急性細気管支炎

出典: meddic

acute bronchiolitis

概念

疫学

  • 2歳以下、特に6ヶ月前後の乳児に好発。(そして従事では重症化しやすい)
  • 冬に多い

病因

症状

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、チアノーゼ

身体所見

  • 聴診:呼気延長、断続性・連続性ラ音

検査

  • 血液検査:病原体がウイルスならば炎症所見無し
  • 胸部単純X線写真:肺の過膨張、透過性の亢進
  • 呼吸機能検査:閉塞性の病態
  • FEV1.0%:低下
  • %VC:変化なし
  • 血液ガス検査


治療

対症療法
  • 酸素投与
  • ネブライザーによる加湿吸入  ←  気管支拡張薬が有効とする文献もある。
  • 輸液

参考

  • 1. 急性細気管支炎 - mymed
[display]http://mymed.jp/di/vyj.html

uptodate

  • 1. [charged] 幼児および小児における細気管支炎:臨床的特徴および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 幼児および小児における細気管支炎:治療、転帰および予防 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における細気管支炎 - uptodate [3]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 乳児の急性細気管支炎とその後の反復性喘鳴の関連
  • 伊藤 忠彦,松田 武文,岩間 直 [他]
  • 小児科臨床 64(11), 2335-2338, 2011-11
  • NAID 40019029385
  • 重症RSウイルス感染症 (特集 RSウイルス感染症対策up to date)
  • RSウイルス感染症 (特集 これが大切! 1カ月以内の新生児疾患) -- (見落としてはならない重症疾患・対応に迷う疾患)
  • 急性細気管支炎入院乳児における将来の気管支喘息発症の予測<最長13年の後方視的研究による危険因子の解明>
  • 内谷 哲,熊谷 秀規,松本 静子 [他]
  • 済生会医学・福祉共同研究, 27-33, 2011
  • NAID 40019457573

関連リンク

急性細気管支炎 とても怖い病気です。 赤ちゃんのゼーゼーは、要注意!! 急性細気管支炎は、主に生後2歳未満、特に6ヶ月未満の赤ちゃんに見られる病気です。空気は太い気管支を経て細い気管支に送られていきます。
慢性の呼吸器の病気、たとえば慢性気管支炎やびまん 性汎細気管支炎 (せいはんさい ... 急性気管支炎 は急性 上気道炎 ( じょうきどうえん ) ( 感冒 ( かんぼう ) )などに合併し、気管支粘膜の炎症によって、発熱と咳、痰が ...
「急性細気管支炎」について詳しく調べられる「QLife家庭の医学」。細気管支は、気管支が枝分かれし、二酸化炭素と酸素を交換する肺の末梢の肺胞に近い細い気管支のことです(...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問096D059」「099H023」「108G028」「106D020」「106E004」「092B019」「091B013」「082A068
リンク元百日咳」「喘鳴」「RSウイルス感染症
関連記事気管」「細気管支」「気管支」「」「急性

096D059」

  [★]

  • 8か月の乳児。3週前から咳が出現し、3日前から発熱があり来院した。
  • 同居している祖父が数か月以上前からよく咳込んでいた。三種混合とポリオワクチンとは接種済みであるがBCGは未接種である。
  • 体温38.4℃。呼吸数34/分。脈拍140/分、整。肺野にラ音は聴取されない。頚部リンパ節を触知する。肝を3cm、脾を2cm弾性軟に触知する。血液所見:赤沈41mm/1時間、赤血球480万、Hb13.2g/dl、白血球16,300(桿状核好中球4%、分様核好中球24%、好酸球4%、好塩基球1%、単球11%、リンパ球56%)。CRP3.8mg/dl(基準0.3以下)。
  • 胸部エックス写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D058]←[国試_096]→[096D060

099H023」

  [★]

  • 3か月の乳児。咳嗽と呼吸困難とを主訴に来院した。3日前から鼻汁と咳とが続いていたが、発熱はなく元気はよかった。本日夕方から咳がひどくなり、ぜーぜーと苦しそうになってきた。体温37.2℃。呼吸数60/分。心拍数140/分。陥没呼吸、鼻翼呼吸および口唇周囲のチアノーゼを認める。両側肺に著明な呼気性喘鳴を聴取する。心雑音は聴取しない。肝を右肋骨弓下に2cm触知する。経皮的酸素飽和度92%。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099H022]←[国試_099]→[099H024

108G028」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108G027]←[国試_108]→[108G029

106D020」

  [★]

  • 小児の急性細気管支炎について正しいのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D019]←[国試_106]→[106D021

106E004」

  [★]

  • 入院治療を行うにあたり、陰圧室での隔離の必要性が最も高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E003]←[国試_106]→[106E005

092B019」

  [★]

  • 小児の急性細気管支炎について正しいもの
  • (1) RSウイルスが病因となる
  • (2) 2-3歳児に好発する
  • (3) 吸気性呼吸困難がみられる
  • (4) 胸部X線写真で両肺の透過性亢進が見られる
  • (5) 加湿酸素吸入が有効である
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

091B013」

  [★]

  • 小児の急性細気管支炎について正しいもの

082A068」

  [★]

  • 誤っているのはどれか
  • a. 鼻翼呼吸は肺性呼吸困難の徴候
  • b. 強い咳は嘔吐を伴いやすい
  • c. 胸腺肥大は呼吸障害を伴いやすい
  • d. 急性細気管支炎は2歳以下の児に多い
  • e. 先天性喉頭喘鳴は吸気性呼吸困難を伴う

百日咳」

  [★]

pertussis
pertussis
whooping cough, tussis convulsiva
レプリーゼ細菌マイコプラズマ肺炎

概念

病原菌

潜伏期

  • 7-21日

感染期間

SPE.362
  • カタル期~第4週まで → 抗菌薬投与により感染期間を抗菌薬投与後5日間に短縮できる。

症候

  • 発熱を欠く
  • カタル期:1-2週間:伝染力が強い。鼻汁、咳などの普通感冒様症状が次第に増悪。検査上、白血球増多が見られる
  • 痙咳期:2-6週間:レプリーゼ(連続した咳(staccato)と吸気時の笛音(whoop))。咳発作は夜間に強い。乳児期には無呼吸発作百日咳顔貌(顔面紅潮、眼瞼浮腫、結膜充血)。重症化で百日咳脳症
  • 回復期:2-3週間:特有の咳が弱まってくる。

合併症

検査

  • 血液検査:末梢血白血球増多(リンパ球優位)、CRP正常
  • 画像検査
  • 胸部単純X線写真:異常なし

診断

  • 確定診断:喀痰・後鼻腔の擦過検体で百日咳菌の分離培養、PCR法による同定、あるいはペア血清による免疫血液学検査による。

鑑別疾患

治療

  • 薬物療法:
  • マクロライド系抗菌薬(エリスロマイシンが第一選択)を7-14日間。カタル期の投与により咳発作を軽減できる。痙咳期の投与により感染期間を5日に短縮できる。(SPE.393)
  • エリスロマイシンの他、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ST合剤も用いられる。
PED.596
SPE.363
  • マクロライド系抗菌薬を7-14日間投与。カタル期から投与すると咳発作を軽減でき、痙咳期の投与により感染期間を5日間に短縮できる。

感染経路

  • 飛沫感染

予防接種


参考

  • 1. 日本の定期/任意予防接種スケジュール(20歳未満)
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule/Imm11-01JP.gif

国試



喘鳴」

  [★]

wheezing, wheeze, stridor, harsh, grating sound
狭窄音 stenotic sound
ラ音呼吸音

概念

  • 広義:聴診器なしに聴かれる異常呼吸音
  • 狭義:聴診上、高音(400Hz以上)で連続性(0.25秒以上続く)の副雑音

定義:weezeとstridor

wheeze

  • a wheeze is a musical and continuous sound that originates from oscillations in narrowed airways (NEL.1773)
  • wheezing is heard mostly on expiration as a result of critical airway obstruction

stridor (NEL.1773)

  • when obstruction occurs in the extrathoracic airways during inspiration, the noise is reffered to as stridor (NEL.1773)
  • 吸気時喘鳴、吸気性喘鳴、inspiratory stridorとも記載されうる。
吸気時により著明なで、上気道・中枢気道狭窄による喘鳴

喘鳴を来す疾患

see also NEL.1773 参考1

呼気時の喘鳴

  • 気管支喘息

etc.

吸気時の喘鳴

  • 気道感染
  • 先天性
  • 喉頭無力症、気管無力症、喉頭・気管奇形
  • 喉頭・気管嚢腫瘍
  • 神経性
  • 反回神経麻痺、分娩障害
  • 圧迫による気管狭窄
  • 血管神経性、機械的刺激、全身浮腫
  • 喉頭・気管異物

小児の喘鳴

SPE.300
  急性喘鳴 反復性喘鳴
乳児
2歳未満
急性細気管支炎
気管支炎・肺炎
食物アレルギーによるアナフィラキシー
クループ
食道異物
乳児喘息
喉頭軟化症気管支軟化症
慢性肺疾患(新生児期の呼吸器障害後)
先天異常による気道狭窄(血管輪など)
胃食道逆流症
閉塞性細気管支炎
心不全
声帯機能異常
幼児以降
2歳以降
食道胃物
食物アレルギーによるアナフィラキシー
クループ
腫瘤による気道圧迫(縦隔腫瘍など)
喘息
慢性肺疾患(新生児期の呼吸器障害後)
気管支拡張症
胃食道逆流症
閉塞性細気管支炎
先天性免疫不全症(反復性呼吸器感染)
声帯機能異常

心不全の喘鳴

  • 臥位になってから2時間程度して喘鳴が出現する。間質に分布していた水分が血管内に戻ってきてそして肺で溢れる

参考

  • 喘鳴を来す小児疾患
[display]http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/imed1/students/syllabus/kokyuki24.pdf



RSウイルス感染症」

  [★]

respiratory syncytial virus infection RSV infection, RS virus infection
RSウイルス肺炎 respiratory syncytial viral pneumonia呼吸器合胞体ウイルス感染症呼吸器多核体ウイルス感染症RSウイルス感染
RSウイルス

病原体

疫学

  • 11-12月/冬期から春期に流行。
  • 新生児の50%が冬期に感染するらしい。
  • 乳児で重症化。
  • 生後2-3年の間にほぼ全ての人が感染。

感染経路

  • ウイルス粒子は咽頭分泌液中に排泄される。

潜伏期間

症状

合併症

経過

治療

検査

予防

  • 予防ワクチンはない。再感染を繰り返す。成人では罹患しにくくなる。
  • 重症化を抑制するワクチンは存在する
  • パリビズマブ:高リスク群(生後数ヶ月以内の低出生体重児、慢性肺疾患、先天性心疾患の乳幼児)で適応のあるヒト化モノクローナル抗体。重篤な下気道疾患の発症抑制。11-3月の間で月1回筋肉注射。


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



細気管支」

  [★]

bronchiole n. / -s pl.
bronchiolus
気管支の分岐クララ細胞肺小葉

臨床関連

  • 肺の末梢気道、特に細気管支領域は解剖学的に気道肺胞の接点に位置し、喫煙や大気汚染物質により早期から障害を生じると考えられてきた。特に内径2mm以下の末梢気道の病変は呼吸生理学的にsmall airway diseaseと呼ばれ、進行すれば肺気腫などの慢性閉塞性疾患の発生につながるものとして喫煙などとの関連で論じられてきた。 (講義録呼吸器学 p.79)


気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡