子宮内反症

出典: meddic

uterine inversion, inversion of the uterus
inversio uteri


疫学

  • 2000-6000分娩に1例 (NGY.460)

病態

  • 陥凹した子宮内膜が子宮頚部で絞扼され腹膜刺激による疼痛から神経性ショックを生じる。内反した子宮内膜面はうっ血し、胎盤剥離面からは出血すし出血性ショックを来す。

症状

  • 胎盤娩出後に突発する下腹部痛、多量出血、ショック症状(出血性ショック、神経原性ショック)

身体所見

  • 触診:双合診で子宮底触知できず。
  • 視診:腟内、外陰に暗紫赤色の腫瘤を見る。

検査

  • 超音波検査:

治療

  • 抗ショック療法:補液、輸血
  • 用手的整復(全身麻酔下で施行)、手術的整復(ハンチントン手術)
  • オキシトシン投与:整復終了後。

参考

  • 1. D.産科疾患の診断・治療・管理 10.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌60巻4号
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6004-075.pdf


国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子宮内反症の対処法 (特集 周産期医が習得したい専門的手技(産科編))
  • 子宮内反症
  • 三浦 伶史,?橋 可菜子,齋藤 彰治 [他]
  • 山形県立病院医学雑誌 46(2), 122-125, 2012-07-00
  • NAID 40019471823
  • 子宮内反症 (特集 分娩3期,4期の取り扱い)
  • 坪内 弘明,早田 憲司,今井 史郎
  • 産科と婦人科 79(5), 567-571, 2012-05-00
  • NAID 40019304670

関連リンク

子宮内反症。子宮内反症とはどんな病気か 子宮が内膜面を外側に反転した状態をいい 、子宮底が陥没(かんぼつ)または下垂(かすい)反転し、時には子宮内壁が腟内または 外陰に露出します。程度により全内反症、不全内反症、子宮 gooヘルスケア 家庭の ...
2010年3月6日 ... 【定義】 子宮内反症とは、子宮体が内方に反転して頚管内に下降したり腟内あるいは腟 外に脱出し、子宮内膜面が外方に内転した状態をいう。 Naihan. 【分類】 内反の程度 により、 ①全内反症 complete inversion of the uterus ②不全内反症 ...

関連画像

分類 内 反 の 程度 に より ① 反転(裏返って)した子宮が子 靴下を脱いだ時、裏と表が 画像 を クリック する と 拡大子 宮内 反 症 とは 何か 分娩 右下に子宮底が陥入


★リンクテーブル★
国試過去問101E012」「095D001」「095A078
リンク元性器出血」「分娩時異常出血」「異常出血
拡張検索不全子宮内反症」「全子宮内反症
関連記事子宮」「内反」「」「子宮内

101E012」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 30歳の1経妊未産婦。陣痛発来のため来院した。
  • 現病歴: 妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けており、妊娠経過は母児ともに順調であった。妊娠39週5日午前2時に自然陣痛が発来し、次第に増強したので午前4時に来院し、入院となった。]]
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 月経歴: 初経12歳。周期28日、整。
  • 妊娠分娩歴: 4年前に妊娠7週で自然流産。
  • 現 症: 意識は清明。身長162cm、体重63kg(妊娠前50kg)。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧112/76mmHg。子宮底長35cm、腹囲98mm。下腿浮腫はない。Leopold触診法で児は頭位、第2胎向で、胎児心拍数144/分。胎児超音波検査では児頭大横径95mm、児の推定体重は3,500gである。内診所見では矢状縫合は骨盤横径に一致し、子宮口開大3cm、展退度60%、児頭下降度SP-2cm、子宮口の位置は中央、硬さは軟である。破水は認めない。
  • 陣痛は次第に増強し、午後2時に自然破水した。午後3時の陣痛の間隔は2分、持続時間は60秒。内診所見では子宮口開大6cm、展退度80%、児頭下降度SP+1cm、子宮口の位置は前方、硬さは軟であった。午後6時に陣痛間隔は5~7分、持続時間は20~30秒となった。小泉門を10時に触知、子宮口開大8cm、展退度90%、児頭下降度SP+2cmであった。その後、陣痛の間隔と持続時間とは変わらず、午後9時の内診所見は不変である。胎児心拍数パターンに異常は認めない。
  • 3,800gの男児を分娩した。10分後に胎盤が自然娩出したが、その直後から持続的な性器出血がみられ、子宮底は臍窩上に触知する。出血の原因として考えられるのはどれか。
  • a. 膣壁裂傷
  • b. 頸管裂傷
  • c. 子宮破裂
  • d. 弛緩出血
  • e. 子宮内反症
[正答]


※国試ナビ4※ 101E011]←[国試_101]→[101E013

095D001」

  [★]

  • 30歳の初産婦。妊娠中の異常は指摘されていない。分娩第2期は30分で経過し、3,050 g の女児を経膣分娩した。胎盤は自然剥離して5分後に娩出され欠損はない。膣内から新鮮な血液が20分で900g流出した。疼痛はなく顔色は蒼白である。脈拍90/分、整。血圧96/64mmHg。子宮底は臍下5cmで体部の収縮は良好である。考えられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095C050]←[国試_095]→[095D002

095A078」

  [★]

  • 陣痛発来前に行われた選択的帝王切開術後に持続する性器出血がある。考えられる原因はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A077]←[国試_095]→[095A079

性器出血」

  [★]

genital bleeding
不正性器出血新生女児性器出血


妊娠初期に見られる性器出血

妊娠後期に見られる性器出血

  • 前置胎盤:下腹部痛なし
  • 頚管無力症  ←  妊娠の中期以降に性器出血や腹痛を伴わずに頚管が短縮・開大し、胎児が娩出される(NGY.402)。なので性器出血の鑑別に入らないのでは?
  • 切迫早産:下腹部痛(+)(←陣痛)、子宮口やや開大
  • 常位胎盤早期剥離:下腹部痛(++)。板状硬

分娩後に見られる性器出血

  • 弛緩出血
  • 子宮破裂:病的収縮輪を認め、激痛を訴える。胎児ジストレス~胎児心拍の消失。母体の突然のショック。
  • 子宮内反症:臍帯の用手的牽引による。激痛と出血によるショックに陥ることがある。
  • 癒着胎盤
  • 産道裂傷(頚管裂傷):


分娩時異常出血」

  [★]

分娩時出血

概念

  • 分娩時多量出血(分娩後2時間までの出血が500ml以上)の原因としては弛緩出血、頚管裂傷胎盤遺残、膣裂傷、子宮内反症子宮破裂、DICがあるが、弛緩出血が最多で、腟・頚管裂傷、胎盤遺残も主要な原因である。(QB.P-316)

NGY.464改変

  • 弛緩出血:外出血:胎児娩出後
  • 前置胎盤:外出血:分娩時
  • 癒着胎盤:外出血:胎便娩出後
  • 頚管裂傷:外出血:分娩時
  • 子宮内反症:外出血:胎盤娩出後


異常出血」

  [★]

定義

  • 分娩開始から分娩終了の2時間後までに500ml以上の出血を認めたもの

分娩前の出血

分娩時の出血

分娩後2時間の出血


不全子宮内反症」

  [★]

incomplete inversion of the uterus
inversio uteri incompleta
子宮内反症


全子宮内反症」

  [★]

complete inversion of the uterus
inversio uteri completa
子宮内反症


子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



内反」

  [★]

inversion (K)
内がえし内返し
  • 解剖学としては「内反」を使うのが正しい。



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


子宮内」

  [★]

in uterointrauterinein utero




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡