不安障害

出典: meddic

anxiety disorder
不安性障害
不安神経症





ICD-10

  • F40 恐怖症性不安障害 Phobic anxiety disorders
  • F40.0 広場恐怖[症] Agoraphobia
  • F40.1 社会恐怖[症] Social phobias
  • F40.2 特定の[個別的]恐怖[症] Specific (isolated) phobias
  • F40.8 その他の恐怖症性不安障害 Other phobic anxiety disorders
  • F40.9 恐怖症性不安障害、詳細不明 Phobic anxiety disorder, unspecified
  • F41 その他の不安障害 Other anxiety disorders
  • F41.0 恐慌性[パニック]障害[挿間性発作性不安] Panic disorder [episodic paroxysmal anxiety]
  • F41.1 全般性不安障害 Generalized anxiety disorder
  • F41.2 混合性不安抑うつ障害 Mixed anxiety and depressive disorder
  • F41.3 その他の混合性不安障害 Other mixed anxiety disorders
  • F41.8 その他の明示された不安障害 Other specified anxiety disorders
  • F41.9 不安障害、詳細不明 Anxiety disorder, unspecified


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/17 17:18:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 10分間で学べる業務革新講座 部下の心の病に備える 管理職のメンタル対応のツボ(第21回)産業医との連携の仕方を考える : 社会不安障害に悩む従業員への支援
  • 亀田 高志
  • 日経情報ストラテジー 21(8), 86-89, 2012-09
  •  かつては赤面症や対人恐怖症と呼ばれた問題を若い時期から抱えている人が時々いる。人はよいのに引っ込み思案。でも何かをする時、度を越して緊張し、不安を訴える。そのため、力のある人なのに、仕事上の大切な場面で力が発揮できない。 その失敗から、不調になったり、仕事に支障を生じたりしてしまう。
  • NAID 40019393379
  • 認知行動療法と薬物療法の併用効果 (特集 認知/行動療法の技法と治療効果)
  • 吉野 敦雄,神人 蘭,岡本 泰昌
  • 臨床精神医学 41(8), 1009-1015, 2012-08
  • NAID 40019400703

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問099C020」「096F022」「100D021」「101G003」「102G006
リンク元神経症性障害」「パニック障害」「不安神経症
拡張検索他の不安障害」「全般性不安障害
関連記事障害」「不安」「

099C020」

  [★]

  • 35歳の女性。心窩部の不快感を訴えて来院した。症状は1年以上続いており、既に4か所の病院を受診した。そのたび精密検査を受けたが症状を説明できる異常は認められなかった。しかし患者はこれまでの医師の説明に納得できず、「がんのような重い病気なのではないかと思う。検査でみつからないだけなのではないか。医師が隠しているのではないか」と疑い深く不安になっており、再度同じような精密検査を要求している。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C019]←[国試_099]→[099C021

096F022」

  [★]

  • 25歳の男性。突発的に起こる胸痛、頻脈およぴめまいを繰り返し、動揺性高血圧もあるため紹介され内科に入院した。心筋逸脱酵素などの血液検査、心電図検査、心エコー検査およびトレッドミル検査を受けたが異常はなかった。褐色細胞腫、カルチノイド、低血糖、甲状腺疾患等について検査を受けたが異常は見い出されなかった。
  • この患者に対する適切な対応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F021]←[国試_096]→[096F023

100D021」

  [★]

  • 45歳の男性。「会社に行きたくない」と言って来院した。10歳ころから、人前で食事をしたり、話をしたりするのが極端に苦手になった。就職してからは、周囲から見られているようで、電車での通勤が辛かったと言う。最近部長に昇格し、朝礼の司会をせねばならなくなった。このことが辛く、退職したいとすら思うと言う。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D020]←[国試_100]→[100D022

101G003」

  [★]

  • 18歳の女子。会社を休みがちで、心配した家族に伴われて来院した。高校卒業後デパートに就職したが、大勢の客の前で商品の説明をすることや販売することに苦痛を感じ、休みがちとなった。自宅では特に変わった様子はない。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G002]←[国試_101]→[101G004

102G006」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]
※国試ナビ4※ 102G005]←[国試_102]→[102G007

神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

治療

  • 薬物療法:


不安神経症」

  [★]

anxiety neurosis
不安障害胃腸神経症吃書職業神経症パニック障害不安


他の不安障害」

  [★]

other anxiety disorders
神経症性障害
ICD-10
F41

ICD-10

  • F41 Other anxiety disorders
  • .00 Moderate
  • .01 Severe
  • F41.1 Generalized anxiety disorder 全般性不安障害:いかなる特殊な周囲の状況にも限定されない全般的かつ持続的な不安
  • F41.2 Mixed anxiety and depressive disorder
  • F41.3 Other mixed anxiety disorders
  • F41.8 Other specified anxiety disorders
  • F41.9 Anxiety disorder, unspecified

全般性不安障害」

  [★]

generalized anxiety disorder、((英))generalised anxiety disorder



障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


不安」

  [★]

anxietydisturbancediscomfortfeardysphoriaanxiousuneasyanxiously
撹乱恐怖苦悶障害心配不快不快感妨害不快気分精神不安感異常感不安症恐れる



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡