塩酸ロキサチジンアセタート

出典: meddic

ロキサチジン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 静注用胃酸分泌抑制薬ランソプラゾール(タケプロン^【○!R】静注用30mg)の薬理学的特性および臨床効果
  • 稲富 信博,新田 勝之,櫻井 祐一
  • 日本薬理学雑誌 131(2), 149-156, 2008-02-01
  • 静注用胃酸分泌抑制薬ランソプラゾール(タケプロン®静注用30 mg)は「経口投与不可能な出血を伴う胃潰瘍,十二指腸潰瘍,急性ストレス潰瘍および急性胃粘膜病変」に対する治療薬である.ランソプラゾールは静脈内投与後,胃酸生成細胞である壁細胞に移行して活性体に変換され,酸分泌の最終段階であるH+,K+-ATPaseを強く抑制して胃酸分泌を抑制する.ランソプラゾールはラットにおける基礎酸分泌およ …
  • NAID 10024186803
  • 麻酔前投薬としての徐放性H2遮断薬塩酸ロキサチジンアセタートの有用性の検討
  • 南波 まき,智原 栄一,伊吹 京秀
  • 麻酔 50(2), 127-135, 2001-02
  • NAID 40003558467
  • 塩酸ロキサチジンアセタートのラット胃粘液分泌増加作用

関連リンク

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 塩酸ロキサチジンアセタート注75「タツミ」 (後発品) ROXATIDINE ACETATE ... 通常、成人にはロキサチジン酢酸エステル塩酸塩として1回75mgを日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液 ...
塩酸ロキサチジンアセタートとは。効果、副作用、使用上の注意。ヒスタミンH2(胃酸の分泌を促す物質)のはたらきを強力に抑える作用や止血作用のある薬で、代表的な消化性潰瘍(かいよう)の攻撃因子抑制剤です。 この薬により ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • H2受容体拮抗剤

販売名

塩酸ロキサチジンアセタート錠37.5「KN」

組成

成分・含量

  • 1錠中、日局ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩37.5mg含有

添加物

  • 白糖
    トウモロコシデンプン
    結晶セルロース
    低置換度ヒドロキシプロピルセルロース
    ステアリン酸マグネシウム
    ヒプロメロース
    酸化チタン
    プロピレングリコール
    ヒドロキシプロピルセルロース
    その他2成分

効能または効果

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎
  • 通常、成人にはロキサチジン酢酸エステル塩酸塩として1回75mgを1日2回(朝食後、就寝前又は夕食後)経口投与する。また、1回150mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • Zollinger-Ellison症候群
  • 通常、成人にはロキサチジン酢酸エステル塩酸塩として1回75mgを1日2回(朝食後、就寝前又は夕食後)経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 麻酔前投薬
  • 通常、成人にはロキサチジン酢酸エステル塩酸塩として1回75mgを手術前日就寝前及び手術当日麻酔導入2時間前の2回経口投与する。また、1回150mgを手術前日就寝前に1回経口投与することもできる。
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
    急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常、成人にはロキサチジン酢酸エステル塩酸塩として1回75mgを1日1回(就寝前又は夕食後)経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 腎機能障害患者では血中濃度が持続することがあるので、投与量を減ずるか投与間隔をあけるなど注意すること。

慎重投与

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 肝障害のある患者
  • 腎障害のある患者[血中濃度が持続することがあるので、使用に際しては投与量を減ずるか投与間隔をあけること。]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]


重大な副作用

  • ショック(頻度不明):ショック(初期症状:不快感、顔面蒼白、血圧低下等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少(頻度不明):再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少(初期症状:全身倦怠、脱力、皮下・粘膜下出血、発熱等)があらわれることがあるので、定期的に血液検査を実施し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • *皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)(頻度不明):皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 横紋筋融解症(頻度不明):横紋筋融解症があらわれることがあるので、CK(CPK)、LDH等の筋逸脱酵素の急激な上昇、ミオグロビン尿、筋肉痛等の異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • *ヒスタミンH2受容体遮断薬。H2受容体は胃酸分泌に中心的な役割を果たしているので、これを遮断することにより、強力な胃酸分泌抑制作用を現す。2)

有効成分に関する理化学的知見

  • 一般名:ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩(Roxatidine Acetate Hydrochloride)
    化学名:(3-{3-[(Piperidin-1-yl)methyl]phenoxy}propylcarbamoyl)methyl acetate monohydrochloride
    分子式:C19H28N2O4・HCl
    分子量:384.90
    性状:白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水に極めて溶けやすく、酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくい。
    融点:147〜151℃(乾燥後)
    構造式:


★リンクテーブル★
リンク元消化性潰瘍用剤」「ロキサチジン」「roxatidine acetate hydrochloride
関連記事」「塩酸

消化性潰瘍用剤」

  [★]

商品


ロキサチジン」

  [★]

roxatidine
塩酸ロキサチジンアセタート roxatidine acetate hydrochloride
アルギスタットアルタットロキサチロキセタートロキタットロザルタット



roxatidine acetate hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸ロキサチジンアセタート
roxatidine


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡