ワレンベルグ症候群

出典: meddic

Wallenberg's syndrome, Wallenberg syndrome
ワレンベルグ症候群Wallenberg症候群
延髄外側症候群 lateral medullary syndrome LMS
後下小脳動脈血栓橋延髄外側症候群
[show details]

  • 表:BET.235(脳神経を侵す脳幹障害)
  • 図:BET.370,376 N.159(自律神経),164(脊髄の動脈)
障害部位:5, 8(vestibular n.), 9, 10, Sympathetic, Cerebellar, Lateral spinothalamic tract

疫学

  • 若年に多く、椎骨動脈の解離が原因であることが多い。

病因

障害部位

see BET.376
  • 延髄外側

症状

  • 全身:頭痛、回転性めまい、悪心・嘔吐
  • 同側:顔面の温度・痛覚消失(感覚解離)、角膜反射低下、ホルネル症候群、眼振(回旋性眼振)、眼球側方突進、発声困難、嚥下困難、小脳性運動失調、筋緊張低下
  • 対側:体幹・上下肢の温度・痛覚消失
[show details]

BET.235

症候
障害側 健側
CN V(感覚解離) 半身感覚解離(顔面をのぞく)
CN IX, Xの麻痺  
ホルネル症候群
小脳性運動失調、眼振





  • 椎骨動脈が脳底動脈となるより下位で後下小脳動脈(PICA)を分枝。PICAは延髄を後方に回り込み小脳の下面に分布

国試



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/12 01:02:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 久留米大学病院歯科口腔医療センターでの軟口蓋挙上装置の対応
  • 陶山 日出美
  • 日本歯科技工学会雑誌 32(1), 42-46, 2011-07-20
  • NAID 10029378398
  • 転換性障害を疑う症状を有した頚椎骨折患者が起こした遅発性ワレンベルグ症候群の1例
  • 柳 東次郎,村田 和宏,三隅 俊吾,柳 泉,柳 東,松尾 龍,井手 睦
  • The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 48(12), 761-768, 2011
  • We experienced a case of delayed-onset Wallenberg's syndrome following cervical spine fracture coexisting with suspected conversion disorder. A 69-year-old man was involved in a traffic accident, and …
  • NAID 130002079211
  • 頭位性めまいを主訴とし方向交代性下向性眼振を示した中枢性めまいの2症例
  • 井上 亜希,尾関 英徳,岩崎 真一,室伏 利久
  • Otology Japan 20(2), 86-90, 2010-05-25
  • 頭位性めまいを主訴として外来を受診する患者は多い。そのうちの多くは良性発作性頭位めまい症と診断されるが、頭位性めまいは中枢神経障害でもよくみられる。末梢性頭位性めまいと中枢性頭位性めまいを頭位眼振検査所見のみから鑑別することは非常に難しい。我々は頭位性めまいを主訴として耳鼻咽喉科外来を受診し、中枢性めまいと診断された2症例を報告する。2症例とも方向交代性下向性頭位眼振をみとめた。症例1は38歳男性 …
  • NAID 10026708778
  • 症例報告 半固形経腸栄養剤導入により胃食道逆流が著明に改善したワレンベルグ症候群の1例
  • 菅原 英和,百崎 良,小林 健太郎 [他]
  • 総合リハビリテ-ション 37(7), 671-675, 2009-07-00
  • NAID 40016620496

関連リンク

喉頭、声帯、声疾患へ、 難聴、めまい、顔面神経疾患へ 顔、顔面、顔面神経へ 【脳血管障害からの広い範囲に渡る神経の障害】 これはえんげ、呼吸障害、発音などにすべてかかわることですが喉頭の運動神経の 主なものである反回神経 ...
ワレンベルグ症候群とは? 端的に言って延髄の梗塞です(脳梗塞症)。感覚神経障害が多く現れるのが特徴でした。 脳幹下部にある延髄に血液を送る血管が詰まり、延髄等の働きが失われる状態 <脳梗塞症>を言いいます。
ワレンベルグ症候群(症状・原因・治療) 延髄に脳梗塞を起す病気 ワレンベルグ症候群とは和名を 「延髄外側症候群」 と呼ぶ病気で、めまいや 「交代性麻痺」 を特徴としています。頭部と頚部の境、これを延髄と呼びますが、ここには ...

関連画像

images by google症候群 ワレン ベルグ 症候群  (ワレンベルグ)症候群


★リンクテーブル★
国試過去問099I024」「099I023」「099I022」「101A043」「104E047
リンク元三叉神経脊髄路核」「ホルネル症候群」「後下小脳動脈」「解離性脳動脈瘤」「蝸牛神経核
関連記事症候群」「ベル」「」「症候

099I024」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。会議中に突然めまいと吐き気とが出現したため救急車で搬送された。
  • 現病歴 :半年前から会社の仕事が忙しく睡眠不足が重なり、過労気味であった。今朝、起床した時はいつもと変わらなかったが、14時ころ会社の会議室で立って発言中に突然、周りがぐるぐる回るめまいと吐き気とが出現し、立っていられなくなった。すぐ、同僚にかかえられて横になったが、めまいと吐き気とが持続した。
  • 既往歴・家族歴:40歳ころから高血圧と糖尿病とを指摘され、食事療法を続けている。父親に高血圧と脳梗塞との既往がある。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.0℃。呼吸数20/分。心拍90/分、整。血圧170/nommHg。貧血と黄疸とはない。心雑音はない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。下肢に浮腫を認めない。神経学的診察では、左顔面と頭部から下の右半身とに温痛覚低下、左上下肢の小脳性運動失調、構音障害、嚥下障害および回転性眼振を認める。運動麻痺、難聴、触覚・深部感覚障害、深部(腱)反射の異常、病的反射および膀胱直腸障害は認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球470万、Hb12.8g/dl、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1。。0mg/dl、総コレステロール280 mg/dl、トリグリセライド190 mg/dl、AST28単位、ALT22単位、Na 140mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 104mEq/l。CRP 0.1mg/dl、15時に行った頭部単純CTでは異常を認めない。
  • この患者の波形はどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤


[正答]
※国試ナビ4※ 099I023]←[国試_099]→[099I025

099I023」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。会議中に突然めまいと吐き気とが出現したため救急車で搬送された。
  • 現病歴 :半年前から会社の仕事が忙しく睡眠不足が重なり、過労気味であった。今朝、起床した時はいつもと変わらなかったが、14時ころ会社の会議室で立って発言中に突然、周りがぐるぐる回るめまいと吐き気とが出現し、立っていられなくなった。すぐ、同僚にかかえられて横になったが、めまいと吐き気とが持続した。
  • 既往歴・家族歴:40歳ころから高血圧と糖尿病とを指摘され、食事療法を続けている。父親に高血圧と脳梗塞との既往がある。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.0℃。呼吸数20/分。心拍90/分、整。血圧170/nommHg。貧血と黄疸とはない。心雑音はない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。下肢に浮腫を認めない。神経学的診察では、左顔面と頭部から下の右半身とに温痛覚低下、左上下肢の小脳性運動失調、構音障害、嚥下障害および回転性眼振を認める。運動麻痺、難聴、触覚・深部感覚障害、深部(腱)反射の異常、病的反射および膀胱直腸障害は認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球470万、Hb12.8g/dl、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1。。0mg/dl、総コレステロール280 mg/dl、トリグリセライド190 mg/dl、AST28単位、ALT22単位、Na 140mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 104mEq/l。CRP 0.1mg/dl、15時に行った頭部単純CTでは異常を認めない。
  • この患者で障害されていないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I022]←[国試_099]→[099I024

099I022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。会議中に突然めまいと吐き気とが出現したため救急車で搬送された。
  • 現病歴 :半年前から会社の仕事が忙しく睡眠不足が重なり、過労気味であった。今朝、起床した時はいつもと変わらなかったが、14時ころ会社の会議室で立って発言中に突然、周りがぐるぐる回るめまいと吐き気とが出現し、立っていられなくなった。すぐ、同僚にかかえられて横になったが、めまいと吐き気とが持続した。
  • 既往歴・家族歴:40歳ころから高血圧と糖尿病とを指摘され、食事療法を続けている。父親に高血圧と脳梗塞との既往がある。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.0℃。呼吸数20/分。心拍90/分、整。血圧170/nommHg。貧血と黄疸とはない。心雑音はない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。下肢に浮腫を認めない。神経学的診察では、左顔面と頭部から下の右半身とに温痛覚低下、左上下肢の小脳性運動失調、構音障害、嚥下障害および回転性眼振を認める。運動麻痺、難聴、触覚・深部感覚障害、深部(腱)反射の異常、病的反射および膀胱直腸障害は認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球470万、Hb12.8g/dl、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1。。0mg/dl、総コレステロール280 mg/dl、トリグリセライド190 mg/dl、AST28単位、ALT22単位、Na 140mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 104mEq/l。CRP 0.1mg/dl、15時に行った頭部単純CTでは異常を認めない。


[正答]


※国試ナビ4※ 099I021]←[国試_099]→[099I023

101A043」

  [★]

  • 66歳の男性。今朝からのめまいと左上下肢のしびれとを主訴に来院した。右顔面の温痛覚の低下、顔面を除く左半身の温痛覚の低下および右半身の小脳失調を認める。四肢の運動麻痺は認めない。眼部の写真を以下に示す。
  • 障害があるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A042]←[国試_101]→[101A044

104E047」

  [★]

  • 52歳の男性。起床時からのふらつきと左顔面・右半身のしびれとを主訴に来院した。水を飲むとむせてしまい、しゃっくりが続いている。眼部の写真(別冊No.7)を別に示す。病巣部位はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E046]←[国試_104]→[104E048

三叉神経脊髄路核」

  [★]

spinal trigeminal nucleus (KL), nucleus of spinal tract of trigeminal nerve
nucleus tractus spinalis nervi trigemini
三叉神経脊髄路三叉神経主知覚核三叉神経中脳路核三叉神経
  • 図:NCUR.136,138,176,179
  • 橋-延髄、あるいは橋の下部から第3頚髄(CNUR.176)にかけて下方に長く伸びている。
  • 脊髄後角に相当し、特に尾側亜核は脊髄後角と相同な層構造を持ち、触、温・痛覚を伝える。(SP.232)
  • 三叉神経支配領域やその周辺領域から発せられる侵害感覚、温度感覚の各情報を広く受け入れている(CNUR.176)。
  • 延髄レベルでは後外側に位置している。
  • 内側毛帯で交叉(2007年度後期生理学授業プリント 図:CNUR.179)

臨床関連

  • ワレンベルグ症候群(延髄外束晶行軍):脳神経は中脳レベルであるが、神経核は延髄にまで及ぶので、顔面の感覚が障害を受ける。


ホルネル症候群」

  [★]

Horner's syndrome (KL), Horner syndrome
Horner症候群 (M.500)、Horner徴候群
ベルナール-ホルネル症候群 ベルナール・ホルネル症候群 Bernard-Horner syndrome

概念

  • 頚部の自律神経節の障害などにより生じる症状
  • 軽度の眼瞼下垂(瞼裂狭小)、中等度縮瞳(暗室でより明瞭)、顔面の発汗低下と紅潮を3主徴とする眼部交感神経系の障害による症候群。

症状

  • 眼瞼下垂(上瞼板筋への支配(-))、縮瞳(瞳孔散大筋への支配(-))、顔面の発汗低下と紅潮(汗腺に対する支配(-)、血管平滑筋への支配(-))

原因

  • 悪性腫瘍
  • 脳血管疾患
  • ワレンベルグ症候群
  • 医原性
  • 鎖骨下動脈に対する手術
  • 頚部手術におけるリンパ節郭清時の損傷

国試



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


後下小脳動脈」

  [★]

posterior inferior cerebellar artery (KH) , PICA
arteria cerebelli inferior posterior
椎骨動脈大脳動脈前下小脳動脈


  • 図:KH.346 N.134

起始

走行

分布

  • 延髄両側を支配し、小脳に枝を出す。(CNUR.48)
  • 小脳の後下面

臨床関連

  • ワレンベルグ症候群:CN X, CN XI, CN XIIの脳神経核がある部位は後下小脳動脈が支配しており、この動脈の閉塞により延髄外側部の梗塞が生じて発症する。



解離性脳動脈瘤」

  [★]

dissecting cerebral aneurysm
脳動脈解離症 脳動脈解離 cerebral arterial dissection解離脳性動脈瘤
  • 40-50歳代の男性に好発。

病態

  • 動脈壁が解離することにより壁内に血管が入り込む → 動脈瘤様に拡張/血管腔の狭窄・閉塞

症状

頻度は1>2
  • 1. クモ膜下出血で解離性脳動脈瘤を発症
  • 2. 脳虚血症状で解離性脳動脈を発症 → 突然の頭痛・頚部痛に引き続き小脳、脳幹梗塞を来たす。
  • (その他)頭痛・頚部のみで解離性脳動脈を発症
  • 椎骨動脈閉塞ではワレンベルグ症候群をきたす。


蝸牛神経核」

  [★]

cochlear nuclei
nuclei nervi cochleares
聴神経核蝸牛神経


  • 図:CNUR. 171
  • 蝸牛神経(内耳神経に含まれる)の神経核である。
  • 延髄と橋の境界部にあり、どちらかといえば橋の下端に位置する。 ← ワレンベルグ症候群では冒されない。一方、前庭神経核は延髄に位置するのでワレンベルグ症候群で障害される。


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



ベル」

  [★]

人名

生理的な音の感受性を考慮した音の強さの単位

bel
デシベル


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡