尿

出典: meddic

urine
urina
尿浸透圧尿量



臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/28 17:45:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿病治療の新たな展開:インクレチン関連薬の登場
  • 血管新生negative feedback制御因子Vasohibin-1によるマウス糖尿病性腎症進展制御効果の検討
  • 那須 達世,前島 洋平,木野村 賢,川原(広越) 久美子,田邊 克幸,杉山 斉,園田 光,佐藤 靖史,槇野 博史
  • 岡山医学会雑誌 123(1), 19-25, 2011-04-01
  • NAID 120002985738

関連リンク

尿の色や尿の泡立ち、尿の臭い、尿が濁るなどおしっこの健康や悩みを解説しています。 ... 尿の色の変化は健康状態を知らせてくれます。尿は腎臓で作られ、血液中の不要な物質を 体の外に排泄する大切な働きがあります。
糖尿病や腎臓病を早期に発見するために習慣にしていただきたい「尿チェック」についてご紹介。テルモから皆様へ、より健康的に快適な毎日をお過ごしいただくための情報をお届けします。

関連画像

Luca尿急,晴晴心急!!(怒著說 既然 尿尿小童 如此聲名大噪 健康診断 の 尿 検査 で は 尿 健康のためと自分の尿を 尿失禁是由于膀胱括约肌损伤或  の先頭ヘ | >> 尿一般検査へ

添付文書

薬効分類名

  • 非イオン性造影剤

販売名

イオヘキソール300注シリンジ50mL「HK」(尿路・CT用)

禁忌

  • ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な甲状腺疾患のある患者
    [ヨードが甲状腺に集積し、症状が悪化するおそれがある。]

効能または効果

イオヘキソール300注シリンジ「HK」

  • 脳血管撮影、選択的血管撮影、四肢血管撮影、ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影、ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影、コンピューター断層撮影における造影、静脈性尿路撮影

イオヘキソール350注シリンジ「HK」

  • 血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む)、大動脈撮影、選択的血管撮影、四肢血管撮影、ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影、コンピューター断層撮影における造影、静脈性尿路撮影、小児血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む)
  • 通常成人1回、下記の量を使用する。
    なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。
    (表1参照)
  • 小児血管心臓撮影の場合には、通常1回、下記の量を使用する。
    なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。
    (表2参照)
    • 表1
      [( )内はヨード含有量を示す]

     効能・効果  イオヘキソール300注シリンジ「HK」  イオヘキソール350注シリンジ「HK」
     脳血管撮影  5〜15mL(1.5〜4.5g)  ―
     血管心臓撮影
     心腔内撮影
     ―  20〜40mL(7〜14g)
     血管心臓撮影
     冠状動脈撮影
     ―  3〜8mL(1.05〜2.8g)
     血管心臓撮影
     肺動脈撮影
     ―  20〜40mL(7〜14g)
     大動脈撮影  ―  30〜50mL(10.5〜17.5g)
     選択的血管撮影  5〜50mL(1.5〜15g)  5〜50mL(1.75〜17.5g)
     四肢血管撮影  10〜50mL(3〜15g)  10〜50mL(3.5〜17.5g)
     ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影  1.5〜50mL(0.45〜15g)  ―
     ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影  20〜50mL(6〜15g)  20〜50mL(7〜17.5g)
     コンピューター断層撮影における造影  40〜100mL1)(12〜30g)  40〜100mL(14〜35g)
     静脈性尿路撮影  50〜100mL(15〜30g)  40mL(14g)
    • 1)高速ラセンコンピューター断層撮影で腹部の撮影を行う場合は、150mLまで投与可能とする。
      • 表2

       効能・効果  イオヘキソール300注シリンジ「HK」  イオヘキソール350注シリンジ「HK」
       小児血管心臓撮影
       心腔内撮影
       ―  0.5〜2.0mL/kg体重
       (175〜700mg/kg体重)
       小児血管心臓撮影
       冠状動脈撮影
       ―  2.0〜4.0mL
       (700〜1,400mg)
       小児血管心臓撮影
       肺動脈撮影
       ―  0.5〜2.0mL/kg体重
       (175〜700mg/kg体重)
       小児血管心臓撮影
       上行大動脈撮影
       ―  0.5〜2.0mL/kg体重
       (175〜700mg/kg体重)

      慎重投与

      • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を有する患者
      • 薬物過敏症の既往歴のある患者
      • 脱水症状のある患者
        [急性腎不全があらわれるおそれがある。]
      • 高血圧症の患者
        [血圧上昇等、症状が悪化するおそれがある。]
      • 動脈硬化のある患者
        [心・循環器系に影響を及ぼすことがある。]
      • 糖尿病の患者
        [急性腎不全があらわれるおそれがある。]
      • 甲状腺疾患のある患者
        [ヨードが甲状腺に集積し、症状が悪化するおそれがある。]
      • 肝機能が低下している患者
        [肝機能が悪化するおそれがある(「原則禁忌」の項参照)。]
      • 腎機能が低下している患者
        [腎機能が悪化するおそれがある(「原則禁忌」の項参照)。]
      • 急性膵炎の患者
        [症状が悪化するおそれがある(「重要な基本的注意」の項参照)。]
      • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
      • 幼・小児

      重大な副作用

      ショック

      (頻度不明)

      • ショック(遅発性を含む)を起こし、失神、意識消失、呼吸困難、呼吸停止、心停止等の症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。また、軽度の過敏症状も重篤な症状に進展する場合があるので、観察を十分に行うこと。

      アナフィラキシー様症状

      (頻度不明)

      • 呼吸困難、咽・喉頭浮腫等のアナフィラキシー様症状(遅発性を含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。

      腎不全

      (頻度不明)

      • 急性腎不全があらわれることがあるので、このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと。

      痙攣発作

      (頻度不明)

      • 痙攣発作があらわれることがあるので、このような場合にはフェノバルビタール等バルビツール酸誘導体又はジアゼパム等を投与すること。

      肺水腫

      (頻度不明)

      • 肺水腫があらわれることがあるので、このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと。

      肝機能障害、黄疸

      (頻度不明)

      • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、このような場合には、必要に応じ適切な処置を行うこと。

      心室細動、冠動脈攣縮

      (頻度不明)

      • 心室細動、冠動脈攣縮があらわれることがあるので、このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと。

      皮膚障害

      (頻度不明)

      • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、発熱、紅斑、そう痒感、眼充血、口内炎等の異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

      血小板減少

      (頻度不明)

      • 血小板減少があらわれることがあるので、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

      意識障害、失神

      (頻度不明)

      • ショックを伴わない意識障害、失神があらわれることがあるので、検査終了後も意識レベル等の観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。

      麻痺

      (頻度不明)

      • 一過性麻痺があらわれることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。

      有効成分に関する理化学的知見

      一般名

      • イオヘキソール(Iohexol)

      化学名

      • 5-{Acetyl[(2RS)-2,3-dihydroxypropyl]amino}-N,N '-bis[(2RS)-2,3-dihydroxypropyl]-2,4,6-triiodobenzene-1,3-dicarboxamide
        5-{Acetyl[(2RS)-2,3-dihydroxypropyl]amino}-N-[(2RS)-2,3-dihydroxypropyl]-N '-[(2SR)-2,3-dihydroxypropyl]-2,4,6-triiodobenzene-1,3-dicarboxamide
        5-{Acetyl[(2RS)-2,3-dihydroxypropyl]amino}-N,N '-bis[(2SR)-2,3-dihydroxypropyl]-2,4,6-triiodobenzene-1,3-dicarboxamide

      分子式

      • C19H26I3N3O9

      分子量

      • 821.14

      性状

      • 本品は白色の粉末である。
        本品は水に極めて溶けやすく、メタノールに溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくい。
        本品は水酸化ナトリウム溶液(1→20)に溶ける。
        本品の水溶液(1→20)は旋光性を示さない。


      ★リンクテーブル★
      リンク元尿浸透圧」「尿量」「乏尿」「urine」「低張尿
      拡張検索原尿」「尿道球腺」「尿道腺」「馬尿酸」「尿生殖溝

      尿浸透圧」

        [★]

      urine osmolality, urinary osmolality, urine osmotic pressure, urine osmolarity
      Uosm
      浸透圧尿
      [show details]


      基準範囲

      • 50-1200 mOsm/l (QB)
      • 50-1000 mOsm/kg・H2O (30-0.5 l/day) (2007年後期生理学)
      • 尿の浸透圧は最大1200mOsmに及ぶ

      尿の浸透圧を形成する物質

      • 主にナトリウムと尿素による

      ナトリウム

      • 尿の浸透圧に対するナトリウムの寄与は最大600mOsm
      • A.Khun&Ramelの能動輸送モデル(SP.818)
      • Koko&Rector, Stephenson (SP.815)

      尿素

      • 尿の浸透圧に対する尿素の寄与は最大600mOsm
      • 尿素は抗利尿時に集合管にて再吸収を受ける (SP.805)

      尿比重からの近似

      • 尿浸透圧mOsm/kg = ( 尿比重 -1 ) x 30-35 x 1000


      尿量」

        [★]

      urine volume, volume of urine
      尿


      分類

      • 正常:800-1,500 ml。男性:1.5 L、女性:1.2 L
      • 乏尿:400 ml
      • 無尿:100 ml
      • 多尿:3 L あるいは 4L

      時間量

      • 正常:33-63 ml/hr → 一時間で50ml tube一本くらいか
      • 乏尿:16.7 ml/hr → 一時間で10ml tube 2-3本に達しないとマズイかもと考えればいい?
      • 無尿:4 ml/hr

      体重を加味した時間量

      • 乏尿:0.5ml/kg/hr未満 (ICU.501) → 乏尿について時間量と体重を加味した時間用の2通りがあることになるが、どちらが適切か議論されていないらしい(ICU.501)

      QB.E-129

      • 腎血漿流量600ml/分の20%が濾過されて、原尿120ml/分産生される。このうち、ほとんどが吸収されるが1ml/分のみ尿として排泄される。

      臨床関連


      乏尿」

        [★]

      oliguria
      尿量過少症
      尿無尿乏尿・無尿

      原因による分類

      • 腎前性乏尿
      • 腎性乏尿
      • 腎後性乏尿


      定義

      • 400ml/day以下。400/24=16.7ml/hr以下
      • 0.5 ml/kg/h (ICU.501)
      • 尿量 0.5 l/day(2007年後期生理学授業プリント)

      意義

      • 一日の溶質排泄必要量 10 mg/kg を排泄できなくなる(2007年後期生理学授業プリント)


      urine」

        [★] 尿

      WordNet   license wordnet

      「liquid excretory product; "there was blood in his urine"; "the child had to make water"」
      piss, pee, piddle, weewee, water

      PrepTutorEJDIC   license prepejdic

      「尿,小便」


      低張尿」

        [★]

      hyposthenuria
      等張尿高張尿尿
      • 血清浸透圧よりも低下した状態
      • 尿比重 1.010 → 尿浸透圧285-290 mOsm/kg


      原尿」

        [★]

      glomerular filtrate, primitive urine
      糸球体濾液尿

      原尿の生成

      2007年後期生理学授業プリント
      
      • 心拍出量は4-8 l/minといわれている→5 l/minとする。
      • 全血液の1/5が腎臓にいくので(cf. 心拍出量, PT.295)、腎血流量(RBF)は1.0 l/minとなる。
      • ヘマトクリットを45%とすると、腎血漿流量(RPF)は550 ml/minとなる。
      • 腎に流れ込んだ血漿のうち1/5が糸球体で濾過される(濾過比は0.2)ので、糸球体濾過量は110 ml/minとなる。

      一般的な値

      腎血流量 0.95-1.25 l/min
      腎血漿流量 500-700 ml/min
      糸球体濾過量 80-150 ml/min 


      尿道球腺」

        [★]

      bulbourethral gland (Z)
      glandula bulbourethralis
      カウパー腺 Cowper腺 Cowper gland (KH)
      男性生殖器系

      機能

      • 尿道球腺の分泌物はアルカリ性の透明な粘稠液で、尿道の粘膜表面を潤滑にする(KL.452)
      • 性的興奮の際に反射的に尿道に分泌される。

      相同器官


      尿道腺」

        [★]

      urethral gland (KH), urethral glands
      glandulae urethrales
      Littre腺(男性の尿道腺に対してのみ?)

      発生学的な関係 (KH.258,264 N.362,368)

      |TLEFT|c |男性|前立腺|尿道腺 (Littre腺)|球尿道腺| |女性|尿道腺|小前庭腺 (スキーン腺)|大前庭腺|



      馬尿酸」

        [★]

      hippurate, hippuric acid
      Nα-ベンゾイルグリシン
      グリシン抱合
      • 構造式:C6H5CONHCH2COOH



      尿生殖溝」

        [★]

      ()
      排泄腔排泄腔膜





      ★コメント★

      [メモ入力エリア]
      ※コメント5000文字まで
      ニックネーム:
      コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1