乳酸リンゲル液

出典: meddic

lactated Ringer solution LR
ハルトマン液 Hartmann solution
ソリタソルラクトラクテック注ラクトリンゲル液
リンゲル液




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 初期輸液 (特集 熱傷治療ガイド2010) -- (急性期の治療)
  • 細胞洗浄液の検討 : 低分子デキストラン加乳酸リンゲル液の有用性について
  • 大野 幸代,渡部 庸一,刀稱 亀代志,徳重 佐矢加,渡邊 麗子,伊藤 以知郎
  • 日本臨床細胞学会雑誌 48(5), 274-279, 2009-09-22
  • NAID 10025946457

関連リンク

2014/6/6 金曜日までにお届け 通常配送無料 こちらからもご購入いただけます - 文庫 ¥ 7,603 中古品 (4 出品) (1) 抜粋 566ページ: ... それ以降に起こる2 次性ALT ノARDS に注意する. 検査:血液ガス分析,胸Xp ②循環 乳酸リンゲル液
名称及び製剤 治療に関する項目 使用上の注意に関する項目 作用機序と体内動態 化学構造及び物性 乳酸リンゲル液 〔効〕循環血液量・組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正,代謝性アシドーシスの補正. 〔用〕(注)1回500 ...
全国の動物病院・獣医師さんに、11,300アイテム以上の医療材料・医療機器や医薬品を、最短当日、ひとつから迅速確実にお届け。 ... 10%OFF!共立製薬6月キャンペーンスタート!健康補助食品、イヤークリーナーなどがお買い得価格に ...

関連画像

ソルラクト輸液ハルトマン液「コバヤシ」ソルラクトD輸液乳酸リンゲル液を始めとし、医療法人社団 緑祐会 永野病院

添付文書

薬効分類名

  • 糖質・電解質輸液

販売名

ヒシラックM液

組成

容量

  • 500mL

有効成分(1容器中)

  • 日局 塩化ナトリウム(NaCl) 3.0g
    日局 塩化カリウム(KCl) 0.15g
    日局 塩化カルシウム水和物(CaCl2・2H2O) 0.1g
    乳酸ナトリウム(C3H5NaO3) 1.55g
    日局 マルトース水和物(C12H22O11・H2O) 25.0g

添加物

  • pH調整剤

電解質濃度(mEq/L)

  • Na 130
    K 4
    Ca2+ 3
    Cl? 109
    Lactate? 28

カロリー(kcal/L)

  • 200

禁忌

  • 高乳酸血症の患者[症状が悪化するおそれがある。]

効能または効果

  • ○大量出血や異常出血を伴わない循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正
  • ○代謝性アシドーシスの補正
  • ○熱源の補給
  • 通常成人は1回500?1,000mLを徐々に静脈内に点滴注入する。投与速度は通常成人マルトース水和物として1時間あたり0.3g/kg体重以下(体重50kgとして本剤500mLを2時間以上)とする。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎不全のある患者[水分、電解質の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。]
  • 心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。
  • 重篤な肝障害のある患者[水分、電解質代謝異常が悪化するおそれがある。]
  • 高張性脱水症の患者[本症では水分補給が必要であり、電解質を含む本剤の投与により症状が悪化するおそれがある。]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

アナフィラキシーショック

(頻度不明)

  • アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、血圧低下、頻脈、蕁麻疹、潮紅等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読みソリタ」「LR
国試過去問108E065」「105E066」「106A025」「108C022」「108F009」「105F019
リンク元輸液」「高張乳酸加リンゲル液」「ヴィーン」「ハルトマン液」「lactated Ringer solution
拡張検索マルトース加乳酸リンゲル液」「高張乳酸リンゲル液
関連記事リンゲル液」「リン」「乳酸」「」「ゲル

ソリタ」

  [★]

血液代用剤

LR」

  [★]

108E065」

  [★]

  • 次の文を読み、 63~ 65の問いに答えよ。
  • 34歳の男性。熱傷のため搬入された。
  • 現病歴:自宅で就寝中に火災が発生して熱傷を負い、救急車で搬送された。
  • 既往歴:生来健康で、特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙は 20本/日を 14年間。飲酒は日本酒 3合/日を 14年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。一人暮らし。
  • 現症:意識レベルは JCSII-20。身長 173 cm、体重 60 kg。体温 37.4 ℃。脈拍 136/分、整。血圧 84/62 mmHg。呼吸数 36/分。 SpO2 88%(リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。頭髪は焦げ、両上肢と体幹の皮膚に熱傷を認める。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口唇と鼻孔周囲とに煤の付着を認める。口腔と咽頭の粘膜は煤が付着し浮腫状である。両側の胸部に coarse cracklesを聴取し、吸気時に喘鳴を聴取する。四肢末の脈拍は触知可能である。熱傷深度と熱傷範囲を表した図 (別冊 No. 15)を別に示す。検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、潜血 2+。血液所見:赤血球 561万、 Hb 17.7g/dl、Ht 50%、白血球 21,400、血小板 36万。血液生化学所見: Na 136 mEq/l、K 3.9mEq/l、Cl 101 mEq/l。血中一酸化炭素ヘモグロビン濃度 20%(基準 1以下)。胸腹部の簡易超音波検査では、心.液貯留を認めず、胸腔や腹腔に液体貯留を認めない。▲108E別冊 No. 15▲
  • Baxterの公式を用いた場合、この患者の受傷後 24時間の乳酸リンゲル液の輸液量の目安はどれか。ただし、 Baxterの公式では最初の 24時間の輸液量を 4(ml)×体重 ( kg)×熱傷面積(% )とする。
  • a 12,960 ml
  • b 10,800 ml
  • c 8,040 ml
  • d 6,480 ml
  • e 4,320 ml



[正答]


※国試ナビ4※ 108E064]←[国試_108]→[108E066

105E066」

  [★]

  • 次の文を読み、66-68の問いに答えよ。
  • 73歳の男性。腹痛を主訴に来院した。
  • 現病歴  1週間便が出ていない。2日前に腹痛を自覚したが我慢していた。昨日から尿が出ていない。今朝、家族に伴われて受診した。
  • 既往歴   60歳から高血圧症で内服治療中。昨年の人間ドックで便潜血反応陽性のため、精査が必要といわれたが、受診しなかった。
  • 現症   意識レベルはJCS I-1。身長160cm、体重60kg。体温38.5℃。呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧72/42mmHg。表情は苦悶様で、腹部全体に痛みを訴えている。心音に異常を認めない。腹部は膨隆し、板状硬であり、反跳痛を認める。腸雑音を聴取しない。皮膚は暖かい。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 350万、Hb 9.0g/dl、Ht27%、白血球 15,000(好中球83%、好酸球1%、好塩基球1%、単球2%、リンパ球13%)、血小板 5.2万。血液生化学所見:血糖90mg/dl、HbA1c5.0%(基準4.3-5.8)、総蛋白6.0g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素30mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、尿酸5.0mg/dL、Na 145mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 100mEq/l。免疫学所見: CRP 10.0mg/dl、CEA 20 ng/ml(基準5以下)。
  • 急性腹症と診断して、開腹手術が予定された。
  • 術前にまず行う治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105E065]←[国試_105]→[105E067

106A025」

  [★]

  • 78歳の女性。 2日前から全身倦怠感が強いことを主訴に来院した。尿量が少なく色が濃いことも気になっている。 8月で猛暑日が続いていたが、胃腸が弱いので冷たい飲料を飲み過ぎないようにしていたという。悪心を認める。
  • 意識レベルはJCS I-1。体温37.8℃。脈拍96/分、整。血圧98/54mmHg。呼吸数24/分。全身に発汗を認める。血液所見:赤血球426万、 Hb14.2g/dl、 Ht42%、白血球13,300、血小板20万。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.2g/dl、尿素窒素30mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、総ビリルビン1.6mg/dl、 AST62IU/l、 ALT33IU/l、 LD350IU/l(基準176-353)、 γ-GTP47IU/l(基準8-50)、Na 137mEq/l、 K 5.0mEq/l、 Cl 104mEq/l。
  • 現時点で使用する輸液製剤として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A024]←[国試_106]→[106A026

108C022」

  [★]

  • 68歳の男性。狭心症の定期受診のため来院した。待合室で冷汗と気分不快が出現し横になったところを、通りかかった研修医が発見した。胸痛と呼吸困難はない。半年前に経皮的冠動脈形成術(ステント留置術)を受け、抗血小板薬を内服している。最近食欲がなく、 7日前から大量の黒色軟便に気付いていたという。診察時、意識レベルは JCSI-1。脈拍 128/分(微弱)、整。血圧 82/50 mmHg。呼吸数 24/分。 SpO2 94%(room air)。顔面蒼白で多量の冷汗を認める。眼瞼結膜は貧血様である。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 初期対応として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C021]←[国試_108]→[108C023

108F009」

  [★]

  患者の年齢 病態 輸液製剤 注射針の種類
a  6か月 脱水 5%ブドウ糖液 留置針(プラスチックカニューレ型)
b  40歳 熱中症 5%ブドウ糖液 翼状針
c  40歳 消化管出血 生理食塩液 留置針(プラスチックカニューレ型)
d  40歳 全身けいれん 生理食塩液 翼状針
e  80歳 心不全 乳酸リンゲル液 留置針(プラスチックカニューレ型)


[正答]


※国試ナビ4※ 108F008]←[国試_108]→[108F010

105F019」

  [★]

  • 74歳の男性。突然の腰背部痛を生じ、軽快しないため搬入された。高血圧症の既往があり降圧薬を服用している。意識レベルはJCS I-1。呼吸数24/分。脈拍116/分、整。血圧76/58mmHg。腹部は膨隆し、拍動性腫瘤を触知する。左腰部から側腹部にかけて皮下出血を認める。直ちに乳酸リンゲル液の輸液を開始し、診断のための検査を行った。
  • その後の経過として病態の改善を示唆する所見はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105F018]←[国試_105]→[105F020

輸液」

  [★]

infusion, transfusion
輸注
  • 表:SAN.204

種類

NSU. 731
  • 水分補給
  • 5%ブドウ糖
  • 水分補給と電解質
  • 細胞外液補充剤
  • 維持輸液剤:一日の水・電解質バランスを保つべく作成される
  • 輸液期間が長くなる場合に用いられる。
  • Na+, Cl-は少なく、K+、HPO4-ブドウ糖を含む

乳幼児

1. 脱水になりやすい。
2. 腎機能が未熟。(K排泄能が低い)
3. 低血糖になりやすい
  • Kフリー、ブドウ糖入りの輸液がよい。

輸液量

  • 新生児:80-120 ml/kg/日 ← 成人よりも多い
  • 乳児下痢症に対する初期輸液:Na 90mEq/l, Cl 70mEql/L, ブドウ糖 2.6%, 乳酸 20mEq/L

投与量の計算

体重には身長とBMI22としたときの標準体重を用いる。
尿量 + 不感蒸泄(700ml) + 代謝水(5ml x 体重)

輸液速度

乳幼児

小児の薬の選び方・使い方
  • 10kg以下 100ml/hr
  • 10-20kg 200ml/hr
  • 20-30kg 300ml/hr
  • 30-40kg 400ml/hr

輸液速度とクレンメ

  • 成人用のクレンメ:20滴で1ml (1滴 50ul)
  • 小児用のクレンメ:60滴で1ml
  • 輸液速度と滴下速度
x (ml/hr) = 20x (滴/時) = x/3 (滴/分) = x/180 (滴/秒)
∴ x (ml/hr) で輸液するためには 180/x (秒/滴) となるようにクレンメの滴下速度を調節する。



高張乳酸加リンゲル液」

  [★]

hypertonic lactated saline, HLS
高張乳酸リンゲル液
乳酸リンゲル液
[show details]


ヴィーン」

  [★]

ハルトマン液」

  [★]

Hartmann solution
乳酸リンゲル液


lactated Ringer solution」

  [★] 乳酸リンゲル液, LR

マルトース加乳酸リンゲル液」

  [★]

maltose-lactated Ringer solution
ポタコールRソルラクトTMRラクトリンゲルM


高張乳酸リンゲル液」

  [★] 高張乳酸加リンゲル液


リンゲル液」

  [★]

Ringer solution Ringer's solution, Ringer injection
solutio Ringeri, natrii chlonidi injectio composita
リンガー液リンゲル溶液Ringer液Ringer溶液
アルスロマチックニソリMニソリ・SニソリペロールラクトリンゲルリナセートヴィーンFヴィーンD


組成

  • 本剤は1容器(500mL)中に次の成分を含有する注射液である。
  • 塩化ナトリウム 4.3g
  • 塩化カリウム 0.15g
  • 塩化カルシウム水和物 0.165g

電解質濃度

  • Na+ 147mEq/L
  • K+ 4mEq/L
  • Ca2+ 4.5mEq/L
  • Cl- 155.5mEq/L

性状

  • 本剤は、無色澄明の注射液である。
  • pH 約6.4(製造直後の平均実測値)、5.0~7.5(規格値)

浸透圧比

  • 約1(生理食塩液に対する比)

参考

  • リンゲル液「オーツカ」(500mL瓶)/ *リンゲル液「オーツカ」(500mL袋)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3319539A1023_1_05/3319539A1023_1_05?view=body


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





乳酸」

  [★]

lactate, lactate acid (K), lactic acid
acidum lacticum
2-ヒドロキシプロピオン酸 2-hydroxypropionicacid、α-オキシプロピオン酸 α-oxypropionic acid
乳酸デヒドロゲナーゼ


CH3-CH(OH)-COOH

基準値

  • 1–2 mmol/L, 10–20 mg/dL (HIM.Appendix)



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ゲル」

  [★]

gel
ゾル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡