血清CEA値は正常化し,喀血も消失した.前縦隔奇形腫は発見後比較的早期に摘出されるのが一般的で,本症例のように小児期から半世紀近くにわたって経過を追えた報 …
  • NAID 10026963681

関連画像

200px-Mature_cystic_teratoma_of_ovary.jpg成熟嚢胞性奇形腫 (皮様嚢胞腫 開腹手術を行うのが一般的で 卵巣奇形腫(成熟嚢胞性奇形腫  ★ (9)卵巣成熟嚢胞性奇形腫成熟 嚢 胞性奇形腫 全 卵巣


★リンクテーブル★
国試過去問105D020」「102D059」「096D040」「103A038」「101G041」「103I033」「099E047」「098H051
リンク元卵巣腫瘍」「CA19-9」「chemical shift artifact」「卵巣嚢腫」「未熟奇形腫
関連記事嚢胞」「奇形腫」「奇形」「」「嚢胞性

105D020」

  [★]

  • 56歳の女性。下腹部の違和感と膨満感とを主訴に来院した。 50歳で閉経するまでは月経痛が強く、月経時以外でも腰痛と排便痛とがみられた。身長156cm、体重60kg、体温36.8℃。脈拍84/分、整。血圧132/84mmHg。下腹部は膨隆し、恥骨上から臍下にかけて約8cmの柔らかい腫瘍を触知する。血液生化学所見に異常を認めない。免疫学所見 CEA 1.3ng/ml(基準5以下)、CA19-9 25U/m/(基準37以下)、CA125 88U/ml(基準35以下)。術前の骨盤部MRIのT2強調矢状断像(別冊No.2A)と造影T1強調失状断像(別冊No.2B)とを別に示す。手術が施行され、卵巣腫瘍と診断された。摘出された腫瘍の病理組織H-E染色標本(別冊No.2C、D)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105D019]←[国試_105]→[105D021

102D059」

  [★]

  • 21歳の女性。突然の左下腹部の激痛を主訴に来院した。子宮は後傾後屈正常大で可動性は良好、左卵巣に超驚卵大の腰痛を触知し、強い圧痛を認める。腹部エックス線単純写真で左側小骨盤腔に歯状の石灰化を認める。直ちに腹腔鏡下手術を行った。摘出腫瘤のH-E染色標本を以下に示す。
  • 正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D058]←[国試_102]→[102D060

096D040」

  [★]

  • 28歳の既婚女性。下腹部膨満感を主訴に来院した。
  • 月経28日型、整。月経痛はない。内診で下腹部に新生児頭大の可動性のある腫瘤を触知する。
  • CA125 24単位(基準35以下)、CA19-9 98U/l(基準37以下)、SCC1.2ng/ml (基準1.5以下)。骨盤部単純MRIのT1強調像と脂肪抑制T1強調像とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D039]←[国試_096]→[096D041

103A038」

  [★]

  • 28歳の女性。突然の下腹部痛を主訴に来院した。月経周期28日型、整。月経痛はない。内診で骨盤内に新生児頭大の可動性のある腫瘤を触知する。免疫学所見:CA125 24 IU/ml(基準35以下)、CA19-9 98 IU/ml(基準37以下)、SCC 1.2 ng/ml(基準1.5以下)。骨盤部単純MRIのT1強調像とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103A037]←[国試_103]→[103A039

101G041」

  [★]

  • 60歳の女性。子宮癌検診で骨盤内の腫瘤を指摘され来院した。内診では付属器に可動性良好な新生児頭大の腫瘤を触知する。腫瘍マーカーはCA19-9 650U/ml(基準37以下)、CA125 45U/ml(基準35以下)、SCC 8.6ng/ml(基準1.5以下)。経膣超音波検査では最大径12cmの嚢胞性腫瘍で、一部に充実部分と毛髪塊とを認める。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G040]←[国試_101]→[101G042

103I033」

  [★]

  • 卵巣腫瘍で表層上皮性・間質性腫瘍はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I032]←[国試_103]→[103I034

099E047」

  [★]

  • 卵巣腫瘍で男性化徴候をきたすのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E046]←[国試_099]→[099E048

098H051」

  [★]

  • 卵巣の表層上皮性・間質性腫瘍はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H050]←[国試_098]→[098H052

卵巣腫瘍」

  [★]

ovarian tumor
産婦人科学腫瘍卵巣奇形腫、卵巣腫瘍の腫瘍マーカー、卵巣癌

概念

  • 卵巣に発生する腫瘍であり、80%が良性といわれる。良性のものは嚢胞性腫瘍が多く、悪性の腫瘍は充実性のものが大半である。

分類

  • 原発による分類
  • 組織による分類

疫学

  • 悪性の卵巣腫瘍は漿液性腫瘍、類内膜癌、粘液性腫瘍が多い。
  • 若いころの卵巣腫瘍は奇形腫、腺腫が多い
  • 50-69歳の女性で多発
  • 顆粒膜細胞腫は卵巣腫瘍中4.6%でホルモン産生腫瘍のなかで最多(QB.Q-302)

好発年齢

  • 若年者に多い:

卵巣腫瘍の組織分類

  • 1)表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 粘液性腫瘍
  • 粘液性腫瘍
  • 類内膜腫瘍
  • 明細胞腫瘍
  • 2)性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 顆粒膜・間質細胞腫瘍
  • セルトリ・間質細胞腫瘍
  • 3)幹細胞腫癌 Germ cell tumors
  • 未分化幹細胞腫瘍
  • 卵黄嚢腫瘍
  • 胎芽性癌
  • 絨毛癌
  • 奇形腫(成熟型、未熟型)
  良性腫瘍 境界悪性腫瘍 悪性腫瘍
表層上皮性

間質性腫瘍
漿液性嚢胞腺腫 漿液性嚢胞性腫瘍,境界悪性[低悪性度腫瘍] 漿液性腺癌[漿液性嚢胞腺癌]
粘液性嚢胞腺腫 粘液性嚢胞性腫瘍(同上) 粘液性腺癌[粘液性嚢胞腺癌]
明細胞腺腫 類内膜腫瘍(同上) 類内膜腺癌
類内膜腺腫 明細胞腫瘍(同上) 明細胞腺癌
腺線維腫(上記の各型) 腺線維腫(上記の各型) 腺癌線維腫(上記の各型)
表在性乳頭腫 表在性乳頭状腫瘍,境界悪性[低悪性度腫瘍] 腺肉腫
    中胚芽性混合腫瘍 [Muller管混合腫瘍] [癌肉腫]
Brenner腫瘍 Brenner腫瘍,境界悪性[増殖性] 悪性Brenner腫瘍
    移行上皮癌
未分化癌
性索間質性腫瘍 莢膜細胞腫 顆粒膜細胞腫 線維肉腫
線維腫 Sertoli-間質細胞腫瘍(中分化型) Sertoli-間質細胞腫瘍(低分化型)
硬化性間質性腫瘍 ステロイド[脂質]細胞腫瘍(分類不能型)  
Sertoli-間質細胞腫瘍(高分化型) ギナンドロブラス卜ーマ
Leydig細胞腫 [門細胞腫]  
輪状細管を伴う性索腫瘍
胚細胞腫瘍 成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢胞腫) 未熟奇形腫(G1,G2) 未分化胚細胞腫
成熟充実性奇形腫 力ルチノイド 卵黄嚢腫瘍(内胚葉洞腫瘍)
卵巣甲状腺腫 甲状腺腫性力ルチノイド 胎芽性癌(胎児性癌)
    多胎芽腫
悪性転化を伴う成熟嚢胞性奇形腫
未熟奇形腫(G3)
その他 非特異的軟部腫瘍 性腺芽腫(純粋型) 癌腫
腺腫様腫瘍   肉腫
  悪性リンパ腫(原発性)
二次性[転移性]腫瘍
(日本産科婦人科学会・日本病理学会編‥卵巣腫瘍取扱い規約.全原出版,1990より)

妊娠に合併した卵巣腫瘍

G10M.154
  • 発生率:全妊娠中の0.5%
  • 病理組織:悪性腫瘍は5%未満で成熟嚢胞性奇形腫が最も多い。
  • 管理:
  • 妊娠10-12週までは胎児の器官形成期であるため手術を施行しない
  • 妊娠14週まで経過観察し消退するようであれば、ルテイン嚢胞であり手術の必要はない。
  • 妊娠14週以降には卵巣を摘出を行う。
  • 以下の場合には、週数によらず手術の適応となる:茎捻転、腫瘍破裂。悪性が疑われる場合。

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌59巻5号
http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5905-113.pdf
  • 2. E.婦人科疾患の診断・治療・管理 8.腫瘍と類腫瘍 - 日産婦誌61巻5号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6105-165.pdf


CA19-9」

  [★]

糖鎖抗原19-9 carbohydrate antigen 19-9, CA-19-9


基準値

  • 0-37 U/ml (HIM.A-4)

分布

  • 膵管、胆嚢、胆管、胃、気管支、唾液腺、前立腺、結腸、直腸などの上皮細胞上に分布
  • 特に膵管、胆嚢、胆管に多い。

意義

  • 膵管、胆嚢、胆管の腫瘍で高値

婦人科

  • (腫瘍)細胞表面の糖蛋白に結合している糖鎖
  • 癌の血行性転移を促進するらしい
  • 正常の胆管膵管上皮、唾液腺でも発現
  • 早期癌での陽性率は低い。
  • 補助診断、治療再発のモニター

注意

  • 血液型Lea陰性者(日本人の5-10%)では陰性を示す


chemical shift artifact」

  [★]

成熟嚢胞性奇形腫MRI
  • 図:NGY.100
  • MRI上の所見であって、脂肪成分と水成分が接する境界面では位置のずれを生じ、影がついたようにみえるもの
  • 例えば成熟嚢胞性奇形腫のMRI T2強調画像においては水(高信号)と脂肪(中等度の信号)の境界に低信号が見える。

参考

  • 1. クリニカルカンファレンス(腫瘍領域);2.画像による腫瘤性疾患の悪性病変鑑別のポイント 2)付属器腫瘤のMRI 診断 - 日産婦誌59巻9号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5909-317.pdf

卵巣嚢腫」

  [★]

ovarian cyst?, ovarian cystoma
cystoma ovarii

概念

  • 卵巣に発生する嚢胞性の良性腫瘍の総称。腫瘍であり、卵巣嚢胞とは異なる(はず)。

卵巣嚢腫

臨床関連



未熟奇形腫」

  [★]

immature teratoma
卵巣腫瘍成熟嚢胞性奇形腫


嚢胞」

  [★]

cyst

概念

  • 内腔に液体や泥状物を含む袋状の構造物をいう。
  • 上皮細胞に囲まれた体内にできた異常な腔で、水や泥状の物を含む

種類

総胆管嚢胞胆管嚢胞内膜症性嚢胞出血嚢胞前立腺小室嚢胞単純腎嚢胞卵巣内膜症性嚢胞卵巣嚢胞性腺腫卵巣嚢胞腺腫卵巣機能性嚢胞外傷後嚢胞多嚢胞症多発嚢胞性腎多発性嚢胞射精管嚢胞汎発性嚢胞状線維性骨炎深在嚢胞性大腸炎肝嚢胞腺癌腸管気腫性嚢胞症膵嚢胞性病変虫垂粘液嚢胞腹膜軟骨下嚢胞先天性肺嚢胞症単独嚢胞腎Nabothian嚢胞ミュラー管嚢胞膵嚢胞性腺癌先天性総胆管嚢胞寄生虫性嚢胞巨大嚢胞嚢胞体血液嚢胞嚢胞性膵疾患多発性肝嚢胞漿液性嚢胞腫瘍多嚢胞化萎縮腎後天性嚢胞性腎疾患成人型多発性嚢胞腎胸膜下肺胞性肺嚢胞、腎嚢胞性疾患の鑑別、線維嚢胞性変化乳頭状嚢胞腺腫孤立性腎嚢胞肺嚢胞鰓原性嚢胞膵嚢胞症ナボット嚢胞甲状舌管嚢胞単純性腎嚢胞

産婦人科



奇形腫」

  [★]

teratoma

概念

  • 内胚葉、中胚葉、外胚葉に由来する成分が混合してみられる腫瘍。

病理

  • 由来は全能性幹細胞
  • 好発部位は性腺、縦隔、後腹膜

検査

  • (参考1)悪性の奇形腫ではhCG, AFPが上昇することがある。

参考

  • 1. Value of Blood AFP and HCG Levels in the Diagnosis of Intracranial Germ Cell Tumors
http://www.journalarchive.jst.go.jp/english/jnlabstract_en.php?cdjournal=nmc1959&cdvol=20&noissue=12&startpage=1197



奇形」

  [★]

malformation (L), anomaly, deformity, teratism
先天異常先天奇形



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


嚢胞性」

  [★]

cystic
真性嚢胞偽性嚢胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡